BRASS思考でいこう!  

工藤音楽教室講師工藤直子です。上の息子工藤臨は2007年6月の中学3年生からセンチュリーユースオーケストラでトランペットを吹いてきました(2017年就職により退団)。大阪桐蔭高校吹奏楽部を経て、大阪教育大学芸術音楽コース卒業。 現在ヤマハ製造工場、吹奏楽団員として演奏活動頑張っています。下の息子、工藤仁はピアノを弾いています。

インフル、フルフル。

ここのところ、教室の生徒さんも増えて、レッスンがないのは日曜日のみ。

それでもねーこのお仕事ってのは、10人生徒さんがいても、一人4000円ならば40000円の収入なわけで。

ほんと、うちはやっぱり、破格値なんだけど、普通にこの値段では、内職程度にしかなりません。この値段なら30人は集めて月12万かぁ。

でも現実、1週間で30人を見るには、一日5人ずつは、受けなければいけません。
で、近頃の、だいたいの個人レッスンの相場は7000円前後かと思うんだけど、まぁ、それならば20人で140000円くらいね。

いかに、「ピアノの先生」が個人で、仕事として身を立てていく事が困難か・・・。習う側だけの立場なら、より安く!と思うんだけどねぇ。

まぁ、多分今のところは、うちは今の価格設定でいくつもり。もっと、人が増えて・・・それこそ、コンクールやら、子供の教育に対する姿勢何ぞが評価されて来るなんて事があれば・・・もうちょっと上げていくかも知れないな。


ところで!
インフルエンザ、国内人~人感染でいよいよ、「対岸の火事」ではなくなったなぁ。

どうなるんだろう・・・・・・。

現時点での状況は、神戸の高校生が3人確定、そのうえに、茨木市の高校生も8人、疑いが出た、という段階。

うちのキリンは月曜11日から、熱で学校休んでたんだけど・・・。熱は37.5のときに耳鼻科に行かせて・・・薬のおかげもあってか、38度には一度もならずに、木曜日に学校へ。

上がってきたら・・・その、例の発熱外来へ電話しなきゃいけないのか??と、内心ビクビクしていたけど。
症状としては、喉が痛い、と、セキ、タン、鼻水・・・といつもの感じ。

で、実は、金曜の17時くらいに、ジュリも近くの内科へ。めったにうつらないジュリもうつったらしく、喉がイタイイタイ、セキもゴホゴホ、声も変わってる。
でも、ま、受診したときも、発熱はしていない。病院の待合でも36.7度。だもんで、まぁ、これも、「インフルの疑いで発熱外来」というノリはいらないだろう、と。

それらを考えても・・・普通の風邪、を兄弟で引いている・・・らしい。

で・・・実は、今日のレッスンは、4人、だったんだけど、2人は、レッスン中もゲホゲホ、一人の子の弟が、吐き下しの風邪。

5月・・・例年、この時期に、こんなのも初めてだなぁ。しかも、今年、冬にもインフルのオンパレード。わりと、キツめの風邪を、子供達が順番にひいていった感じだった。

おまけに新型インフルの報道・・・。これって、もちろん、自分がひいて病院にかかるのも、いろいろ考えちゃうけど、「違う風邪っぽいのに、病院に行かねばならない」というのもねぇ。

感染の機会を増やすことになりかねない・・・。

だからといって・・・普通の風邪でも、病院に行かないぞ!などとも思う事はできないし。


しかも・・・こうして、もう、渡航歴のない人たちの感染がコレだけみつかってくれば、・・・これは、もう、
「警戒」して、なんとかなるものなのか?

アメリカじゃ、この、感染の流れから「わざと罹患して、免疫をつけてしまおう」などという動きもあるとか。
これが、先に言われていた「鳥インフルエンザ」の方なら、致死率が高く、怖ろしかったが・・・。この豚インフルの方なら・・・?

でも、このウィルスだと、それで・・・すむかもしれない、でも・・・これが、もし、「強毒性インフル」だったら・・・今頃パニックになっている。

つまり、いまの、この弱毒性インフルの・・・水際でも食い止める事ができなかった、パンデミック・・・。これは、リハーサルなのかもしれない。

まだまだ、このウィルスでの動きがどうなっていき、収束するのかは未定だけど・・・。

それとも、こうなってくると・・・いち早い収束、というのは、じつは「さっさとみんなでかかって、免疫を獲得する」方なのか?とも思えてくる。

うちの息子も、高校生。と、中学生。
大阪でも患者が出れば・・・学校を休みにする流れらしいが、この際、もう、休みにしなくてもいいんじゃないのかな??

それとも、それは、「楽観的」で・・・危険な考えなのかな?
罹患者がふえれば、やっぱり、普通のインフルエンザと同じように、なん%は死者が出ることになるのかな?

でも、たしか、65歳以上の人はほとんど、発症してないとも聞く。となると、若い人の死者が出る可能性があるかも?
それはそれで・・・心配でもあるけど・・・。


と、それもこれも、やっぱり・・・・・打開策は
「ワクチン」だな!

ワクチンってどのくらいで、できるんだろう・・・と、実は、医療機関の人々はある程度分かっているかもしれないが、一般には・・・まず、公表はされない。
だって、・・・いきわたるまでに、パニックが起きる可能性があるから。

おそらく、本当に主要な・・・国を動かしている人たちには・・・一般人より、先に配られるのだろうな。

ん?でもさー・・・。
これ、いまの、弱毒インフルのワクチン開発はもちろん・・・急いでいるものだと思うけど・・・強毒性の鳥インフルについても、つまりワクチンを作って、免疫つけちゃえば、済む話なんじゃないのかな??

どうして、そうならないんだろう・・・なにか、理由があるのかな?

一般人の私達には・・・ワカラナイ・・・何かが?


ニュースを見つつ・・・
「オイ、また、またまた高校生!!キリンどうするよ!?」
「・・・う~ん・・・乗り遅れてるな、俺もまだまだということか」

などと、冗談を言っていられるのは、今のうちだからだろうw。
月曜から、休んでいた風邪で、木曜に学校にいったら、やっぱり先生には
「インフルじゃないだろうな?」
と当然、確認はあったそうな。

「『先生、俺がそんな、国際派だと、海外との接点がある家庭だと思いますか!?』と答えておきなさいw」
と言っておいた。

ものの・・・10日には、池田の万博記念公園の吹奏楽イベントに行き・・・大阪中の吹奏学生が大人数集まるイベントに参加。悪くすりゃ・・・、感染機会にはなってたかも?

とか言ってると~ほんと、何も出来なくなっちゃうよ!!
[ 2009/05/16 23:02 ] 病気、治療 | TB(-) | CM(4)
私も「楽観的」すぎるのか・・・?
ホントにねぇ・・・。ここまでくると、「開き直った」ほうがいい様な気もします。今の日本ではまず人口密度が高すぎるのと、鉄道等の交通機関が発達しているので、「広がらない事」を考えるよりも「自分がかからない」ことを考えるべきだと思うんですけどね。自治体や学校側にも「対応の悪さを突っ込まれたくないからやっている」態度がミエミエですし。
もし、致死率の高い「強毒性インフル」ならば、公共交通を全てストップさせないと感染は止まらないでしょう。「ジェット風船がどうのこうの・・・」は滑稽に感じますね。そもそも、季節性インフルと同じ対応でいいんじゃないのかな?
どこいってもマスクが売り切れてますが、帰宅する度に「ウガイと手洗い」をちゃんとしてる人はどれくらいいるのか・・・。なんか、O157(カイワレパニック)をおもいだしました。
[ 2009/05/17 14:07 ] [ 編集 ]
こうなってくると・・・。
今日、現時点でニュースの発表では兵庫と大阪あわせて96人の感染が確認された状態。

大阪では、茨木、吹田、豊中、箕面でも、小中学高校大学の休校も決定・・・。

と、いうニュースを息子達は見つつ・・・「大阪市内は普通に学校だよな」
と、半分残念そうww。
まだまだ、対岸の火事的だけど、この火事は、まもなく飛び火してくるんだろうな?と。

うちにマスクの買い置きは18枚ですが・・・買いに行かなきゃいけないのか、それとも、ここは・・・もう、なすがまま?

もし、誰にでもうつる、として・・・早めにうつった方が、タミフルやリレンザが豊富で楽なのか・・・そのうち、薬が尽きる事もあるのか?
そんなことも気になってきます。

そうだ、今この96人の感染した、大半は高校生の人たちは・・・医療機関へ入院しているのかな??それとも、一気に1000人越え5000人越え1万人越えなんて事になると・・・病院で見てもらえる状況なのか??

などとまで、考えちゃいますね。
一番感染者人数爆発のときに、当たるのがむしろ怖くなってきた気が・・・。

どう行動するのがいいんでしょうね。
[ 2009/05/18 01:30 ] [ 編集 ]
中・高校が七日間の休校!
あちゃ~!テストもあるのになあ・・・。多分、大阪市内と堺市も府に追従する形になるでしょう・・。まぁ、仕方ないですね。いろいろなサイトをのぞくと心配になったりもしますが、なるようになるかぁ。(開き直りw) それより、1日中子供達がウチに居るのって、5年ぶりぐらいかな?しかも七日間も!大掃除でもしようかな・・・w
銀猫さんトコも気をつけて下さいね。
あ、銀猫さんトコって防音室あるんですよね?いいな~・・家で楽器吹けてうらやましいです・・。
[ 2009/05/18 02:30 ] [ 編集 ]
防音室
そうそう、うちには防音室がある・・・ということは、実は大きいです。

普通の家だと、特にマンションだと、トランペットを長時間練習なんて、難しいですよね。

6畳のお部屋に2畳の防音室を入れてあるのですが、それだけの犠牲を払っただけの価値はありますw。
[ 2009/05/18 13:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター

★History★
2001-5-4 前HP開設

2005-09-09 Fri ブログ開設
2006-09-09
  ★10000hit祝★
2007-04-15
  ★20000hit祝★
2007-10-24
  ★30000hit祝★
2008-02-27
  ★40000hit祝★
2008-06-23
  ★50000hit祝★
2008-10-22
  ★60000hit祝★
2009-02-12
  ★70000hit祝★
2009-05-15
  ★80000hit祝★
2009-09-13
  ★90000hit祝★
2009-12-11
  ★100000hit(^^*)v祝★
2010-09-21
  ★120000hit(^^*)v祝★
ありがとうございます♪
X'mas count down star
プロフィール

工藤 直子

Author:工藤 直子
お互いの顔の見えるお付き合いができる利点で近頃
mixi(「銀のしっぽ」で検索してください)、
ツイッター
facebook
の方に日常のこと、音楽のことをブツブツと書いております。
マイミク、facebook友達登録はお知り合いかメールでからんだ方限定、ツイッターはどしどしフォローお待ちしております。

音楽教室は、4月年度代わりの、5月スタートのところが多いですが、ウチでは、いつでもスタート受け付けています♪
いつもどうすれば「より短時間でより上手くなる」か、「たくさんの曲が弾けるようになる」か、「楽譜ナシで自分で伴奏が出来るようになる」かなどを考えつつ、レッスンしています。

ただし!質の高い音楽をやるからには「楽譜から曲をきちんと解釈すること」は不可欠。ソルフェージュも力を入れます。

※現在のところ、早期開始の全員、「絶対音感」を身に付けてもらっています。

私自身は、きちんとした「訓練」によって付いたものではないのですが、とにかく「便利な能力」。息子達には付けさせるぞ!といくらかの本を買い、実行した結果「完璧な絶対音感」が身につきました。

その実績を生かして、生徒さんにも実践しています。

もちろん、特別な料金など要りません。あくまでも自然に当たり前に、「絶対音感持ち」になります^^。

ただし、これは「8歳までのお子さんまで」に実践しないと、脳の発達上、難しいです。

これが、音楽は早期教育が必要な所以です。

月4回(年間46回)、一回40分レッスンです。

教室空き時間

ピティナ指導会員♪

PEN会員♪

メールフォームからご連絡くだされば、詳細をお知らせします♪
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
グランドピアノYAMAHA C3X、グランドピアノK.KAWAI GM10、KAWAI 電子ピアノCA95、トランペット6本(スパーダ、ヤマハC管YTR-8445S KMV、ストンピ ピッコロトランペット、ヤマハYTR-4335GS、ニッカンコルネット、スワロー、Jマイケル250、ポケトラ)Tpマウスピースは現在15本。
サックス2本(Jマイケルアルト、テナー)
クラリネット、フルート(いずれもJマイケル)
バイオリン3本(SUZUKI、ハルシュタットV45、バッタモン、弓4本)
チェロ(ハルシュタット)
エレキギター2本、ベース1本、フォークギター(MORIS)、ギタレレ、ウクレレ1本
ブルースハープ3本(C,F、B)
お箏、三線、尺八
リコーダー(ソプラノ3本、アルト2本)
ピアニカ2台、タンバリン、トライアングル、カスタネット、鈴
と、キーボード(YAMAHA)、EMR1(MIDI音源)など、数えたら40ほどの楽器に囲まれております。

とにかく、家族で楽器オタクです。

クラシック、ジャズ、ロック、邦楽(お箏、三味線、民謡、演歌含むw)大好き。

また、大変ガンオタ(ガンダムのみ1年戦争限定)・・・加えて、アニメ全般、どの楽器でもアニメソングを演奏できますデス♪(それが一番楽しかったりして?)

このよーな大変オタッキーな銀猫一家ですが、よろしくお願いいたします。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
過去ログ +

2017年 08月 【2件】
2017年 07月 【2件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【3件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【3件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【15件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【2件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【2件】
2016年 02月 【3件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 03月 【2件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【11件】
2014年 09月 【10件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【4件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【6件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【2件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【4件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【15件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【10件】
2010年 07月 【8件】
2010年 06月 【7件】
2010年 05月 【15件】
2010年 04月 【12件】
2010年 03月 【21件】
2010年 02月 【18件】
2010年 01月 【14件】
2009年 12月 【17件】
2009年 11月 【13件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【13件】
2009年 07月 【20件】
2009年 06月 【17件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【17件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【17件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【18件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【23件】
2008年 07月 【19件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【19件】
2008年 03月 【19件】
2008年 02月 【19件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【22件】
2007年 11月 【19件】
2007年 10月 【23件】
2007年 09月 【21件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【19件】
2007年 06月 【21件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【17件】
2007年 02月 【16件】
2007年 01月 【14件】
2006年 12月 【22件】
2006年 11月 【24件】
2006年 10月 【24件】
2006年 09月 【18件】
2006年 08月 【17件】
2006年 07月 【21件】
2006年 06月 【14件】
2006年 05月 【23件】
2006年 04月 【22件】
2006年 03月 【19件】
2006年 02月 【23件】
2006年 01月 【22件】
2005年 12月 【20件】
2005年 11月 【22件】
2005年 10月 【14件】
2005年 09月 【12件】

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2ブログランキング
覗いてくださってありがとうです。

FC2ブログランキング

このブログを気に入ったらクリックしてね!
リンク
Hyper-BooさんのHP

hyper

国産の古いトランペットを展示・保存・調査研究するマニアのためのデジタル・ミュージアム