BRASS思考でいこう!  

工藤音楽教室講師工藤直子です。上の息子工藤臨は2007年6月の中学3年生からセンチュリーユースオーケストラでトランペットを吹いてきました(2017年就職により退団)。大阪桐蔭高校吹奏楽部を経て、大阪教育大学芸術音楽コース卒業。 現在ヤマハ製造工場、吹奏楽団員として演奏活動頑張っています。下の息子、工藤仁はピアノを弾いています。

TEATRO MAKI

今日は、クレオ大阪中央へ。
「TEATRO MAKI」の演奏会だった。

ネットでこの関連のサイトを探したけどみつからなかった…c(゜^ ゜ ;)。

ので、出演者先生方の名前は伏せたほうがいいのだろうか~・・・。しか~し、ものすごい、いい演奏会だった。というか、これまでで、一番濃いかったかも!?

曲目としては、まず、ピアノ、「ベートーベン:月光全楽章」「ショパン:バラード1、エチュード革命、10-4、黒鍵、幻想即興曲」「ラヴェル:パヴァーヌ」
その後、フルートとピアノで「シューベルト:アヴェマリア」「エルガー:愛のあいさつ」「バッハ、グノー:アヴェマリア」
そして、チェロとK先生のピアノで、「サン=サーンス:白鳥」「プッチーニ:トゥーランドット」と、もう一曲・・・(出てこない)、その後「チャップリンのライムライト」
その後、女性ボーカルで「シャンゼリゼ」と・・・「ニューヨークの・・・(題が出てこない)」。

そして、まだある。
サックス4重奏で、「千の風になって」「グレンミラーメドレー」それから「カルメン組曲、サックス編」「最後に「河の流れのように」

15時から、終了18時半・・・・4時間近くの長丁場の演奏会。

そして、そのそれぞれが、素晴らしかった!

で、こんな演奏会がネット上では情報が出てこないって・・・すごく不思議というかもったいないw。
しかも、実は、手元に「プログラム」もない。
(だから、曲目等、記憶でしがないので~~~うろ覚えw。)

というのも、当初予定されていた演目が、出演歌手の方が急病で出演不可能になり、急遽予定変更で集まった方々・・・だから、告知もプログラムも間に合わなかった・・・という事らしいのだ。

でも~~ほんと、内容の濃い演奏会で、大満足、というか・・・まるで、「2回分聞いたかんじ」。
また曲の合間に、MIKI氏の音楽レクチャーが入るのだが、それも、非常に面白く勉強になった。

そう、まさに、勉強になった・・・私のための演奏会!?みたいなww。

なぜ、この演奏会を知ったかといえば、今ジュリがピアノ師事しているK先生、が、その「急遽出演」者、チェロの伴奏で出演されたから。

もちろん、素晴らしい演奏でした。

今回のこの演奏会は、ユニフェムの活動の一環ということで、初めてそういう活動団体があるんだ、という事も知った。フニセフは知ってたけどね。
ユニフェム日本国内委員会
発展途上国等の女性を支援する、非営利団体だそうです。

会場には、お年寄りが多いことが目に付いた。また、身体に障害のある方や特に白い杖の視覚障害の人や、盲導犬の姿も。

演奏会自体は、かなり私ら、ピアノ、音楽に関わっている人間が勉強になる、と感じられるレベルのものだったけども、そういったプログラムで、幅広い人に向けて音楽を発信しているんだな、というところにも、とても共感できた。

このところ・・・そうだな、センチュリーオケにしても・・・「音楽文化をより多くの人に」広めるには、何をどうすれば?と考える。
その中で私は自分の身近で、自分の出来る事をやっている、そういうレッスンをしている。
が・・・この主催された「MAKI」氏は、それをまさに実現されているなぁ、と。

また、聞きに行きたい、いい舞台でした。
[ 2009/04/12 23:35 ] 音楽 | TB(0) | CM(6)
音楽文化をより広めるには
私なんぞは、ただの「聴くだけの音楽好き」なのですが、家族内ではたまに話題になりますね。演奏技術の習得に時間がかかるので、すぐに演奏者を増やすのは難しいですが、「音楽好き」をもっとふやせないか?と。特にピアノやオケのね。

家族の意見では「著作権うんぬんも妨げになっているのでは」
とか、「生活が苦しい時に、趣味としてはお金がかかる」など・
・・・。う~ん、だからこそ音楽人口が増えればもっと安く演奏会
など聴きにいけると思うんだけどな。

「エル・システマ」も今の日本じゃ考えにくいですしねぇ。

著作権の問題はあるけど、某動画サイトで色々な演奏が見たり聞いたり出来るのは、個人的にはとても良い事だと思うんですけどね。
「演ってみた」とか「歌ってみた」とかも音楽を広める意味では
ありだと思いますし。

食事をするよりも「生でいい音楽をきいたほうが」満足するのは
私ぐらいなのかなw   いや、冗談ですけどw


[ 2009/04/14 00:58 ] [ 編集 ]
NoTitle
エル・システマ~。うらやましいですよね。

ほんとでも、YTR-739T さんのおっしゃるとおりだと思います。なかなか、日本の現在の人々に、クラシックを初めとする音楽文化が、なかなか広まらない理由。

しかも、すっごく、驚いたというか・・・いや、これってみんな考え及ぶものになってきているのか・・・実は「センチュリー交響楽団の危機」の最初の報道のときに、ブログの記事に書いていた・・・秘策というか、こういうことしかないのでは?と私も思った事。

youtubeやら、ニコ動に見られるように、身近に気軽に、演奏を見れるネット・・・サイト。

こういう活動が一番現代の人々の気持ちに合っている、広め方なんじゃないだろうかと。

そして、著作権問題が・・・実は壁になっていて・・・その壁も壊してでも、配信する事ができれば、もっともっと、「未来が広がる」と思っていました。

また・・・じつはこれ、吹奏楽の世界にもw。
高校野球は・・・サッカーやラグビーだって、「テレビ放送」していますよね。
同じような「競技」ともいえるのに、「吹奏楽コンクール」は放送されていない。だから、やっぱり、「一般への認知度」は上がらないのかもしれない、などと。

マーチングもそうです。最近はチアリーディングはたまに、スポーツチャンネル(ケーブル)などで放送されているけど。

もっと、もっと、「メディア」を活用するべき時代なんじゃないかと思うんです。

また、・・・もっと飛躍した企画としては、演奏を配信して「ネット上でコンクール」などしてみたり・・・。ネット上にエントリーするのにエントリー料金を取って、また、閲覧数、評価に応じて、そのエントリー費の中から、賞金をつけてみたりw活動資金としてなど。

そんな審査方法が実施されたら・・・個々の評価ではなくて、本当に聴衆に支持される音楽を演奏している学校はどこか?などが分かったり・・・w。
よくいわれている、「大阪相談方式」「顧問縁故」(根拠はないですよ^^;;もちろん)などの問題も、解決しちゃったり?

とはいえ、こんな事はまぁ、すぐに実現するものではなくても、・・・そもそも、いずれテレビはネットと融合して、双方向のツールになる・・・という運命だと思っているのです。

それもこれも・・・やっぱり、テレビもCM料で運営し、視聴は無料(ケーブルなど有料もありますが)が、大きな前提としてあるもの、な気がします。
そして、そこから「生演奏の価値」を感じる人たちも生まれてくると思うんですよね。

もしも、息子たちが・・・大成して、音楽方面で「何か出来る」財力や地位を得たあかつきには・・・とか、思っていたんですよw本気でw。

「将来の夢」ですね!
[ 2009/04/16 01:35 ] [ 編集 ]
おおっ!見やすくなってる!
「マーチングやコンクールのメディア活用」、これはホントに実現して欲しい!
府内でも、吹田・高槻あたりではケーブルテレビが吹奏楽祭とか高校の定演を収録して放送しているみたいでしたね。もっと広がればいいなぁ・・・。

あと、ピアノとオケ(特に弦楽器)はやっぱり「生の音を聴いてみたい!」と思わせる手段があればね。
私自身、吹奏楽を数年やってから初めてオケを聴いた時まさに「耳からウロコ」でしたし。

色々考えていると、家族から一言

「もしかして、日本人って性格的に音楽を楽しむのが下手なんじゃないの?」と・・・。

音楽を楽しまずに「いい楽器じゃないと」とか「金がかかる」とか「解釈がどうたら」とかね。
・・・言われて見ればそうなのかな・・・。
[ 2009/04/16 08:42 ] [ 編集 ]
TEATRO MAKI
はじめまして、TSUKAMOTO MAKIです。(NGで送信出来ないとメッセージを頂き1時間ほど悪戦苦闘しておりました。ご迷惑をおかけしているかも知れませんがお許しください。)

先日は「TEATRO MAKI」にご来場いただきまことにありがとうございます。銀猫ママ様同様「情報がない」とのお問い合わせを頂きまして、TEATRO MAKIを検索しましたところこちらのホームページに辿りついた次第です。

「ありがとうございます。」この一言でどのぐらいの感謝の気持ちが伝わるのか分かりませんが他に言葉が見つかりません。
暖かいご感想をいただき本当にありがとうございます。

最近クラシックコンサートに「気軽に」とか「気楽に」と宣伝されているものをよくみますが、すごくミスマッチな言葉だと思います。そもそもクラシックというのは「第一級の」という格式のある言葉です。
お高くとまるつもりはまったくありませんが、海外の教会などに入ったときの空気、襟を正されるようなあの雰囲気で演奏者の土俵に出来るだけ近づいていただきたい。と思っております。それには名曲の力を借りる他ありません。「名曲」と呼ばれる作品にはそれなりの理由があります。スケールの壮大さ、メロディーの美しさ、わくわくするような物語性、楽器の魅力を引き出す表現技法、綿密な構成、どの曲にも創意工夫が凝らされていてそれを少し知っているだけでも断然面白さが違ってくるのです。コンサートでもお話しさせていただいたように「クラシックの世界はあまりにも広く深い」のでどの入り口から入るか!なのではないでしょうか?
私の知り合いの弁護士先生の奥様は一度もクラシックを聴いたことがなく、先生に連れられ私が出演するからと「TEATRO MAKI」に来てくださり、一回目で「のだめカンタービレ」を買占め、2回目で私の体験した「海外で本場の演奏会」を体験しに行き、とうとう今回はピアノを購入されました。クラシックの魅力のなせる業です。

銀猫ママ様のご子息がピアニストとしてTEATRO MAKIに出演していただける日まで研鑽を積み今後もがんばってまいりますので、よろしくお願いいたします。
また、遠慮なくご意見お聞かせください。再びお目にかかれる日を楽しみにしております。

追伸
河村先生は私が出逢えて良かったと心から思える数少ない人の一人です。もちろんチェロの林先生も。
[ 2009/04/16 22:41 ] [ 編集 ]
>YTR-739Tさん
私自身、「ピアノだけ」しか興味の方向がなかった時期・・というのも、2005年3月に、初めて「トランペット」に出会ったんですよね。
思い起こせば、このブログの書き始め・・・は9月なのですが、トランペットの出会いの経緯を書いていましたね。

私自身は中学でアルトサックスパートだったけども、「猫アレルギーの喘息」にかかって・・・やめてしまったのでした。

それ以来その2005年まで、サックスは吹かず・・・。それが、息子の吹奏楽との出会いから・・・ジャズに目覚め・・・2007年には大阪センチュリーユースオーケストラに合格し・・・。

それまで、オーけるトラ曲は、それなりには聞いてきた・・・程度だったのですが、やっぱり、「演奏する」・・・自分じゃなくとも「息子が演奏する」となると、まったく、聞き方が変わりました。
私自身の音楽観は、以前にも書いていたかもしれないですが、「自分が鳴らす」という事と大きく関わっていますね。

YTR-739Tさんのコメントを読みつつ、そんな事を思い起こしていました。

こういった事を書き出すと、コメントでは長々となりそうなので、また記事に書いていこうと思います。

>音楽を楽しまずに「いい楽器じゃないと」とか「金がかかる」とか「解釈がどうたら」とかね。
>・・・言われて見ればそうなのかな・・・。

楽しみ方がヘタ、という事の捕らえ方のひとつに「こうじゃなければ、というこだわり」は感じますねぇ。それが本当に音楽に不可欠なこだわりなのか・・・それとも、一般のブランド物志向と同じようなものなのか・・・w。

また価値観の幅が広い音楽の世界だけに、難しい話になりそうですw。
[ 2009/04/17 15:38 ] [ 編集 ]
>MAKI TSUKAMOTOさん 
コメントありがとうございます!
なんか、光栄です^^;舞台を見つめた観客の一人としては。
ネット・・・ブログは、やはり「個人的な日記」でもあり、しかし「不特定多数の方への発信の場」という事も頭に置きつつ・・・許可なく、個人名を挙げるのはどうか?と思えましたが、これまでも「コンサートレビュー」として、「公人」と思える方、また団体の名前は書いてきました。

が・・・なんというか・・・恐縮です^^;。検索で上がってしまうんですね^^;。

しかも、「NGワード」でご苦労をおかけしてしまい・・・^^;。
というのも、このブログ・・・「FC2ブログ」なのですが、他社のサービスでも同じようなものなのでしょうが、しょっちゅう、Hサイトやら、ザイタクワークなどの迷惑コメントが来るので、結構な数「NGワード」を設定していたりします。

自分のコメントレスでも、たまに引っかかる!
そんな中、ありがとうございましたぺ<(_ _)>。

今後も、素晴らしい演奏活動、ご期待申し上げております。
[ 2009/04/17 16:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセスカウンター

★History★
2001-5-4 前HP開設

2005-09-09 Fri ブログ開設
2006-09-09
  ★10000hit祝★
2007-04-15
  ★20000hit祝★
2007-10-24
  ★30000hit祝★
2008-02-27
  ★40000hit祝★
2008-06-23
  ★50000hit祝★
2008-10-22
  ★60000hit祝★
2009-02-12
  ★70000hit祝★
2009-05-15
  ★80000hit祝★
2009-09-13
  ★90000hit祝★
2009-12-11
  ★100000hit(^^*)v祝★
2010-09-21
  ★120000hit(^^*)v祝★
ありがとうございます♪
X'mas count down star
プロフィール

工藤 直子

Author:工藤 直子
お互いの顔の見えるお付き合いができる利点で近頃
mixi(「銀のしっぽ」で検索してください)、
ツイッター
facebook
の方に日常のこと、音楽のことをブツブツと書いております。
マイミク、facebook友達登録はお知り合いかメールでからんだ方限定、ツイッターはどしどしフォローお待ちしております。

音楽教室は、4月年度代わりの、5月スタートのところが多いですが、ウチでは、いつでもスタート受け付けています♪
いつもどうすれば「より短時間でより上手くなる」か、「たくさんの曲が弾けるようになる」か、「楽譜ナシで自分で伴奏が出来るようになる」かなどを考えつつ、レッスンしています。

ただし!質の高い音楽をやるからには「楽譜から曲をきちんと解釈すること」は不可欠。ソルフェージュも力を入れます。

※現在のところ、早期開始の全員、「絶対音感」を身に付けてもらっています。

私自身は、きちんとした「訓練」によって付いたものではないのですが、とにかく「便利な能力」。息子達には付けさせるぞ!といくらかの本を買い、実行した結果「完璧な絶対音感」が身につきました。

その実績を生かして、生徒さんにも実践しています。

もちろん、特別な料金など要りません。あくまでも自然に当たり前に、「絶対音感持ち」になります^^。

ただし、これは「8歳までのお子さんまで」に実践しないと、脳の発達上、難しいです。

これが、音楽は早期教育が必要な所以です。

月4回(年間46回)、一回40分レッスンです。

教室空き時間

ピティナ指導会員♪

PEN会員♪

メールフォームからご連絡くだされば、詳細をお知らせします♪
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
グランドピアノYAMAHA C3X、グランドピアノK.KAWAI GM10、KAWAI 電子ピアノCA95、トランペット6本(スパーダ、ヤマハC管YTR-8445S KMV、ストンピ ピッコロトランペット、ヤマハYTR-4335GS、ニッカンコルネット、スワロー、Jマイケル250、ポケトラ)Tpマウスピースは現在15本。
サックス2本(Jマイケルアルト、テナー)
クラリネット、フルート(いずれもJマイケル)
バイオリン3本(SUZUKI、ハルシュタットV45、バッタモン、弓4本)
チェロ(ハルシュタット)
エレキギター2本、ベース1本、フォークギター(MORIS)、ギタレレ、ウクレレ1本
ブルースハープ3本(C,F、B)
お箏、三線、尺八
リコーダー(ソプラノ3本、アルト2本)
ピアニカ2台、タンバリン、トライアングル、カスタネット、鈴
と、キーボード(YAMAHA)、EMR1(MIDI音源)など、数えたら40ほどの楽器に囲まれております。

とにかく、家族で楽器オタクです。

クラシック、ジャズ、ロック、邦楽(お箏、三味線、民謡、演歌含むw)大好き。

また、大変ガンオタ(ガンダムのみ1年戦争限定)・・・加えて、アニメ全般、どの楽器でもアニメソングを演奏できますデス♪(それが一番楽しかったりして?)

このよーな大変オタッキーな銀猫一家ですが、よろしくお願いいたします。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
過去ログ +

2017年 08月 【2件】
2017年 07月 【2件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【3件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【3件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【15件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【2件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【2件】
2016年 02月 【3件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 03月 【2件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【11件】
2014年 09月 【10件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【4件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【6件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【2件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【4件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【15件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【10件】
2010年 07月 【8件】
2010年 06月 【7件】
2010年 05月 【15件】
2010年 04月 【12件】
2010年 03月 【21件】
2010年 02月 【18件】
2010年 01月 【14件】
2009年 12月 【17件】
2009年 11月 【13件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【13件】
2009年 07月 【20件】
2009年 06月 【17件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【17件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【17件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【18件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【23件】
2008年 07月 【19件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【19件】
2008年 03月 【19件】
2008年 02月 【19件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【22件】
2007年 11月 【19件】
2007年 10月 【23件】
2007年 09月 【21件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【19件】
2007年 06月 【21件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【17件】
2007年 02月 【16件】
2007年 01月 【14件】
2006年 12月 【22件】
2006年 11月 【24件】
2006年 10月 【24件】
2006年 09月 【18件】
2006年 08月 【17件】
2006年 07月 【21件】
2006年 06月 【14件】
2006年 05月 【23件】
2006年 04月 【22件】
2006年 03月 【19件】
2006年 02月 【23件】
2006年 01月 【22件】
2005年 12月 【20件】
2005年 11月 【22件】
2005年 10月 【14件】
2005年 09月 【12件】

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2ブログランキング
覗いてくださってありがとうです。

FC2ブログランキング

このブログを気に入ったらクリックしてね!
リンク
Hyper-BooさんのHP

hyper

国産の古いトランペットを展示・保存・調査研究するマニアのためのデジタル・ミュージアム