BRASS思考でいこう!  

工藤音楽教室講師工藤直子です。上の息子工藤臨は2007年6月の中学3年生からセンチュリーユースオーケストラでトランペットを吹いてきました(2017年就職により退団)。大阪桐蔭高校吹奏楽部を経て、大阪教育大学芸術音楽コース卒業。 現在ヤマハ製造工場、吹奏楽団員として演奏活動頑張っています。下の息子、工藤仁はピアノを弾いています。

楽曲の調性について。

昔、何も分かっていない頃は、耳コピしていたものを、全部、メジャーならC(ハ長調)、マイナーならAm(イ短調)に勝手に直して、左手をつけて弾いていた。

アタックNo1、タイガーマスク、デビルマン、などアニメと、ウルトラマン、仮面ライダーなどの主題歌も。

誰も、「絶対音感」など、教えてくれもせず、勝手に聞き取って真似ていた。そして、ハ長調に読み替えていた。
ゆえに、「移動ド」「固定ド」自然にできていたが、ゆえに「曖昧」でもあった。

が、そのことの、問題というか・・・「レベルの低さ」に、気がついたのは、30歳を過ぎてからだった。


この年になり、音楽の様々なことを知るうちに、気がついてきたこと・・・「原曲から移調するというのが激しくナンセンス」ということ。

一応鳴っている音は音名が勝手に乗っていく。ピアノを弾くときは頭の中で絶対に音名を唱えている。

例えば、「ノクターン9-2」は「シソーファソファーミ」なのだが、これ、もちろん有名であこがれの曲ではある・・・。

だが、たまに、それをCに移調して、黒鍵を減らしたバージョンで書いてあるものを見かける。
「ソミーレミレード、ソミーラソララーミ・・・」

これ、もう、なんか台無し。Cは、あっけらかんとしていたり、堂々としていたり、やはり、「真ん中の揺るぎない自信」みたいな調。色で言うと、太陽の下の元気な赤いパワー。

Es、・・・えと、E♭は、なんか、こう、長調ながら憂いを持ったり、なんか透明でも薄緑色のイメージ。

ノクターンをCで弾くことのナンセンスさは半端ない。

そのほか実は、オーケストラ曲を、ピアノ版に書くとき、それも調性を変えていたり。
それも全然、許せない。

なぜそこに行き着いたかといえば・・・。

息子が吹奏楽に携わった時期、オケ版の楽曲を吹奏楽でやる場合、♯組の曲は多くが♭組に移調されている。

♯の曲は、なんとなく、エッジがきいていたり、地面か空なら空、天空の感じ。対して、♭は地についた感じ。

♯が神に近く光に近く、♭は人に近く愛に近い。

そんなイメージがある。

それを、全部、ゴロっと変えてしまう、移調。

だめだ、そういうの><><。

と思うことが多くあり。

そこに気がついて、音楽を味わうようになってからは、どうしても、それを看過できなくなってしまった。


私が、「勉強になる、大事な番組」として、欠かさず見ているものに「題名のない音学会」があるが、そこでも、一度作曲家の「吉松隆さん」が出演されて、調性のもつ、イメージについて語られていた。

話の一つに、Dの事が有り、西洋ではDはメジャーなら「神」を表すこと、またマイナーでは「Death」を表すこと、と、言葉の意味に繋がることである、ということがあった。

バッハの楽曲をその観点から見れば、まさに、そこに本質があるとも言えるような、的を射た思いがあった。

つまり、過去の楽曲の、それぞれの調性とは、そこまで、重大なメッセージの一つだったわけ。

そういう事から考えても、「有名な曲弾きたい」と、「ハ長調で弾く」などという楽譜をやることの、ナンセンスさよ。

あえて言おう。クズであると。
過去の作曲者への冒涜であるとまで言っておこう。

そういう目で、耳で、音楽を味わうことが至高だと思っている人間は、たくさんいるという事を、忘れてはならない。

24調にこだわったバッハ平均律、ショパン、ドビュッシー、リストなど多くの芸術を理解するために、この事は大変重大な要素だと、思う。

ピアノの練習者さんは、早く、そのことに気づくべきだし、教えている側は、安易に「簡単だから」と初級者にそんな、楽譜を弾かせ、弾いたつもりにならせることを、やめるべきだと強く主張する。

ただし、まぁ、オケ曲を、ピアノアレンジするのは・・・まぁ、面白い場合もあるが。

移調はヨロシクナイ。
移調せなできない曲は、やらなくてヨロシw。そのレベルに達してないんでしょ。


「ピアノが弾けるようになる」ということにおいて、私はやっぱり「調性を理解する」事が「最も大切な基礎」と思えるから、うちの生徒さんにはとにかく、早い段階で「全調」を理解してもらうことに力を入れている。

実はこの事は「絶対音感を持ってもらう」事と、ワンセットとも言える。
「曲が弾ける」ということより、もっと原点として音楽を理解できる感性に繋がるのだと信じている。
[ 2013/07/08 23:53 ] 音楽 | TB(-) | CM(0)

2013年年明け!

あけましておめでとうございます!

今年の年越し東急ジルベスター「威風堂々」ピッタリでいい感じで「パン!」が出ました。
年を越す手前の、「間に合う?余る?」という息詰まる感じが最高!!

ワクワクして年が明けました。

ピアノ教室は、年末30日までレッスン、年明けは3日から。

というのも、5日がリハーサル、6日は、トランペット発表会で1日不在。
5日のリハというのは、この度1月20日日曜日に、豊中市の「ルシオーレホール」で、演奏会をやります。

ルシオーレ

※時間は予定。多少ずれる場合がありますので、ご了承下さい。


♪第1部(12:30~13:30)

小川 惠子
 ドビュッシー/「ピアノのために」より プレリュード
          前奏曲集 第2集より
            霧・ヒースの茂る荒れ地・風変りなラヴィーヌ将軍・
            水の精・交代する三度・花火
          喜びの島


《トランペット》
工藤 臨 伴奏・小川 惠子
 ペヌカン/演奏会のための小品

           
 ガベーユ/気まぐれ 伴奏・工藤 仁


松本 ミドリ
 ショパン/マズルカ 第34番 ハ長調 Op.56-2
        ノクターン 第8番 変ニ長調 Op.27-2
        舟歌 Op.60


♪第2部(13:40~14:45)


工藤 仁
 プロコフィエフ/ソナタ 第3番 イ短調 Op.28


佐々口 麗沙
 グリーグ/抒情小曲集 第5集より スケルツォ ホ短調 Op.54-5
        ソナタ ホ短調 Op.7

植田 慎吾
 ショパン/ソナタ 第3番 ロ短調 Op.58


♪第3部(14:55~15:45)


☆おたのしみ☆その1

☆おたのしみ☆その2


《トランペット》
工藤 臨 伴奏・小川 惠子
 ヴィダル/コンチェルティーノ
 ビッツザン/マーチ・ブルレスク

西野 純一
 ショパン/ワルツ 第5番 変イ長調「大円舞曲」 Op.42
        幻想即興曲 嬰ハ短調 Op.66
        バラード 第1番 ト短調 Op.23
        ポロネーズ 第6番 変イ長調「英雄」 Op.53

といった、濃い濃い濃い内容の演奏会です。

各曲、作曲家、練習中の方々にも、勉強になることな違いなしの聴き応えあるステージ。

ぜひ、お越しくださいませ。




今年6日のトランペット発表会は、この演奏会で、兄弟でやる「ガベーユ/気まぐれ」で出ます。

年明け、早速、親としては、ハラハラドキドキの流れですが、講師業と、息子たちのサポート、頑張ります!!
[ 2013/01/02 14:47 ] 音楽 | TB(-) | CM(0)

芸音振興会総会。

山本日のぼった山。駅を降りてすぐは学校も見えません。この上に大学があります。


とっても、楽しかった。

ようやく、同じ芸音の皆さんの保護者さんとお友達に。

これまでの演奏経験、中学高校、と合格までの経緯を色々話すことが出来ました。

やっぱり、あちらこちらで繋がっている。

TpのK先生には、C管を選定していただき購入したお礼をようやく言え、また、センチュリーユースオーケストラに息子が所属していることや、H先生との関係もはっきり話すことが出来た。

やっぱり、息子は何度かレッスンを受けているにもかかわらず、ぜんぜん、話が出来ていないし。

学生の方から、やっぱ、いろいろと言う機会がないのかもなぁ、とは思いつつ。

合格したお仲間の、女の子は実はもう、4年ほどは実は1月のアバンティでの演奏会にもご一緒していた、H先生門下。

なのに、現在も「そこでお会いしていた」という認識は二人にはないと思う。

でも、ようやくここに来て、そんなご縁だったことを知る。

繋がってるよねぇ・・・音楽の世界。

また、以前、下の息子が師事していたピアノのK先生、が「アトムハーツクラブ」で吉松隆作品を演奏された、ベガホールでの演奏会を聞いたのだが、その舞台でフルートで参加されていたのが、N先生であり、その舞台を見た事もお話して・・・。

そして、うちが、センチュリー交響楽団のユース部に、創立当初中学3年生から所属してきたが、そのことを、N先生に話すとなんと、関係者ということが!

指揮のO先生と、ご同期とか!

O先生も、多くの方と交流が広く・・・なかなか、団員でもおそらく、人数が多いのでうちが分かるかどうか(^^;;だけども、あ、facebookの私のプロフ写真に、私と、うちの息子と映っているその右側に、お顔がはっきり映っている、背広のお方がそうだ!ww

いろいろと、やはり、音楽系大学までたどり着くと、幅が広がります。


今後の活動、演奏会が益々楽しみ。


しかし、学校施設内も階段階段で、もちろんデブの私は膝がプルプル。もっと近くなら、毎日登って運動になりそうなんだけど。
[ 2012/05/12 23:03 ] 音楽 | TB(-) | CM(0)

ツイッターと、mixiつぶやきの転載です。

ツイッターと、mixiつぶやきの転載です^^;。

7日は、上の息子は出身中学の定期演奏会だった。がっ、大学の履修ガイダンスの日でもあり、午前中で終わるか?というのは甘かった。駆けつけたのは、アンコール曲だったらしい。久々の舞台で、ガッツリ練習してたのに、残念。

8日は、京響の大阪公演を聞きにシンフォニーホールへ。
公演の演目はドヴォルザーク、バイオリン協奏曲は超技巧、圧巻だった。また、コルサコフ、シェエラザード。昨年ユースオケではやったそうだけど、受験で休団中で行かず。吹奏楽での演奏しか生では聴いたことがなかったけど、素晴らしかった。やっぱり、京響は凄い。

やっぱり、クラシックなんて要らないだの、知らないだの言う人にこそ、聞かせたいし、知らせたい。異国の、異世界の曲でも、だからこそいろんなイメージの旅に、音楽は連れていってくれるんじゃないか、って。高尚とか、難しいんじゃない。映画やアニメと同じようにエキサイティングなんだって。

お客さんは年配の方が多く、でも、一体となって拍手をしながら、大阪のオケ、音楽団の経費削減の事を思い出しつつ …やっぱり、何か出来ることはないのだろうかと思ってしまう。




こういったつぶやきは、実は、mixiニュースにあった、
■橋下市長、市音楽団員の配転認めず「分限免職」 (読売新聞 - 04月06日 08:28)

の記事にツイートした中で、いろいろと書いたもの。

そう、春からの、息子の新生活とは裏腹に、目指す就職先であるオーケストラ、音楽団体が、軒並み潰されようとしている。

幼稚園の子から、ピアノを習いに来て、まったく弾けなかった子がどんどん、音楽に触れて、素晴らしい表現をしたり、練習に打ち込んでくる姿を見つつ、

「なにが、『子供が笑う大阪』なんだろう?」と本当に思うし、この子たちが積み上げてきた音楽の感性を、少しでも大切に思ってはくれないのか?とも。

未来の演奏家を、育てようとしているのに。ピアノだけではなく、様々な音楽の価値を理解できる人間を、育てたいのに。

ただ、もちろん、「音楽をやっている人間」側の気持ちでしかないのは確か。

それでも・・・お金がない、借金だらけの大阪に、音楽にお金をやる余裕がないという、考えも全く分からないと言うわけじゃない。

ただ、「本当に、それを潰さねばならないほど、大阪は貧困なのか?」

それが、まだまだ納得いかない。全部、お金がなければ大事にしていたものも「質に出す」ような感覚なの?それとも、それを捨ててなくしてしまったら、それ以上の「大阪人にとって幸せな事が、実現するの?」

それならば・・・それを優先するのも仕方がないのかも。

でも・・・もう、壊れたら元には戻らない、稀少で貴重なもの、「能力のある人の時間の積み重ね」だというのに・・・。

どうにもならないのだろうか。
[ 2012/04/09 23:04 ] 音楽 | TB(-) | CM(0)

今年の総括。

多くの出来事や書くべき事を、怠慢によりスルーして、今年が終わろうとしている。
しかし、年賀状を作りつつ、親戚を始め、知り合いにブログのURLを載せた葉書を出して、更新しないとは何事ぞ?とも思ったり。

今年の出来事を振り返ると、
■1月、アバンティの舞台。息子達でトランペットとピアノで出演するも、大失態。

■その後、センターを受け、3月国立の前期試験。
6日に落ち、またその当日はうちのピアノの発表会であったという・・・。

■そして、息子2人とも、高校、中学をそれぞれ卒業し、下は3月11日は卒業式。

■上の息子はまさに愛知に受験に行っていて、名古屋駅で東北大震災の揺れにあった。

その日の実技では、シクッたらしく、翌日の結果のネット発表で、後期も落選。

浪人が決まった日、何も知らず「息子は1人でメルトダウン中」などと、ツイッターやmixiに書いていたら、まさにその時、その時間に実際に福島でメルトダウン中であった。

■そんなタイミングで、震災と津波の映像が日々テレビで流れる中、浪人生活をどう過ごすかの覚悟を決め、まずは運転免許を取得しに、合宿で教習所に入所。

とりあえず、免許保有者にはなれた。

■新学期は予備校で迎えた上の息子。

下の息子は、大阪の公立で最もよい工業高校に合格し、順風満帆・・・かと思いきや、いきなりの欠点多発。
現在も、進級の危機!!

まったく、兄弟そろって、なにやら危機的状況である。たのむぞな;;。

■5月に、ふと、心によぎり、「そうだ、グランドピアノを買いたい」と。
最初冗談のように話していたり、ツイッターでつぶやいてきたが、末には現実になり、7月には防音工事の見積もり、8月には中古ではあるがピアノを購入。
人生の中でも、大きな買い物をする事になった。

■8月、ネソコンデビュー!息子達二人をけいぴょん先生が、引っ張ってくださいました。

■夏に、ダンナの母の法事で宮城へ。

そこで、震災の爪あとの未だ癒えぬ、東北を見る。
しかし、幸いおじいちゃんの家は宮城だが内陸で、揺れは大きかったものの、津波は来ず。

■秋、けいぴょん先生からの提案で、いくつかの演奏舞台を経験。それは浪人生活の、様々な難しい気持ちの中で本当に救われた、改めて音楽をやる意味を見出せるものだった。

■センチュリーユースオケでは、ブラームス、シベリウス、チャイコなど、やりがいのある楽曲にも出会えた。秋には福島TVジュニアオケとの共演も。


今年は、浪人生活でありながらも、いろんな先生方に支えていただき、またyoutubeデビューも果たし。
もちろんまだまだ、ではありますが、一歩ずつでも、くじけず、立ち止まらず過ごせたかな。

後から振り返ったら、今年2011年という年が、自分達の人生においてどんな意味を持っていたのか、判断もできるかもしれない。

やっぱり、上の息子が来年、大学に受かれば「良かったのだ」と思えるだろうけれど。

全ては、それまで。全てはそれから。

来年こそは、合格できますように。

ついつい、息子の事、息子の目線で書いているような事もあるけれど、まだまだ進学は二人三脚ならぬ、家族四人五脚。一人転ぶとみんな転んでるのと同じだし。

しかし、四人で七転八起。

そう年末に思えているのは、やっぱり幸せなんだと思う。

来年、またそんな事が書ける年になりますように。
[ 2011/12/31 01:08 ] 音楽 | TB(-) | CM(0)

レッスンを受けるということ。

いつも、どのお子とレッスンしてても思うのは
「とにかく、上達してもらうために」
なのだけども、なかなか、伝わらないこともある。

いや、伝わらないというよりか、その、「上達してもらう」という方向性や、レッスンをする、受けると言う価値観がずれていると感じることがある。

単に、お金をもらって、会ってではない。

何度会っても、「次に会うまでにこうして練習してね」という要求に全く答えてくれないで、「どうして上達しないの?」と言われても、それは当たり前。

とてもシンプルで単純なことだと思う。

何の塾、お稽古でも同じだが、努力する目的と、結果と、その価値を見失わないで欲しい。

そして、わが子たちにも思う。習えていることが、当たり前、当然ではないのだよ。
先生と会って教わっている時が、どれだけ貴重でありがたいことなのか、よく理解して自覚して先生の要求に答えてきてください。
[ 2011/10/02 23:47 ] 音楽 | TB(-) | CM(0)

ネソコン終了。

nesokonn1ネソコンでした!ホワイティ梅田うめだ地下の、曽根崎警察コミュニティプラザで、私たちの師匠、けいぴょん先生とともに、出演しました。


■ドビュッシー/水の反映(Pf:けいぴょん先生)

■グレイアム/Whirlwind(つむじ風) (Tp:キリン&Pf:けいぴょん先生)

■メンケン/ホール・ニュー・ワールド(Tp:キリン&Pf:ジュリ)

■ショパン/幻想即興曲
■リスト/ハンガリー狂詩曲第2番より抜粋(Pf:ジュリ)

■ユー/独奏曲(Tp:キリン&Pf:ジュリ)

■カプースチン/練習曲 Op.40-1「前奏曲」(Pf:キリン)

■ショパン/練習曲 Op.25-1「エオリアンハープ」
■ベートーヴェン/ソナタ「テンペスト」3楽章(Pf:けいぴょん先生)

■ツェントパリ/Pearlsより「Ducati SPS 916」(Tp:キリン&Pf:けいぴょん先生)

アンコール
■ブルグミュラー/貴婦人の乗馬(Tp:キリン&Pf:けいぴょん先生)


nesokonn2というプログラムでした。

途中兄弟のグダグダトークあり、私が紹介されたり(!?)しましたがwwwまぁまぁ無事に、ステージは終了。


もちろん練習時は、かなりいいレベルになったか?と思いましたが、例によっての兄ちゃんの本番弱しが出てました。
おいおい、撮影した動画をyoutubeにUPしていくつもりです。

この日の、舞台衣装は、けいぴょん先生のお見立てによるもので、帽子をかぶってキメている2人・・・。私がかぶって~と言っても、絶対にやってくれなかったろうに。

しかし、なんだか、グッと男らしさがUP!?



今回のこの企画は、もう、11年目のお付き合いとなる、けいぴょん先生のお声がけで実現したもの。

そう、最初に出会った頃、息子達は8歳と5歳。小学3年生と、幼稚園年長さんだったわけです。それが今や、私の身長も越され、演奏能力も音楽性も越されて、私の師匠であった先生と舞台に上がる。

けいぴょん先生は、私の師匠であり、いわば息子達は孫弟子にあたるわけです。

なんか・・・本当に感動です。



そして、この日、見に来てくださった中には、ジュリの現師匠と娘さんのお姿もあり、ほんと恥ずかしいやら嬉しいやら。

息子達の練習過程をずっとご指導、見守ってくださっただけに、やっぱり、「大成功」の舞台ではなかったことが悔やまれますが・・・。

こうやって、音楽をやっていけるのは、すばらしい師匠、先生方の存在があってこそです。

いつかは、より「カッコイイ」舞台をお見せ出来る事を目指して、今後も頑張らせます。

ありがとうございました。

なにより、けいぴょん先生に、スペシャル感謝です。
[ 2011/08/12 15:56 ] 音楽 | TB(-) | CM(2)
アクセスカウンター

★History★
2001-5-4 前HP開設

2005-09-09 Fri ブログ開設
2006-09-09
  ★10000hit祝★
2007-04-15
  ★20000hit祝★
2007-10-24
  ★30000hit祝★
2008-02-27
  ★40000hit祝★
2008-06-23
  ★50000hit祝★
2008-10-22
  ★60000hit祝★
2009-02-12
  ★70000hit祝★
2009-05-15
  ★80000hit祝★
2009-09-13
  ★90000hit祝★
2009-12-11
  ★100000hit(^^*)v祝★
2010-09-21
  ★120000hit(^^*)v祝★
ありがとうございます♪
X'mas count down star
プロフィール

工藤 直子

Author:工藤 直子
お互いの顔の見えるお付き合いができる利点で近頃
mixi(「銀のしっぽ」で検索してください)、
ツイッター
facebook
の方に日常のこと、音楽のことをブツブツと書いております。
マイミク、facebook友達登録はお知り合いかメールでからんだ方限定、ツイッターはどしどしフォローお待ちしております。

音楽教室は、4月年度代わりの、5月スタートのところが多いですが、ウチでは、いつでもスタート受け付けています♪
いつもどうすれば「より短時間でより上手くなる」か、「たくさんの曲が弾けるようになる」か、「楽譜ナシで自分で伴奏が出来るようになる」かなどを考えつつ、レッスンしています。

ただし!質の高い音楽をやるからには「楽譜から曲をきちんと解釈すること」は不可欠。ソルフェージュも力を入れます。

※現在のところ、早期開始の全員、「絶対音感」を身に付けてもらっています。

私自身は、きちんとした「訓練」によって付いたものではないのですが、とにかく「便利な能力」。息子達には付けさせるぞ!といくらかの本を買い、実行した結果「完璧な絶対音感」が身につきました。

その実績を生かして、生徒さんにも実践しています。

もちろん、特別な料金など要りません。あくまでも自然に当たり前に、「絶対音感持ち」になります^^。

ただし、これは「8歳までのお子さんまで」に実践しないと、脳の発達上、難しいです。

これが、音楽は早期教育が必要な所以です。

月4回(年間46回)、一回40分レッスンです。

教室空き時間

ピティナ指導会員♪

PEN会員♪

メールフォームからご連絡くだされば、詳細をお知らせします♪
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
グランドピアノYAMAHA C3X、グランドピアノK.KAWAI GM10、KAWAI 電子ピアノCA95、トランペット6本(スパーダ、ヤマハC管YTR-8445S KMV、ストンピ ピッコロトランペット、ヤマハYTR-4335GS、ニッカンコルネット、スワロー、Jマイケル250、ポケトラ)Tpマウスピースは現在15本。
サックス2本(Jマイケルアルト、テナー)
クラリネット、フルート(いずれもJマイケル)
バイオリン3本(SUZUKI、ハルシュタットV45、バッタモン、弓4本)
チェロ(ハルシュタット)
エレキギター2本、ベース1本、フォークギター(MORIS)、ギタレレ、ウクレレ1本
ブルースハープ3本(C,F、B)
お箏、三線、尺八
リコーダー(ソプラノ3本、アルト2本)
ピアニカ2台、タンバリン、トライアングル、カスタネット、鈴
と、キーボード(YAMAHA)、EMR1(MIDI音源)など、数えたら40ほどの楽器に囲まれております。

とにかく、家族で楽器オタクです。

クラシック、ジャズ、ロック、邦楽(お箏、三味線、民謡、演歌含むw)大好き。

また、大変ガンオタ(ガンダムのみ1年戦争限定)・・・加えて、アニメ全般、どの楽器でもアニメソングを演奏できますデス♪(それが一番楽しかったりして?)

このよーな大変オタッキーな銀猫一家ですが、よろしくお願いいたします。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
過去ログ +

2017年 08月 【2件】
2017年 07月 【2件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【3件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【3件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【15件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【2件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【2件】
2016年 02月 【3件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 03月 【2件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【11件】
2014年 09月 【10件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【4件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【6件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【2件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【4件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【15件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【10件】
2010年 07月 【8件】
2010年 06月 【7件】
2010年 05月 【15件】
2010年 04月 【12件】
2010年 03月 【21件】
2010年 02月 【18件】
2010年 01月 【14件】
2009年 12月 【17件】
2009年 11月 【13件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【13件】
2009年 07月 【20件】
2009年 06月 【17件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【17件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【17件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【18件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【23件】
2008年 07月 【19件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【19件】
2008年 03月 【19件】
2008年 02月 【19件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【22件】
2007年 11月 【19件】
2007年 10月 【23件】
2007年 09月 【21件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【19件】
2007年 06月 【21件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【17件】
2007年 02月 【16件】
2007年 01月 【14件】
2006年 12月 【22件】
2006年 11月 【24件】
2006年 10月 【24件】
2006年 09月 【18件】
2006年 08月 【17件】
2006年 07月 【21件】
2006年 06月 【14件】
2006年 05月 【23件】
2006年 04月 【22件】
2006年 03月 【19件】
2006年 02月 【23件】
2006年 01月 【22件】
2005年 12月 【20件】
2005年 11月 【22件】
2005年 10月 【14件】
2005年 09月 【12件】

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2ブログランキング
覗いてくださってありがとうです。

FC2ブログランキング

このブログを気に入ったらクリックしてね!
リンク
Hyper-BooさんのHP

hyper

国産の古いトランペットを展示・保存・調査研究するマニアのためのデジタル・ミュージアム