BRASS思考でいこう!  

工藤音楽教室講師工藤直子です。上の息子工藤臨は2007年6月の中学3年生からセンチュリーユースオーケストラでトランペットを吹いてきました(2017年就職により退団)。大阪桐蔭高校吹奏楽部を経て、大阪教育大学芸術音楽コース卒業。 現在ヤマハ製造工場、吹奏楽団員として演奏活動頑張っています。下の息子、工藤仁はピアノを弾いています。

指導法、あれこれ。

昨日は、ピアノ教室の空き時間について・・・書いたんだけど・・・。

宣伝・・・というか、「ピアノを教えるという事」について、考え方を書いて見ました。


現在日本には、大手楽器店Y社と、K社が、この業界の大きな範囲を占めている。
で、私の立場としては、所属はY社。

でも、楽器店の「講師」ではなく、「個人」なので、教え方やシステムなどは、全くのオリジナルと言える。

ちなみに、指導法というものについては・・・実のところ、誰にも習った事はない。

私としては・・・オリジナルとはいえ、これまでいろんなテレビや出版物から得た情報から「自分の子供に最高の音楽体験をさせたい」という気持ちから「何をすればいいか」を選んだ・・・・・・。

そして、それを、他の生徒さんたちにも実施しているわけ。

ちなみに・・・今のところ、3年生までに「ベートーベン:エリーゼのために」小学校4年までに「ショパン:子犬のワルツ」、5年で「ショパン:ワルツ7番、ノクターン9-2」、小6でなんとか、「ベートーベン:悲愴1楽章」に取り掛かってもらって、中1で完成に持っていく、というのを、ほぼ全員、実現できている。

そして、なぜそうなるのか?というのは・・・とにかく耳を鍛えることと・・・コードの仕組みが先にありき、のレッスンだから。

私は、ピアノで一番カンタンな調はG♭(Ges)とF♯(Fis)、そして、B(H)。
実はH・・・ロ長調が一番簡単だ、と言った人こそ、ショパンだそうだけど・・・。

もっとも、弾きにくい調こそがCなのだと、実感して思う。まず、コード、スケールを入れていくと、その事が分かる子供が出来るw。

大人の生徒さんに、楽譜でたまに見かける、このコードネームを説明すると、「そんな難しいの・・・」と言われるんだけども、うちに来ている子供たちは、最初からABC見慣れているので、抵抗感も持たないで、さっさと、伴奏付けしてくれる。

で、その経験が、ショパン子犬やら、ベトを弾けることにつながっている。

そして、その感覚から・・・なのだけど、以前にも書いたが、私は「簡単(?)な調に移調された、クラシック曲」というのが、どうにも苦痛w。

というか、Cなんぞに移調するセンスがわからんw。というか、そんなもので練習するのは時間の無駄wwとまで言い切ってしまう。

でも、こういうのも、ほんと、「先生(指導者側)の好みの問題」なんだけどねw。


そして、もうひとつ。
色々考えた上で、どうしても賛同できない「ピアノ演奏の指導」。

それは、ペダルに関すること。
これ、書くのって、かなりタブー?と思いつつ・・・あえて書くw。

「足台なんぞ、要りません」w。
もちろん、補助ペダルも余計なお世話だし、フットペダルもそう。

蛇足ってこのことだと思う。

その理由としては・・・ピアノという楽器の持つ性wwから。
ピアノは、持ち運びするのは困難で、人前で披露するとき、もちろん「マイ楽器」ではない。

そして、この楽器を練習するのは
「ピアノを演奏すること」「上達すること」「音楽を楽しむこと」「そして、誰かに楽しんでもらうこと」。こういった目的のために、時間を使って積み上げていく。

上手くなると、当然、子供時代、学生時代では、学校のピアノで演奏する機会も増える。また、教えている側はそうあって欲しい。

でも、学校でコーラスの伴奏を任されて・・・イザ弾くときに、「私、足台がないといい演奏が出来ないんです」

などと、言うことができるか?

また、何らかの会で・・・ほんと、披露する場面で・・・台がないことで??

そんな事で弾けなくなるのなら、それは実力でもなんでもないw。

また・・・「足が届かないうちにペダルを踏むと体制が崩れていい演奏が出来ない」というのも、大きな間違い。
究極・・・・・・指一本でも、腕一本でも・・・いい演奏が出来るかどうか?音楽が感じられるかどうか?と言う事とは無関係。

「足が届かないのに無理な体勢でペダルを押し、フォームが崩れるのがいけないので、踏まない」なら・・・・・・、出来ない、語れない曲は山ほどある。

むしろ、ペダルがなければ美しく弾けない曲のペダルを、そういう理由でやめるなら、それはその曲の持つ世界を壊している事でしかない。

背が低くとも、素晴らしい楽曲に、できるだけ早い時期から触れて、ピアノを弾く楽しみを理解し、のめりこんでいく。
それが、一番大切なのではないか?

どんな格好で弾いても・・・音が命、すべて。

フォームは確かに、「理にかなっている」からこそ、大切なんだけども・・・バイオリンやら、トランペットなんぞをやっているから、それもよく分かった上でも・・・。

だから、「ピアノと言う楽器の性」と書いた。演奏する場面で、ピアノを工夫するのではなくて、人間が合わせる楽器なのだと。

背が低くても・・・足が短くても、片手しか動かなくても・・・美しく弾ける。だから、余計な台なんぞ要らない。
ましてや、補助ペダルはどれだけ性能が良くても・・・硬かったり、実際のペダルと全く同じコンディションで踏めるものでもない。
それがなければ、上手くならないなんていうのも、大間違い。私らの子供の頃は、そんなもの売ってなかったし、使ってないけど、ちゃんと上手くなってる。

特に、練習者のお宅で買ったりする必要は全くナシ。そんなお金があれば楽譜を買って下さいwと思う。

こういう思いに至ったのには実は理由が色々とあるんだけど・・・一番には、うちのキリン・・・もともと「成長ホルモン分泌不全」で、ホルモン注射をしてきたのだけど・・・小学生の間、もちろん身長順は幼稚園のときから、とにかく1番前。

ジュリが小学校入学のとき、3学年差なので、キリンは4年生・・・なのに、学校の先生に入学児と間違えらたなどというエピソードもある。

で、キリンも中学まではピアノを頑張り続け・・・でも、6年で、ベト悲愴1を弾いていても・・・身長からすると、「足台」を使わねばならない高さだった^^;;。

当然、「絶対嫌だ」。
まぁ、当たり前だなw。もちろん使わせようとも思わなかった。それでも・・・立派に演奏していた。

だから・・・・・・「要らないね」と、思ったわけ。

(ただし。コンクールや発表会などは・・・「見た目」きちんと見える・・・小さい子は特に、足ブラブラにはならないので・・・足台は使うようにしている)


ということで、うちでは、幼稚園の子にも、ガツガツ、ペダルを踏んでもらう。
まず、音の響きの美しさを知ってもらうために、Cの・・・ドミソを教えた後、転回を教える、ミソド、ソドミ、ドミソ・・・。

そして、ピアノの下から、端っこの鍵盤までCを弾いて・・・の倍音の響きを聞いてもらう。
ペダルをしっかり踏みながら。

トライアド(三和音)でアルペジオ、パラリ~ンと流す練習から。

ペダルを踏ませないで、どうやって、この感覚を小さい子供に分かってもらうのか?の方が私にはナゾだ。

うちの教室では・・・こういう練習法で、一生音楽を楽しんでいく土台を作っていきますw。

(この後、6日の記事にも加筆しました)
[ 2009/04/07 23:06 ] ピアノ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター

★History★
2001-5-4 前HP開設

2005-09-09 Fri ブログ開設
2006-09-09
  ★10000hit祝★
2007-04-15
  ★20000hit祝★
2007-10-24
  ★30000hit祝★
2008-02-27
  ★40000hit祝★
2008-06-23
  ★50000hit祝★
2008-10-22
  ★60000hit祝★
2009-02-12
  ★70000hit祝★
2009-05-15
  ★80000hit祝★
2009-09-13
  ★90000hit祝★
2009-12-11
  ★100000hit(^^*)v祝★
2010-09-21
  ★120000hit(^^*)v祝★
ありがとうございます♪
X'mas count down star
プロフィール

工藤 直子

Author:工藤 直子
お互いの顔の見えるお付き合いができる利点で近頃
mixi(「銀のしっぽ」で検索してください)、
ツイッター
facebook
の方に日常のこと、音楽のことをブツブツと書いております。
マイミク、facebook友達登録はお知り合いかメールでからんだ方限定、ツイッターはどしどしフォローお待ちしております。

音楽教室は、4月年度代わりの、5月スタートのところが多いですが、ウチでは、いつでもスタート受け付けています♪
いつもどうすれば「より短時間でより上手くなる」か、「たくさんの曲が弾けるようになる」か、「楽譜ナシで自分で伴奏が出来るようになる」かなどを考えつつ、レッスンしています。

ただし!質の高い音楽をやるからには「楽譜から曲をきちんと解釈すること」は不可欠。ソルフェージュも力を入れます。

※現在のところ、早期開始の全員、「絶対音感」を身に付けてもらっています。

私自身は、きちんとした「訓練」によって付いたものではないのですが、とにかく「便利な能力」。息子達には付けさせるぞ!といくらかの本を買い、実行した結果「完璧な絶対音感」が身につきました。

その実績を生かして、生徒さんにも実践しています。

もちろん、特別な料金など要りません。あくまでも自然に当たり前に、「絶対音感持ち」になります^^。

ただし、これは「8歳までのお子さんまで」に実践しないと、脳の発達上、難しいです。

これが、音楽は早期教育が必要な所以です。

月4回(年間46回)、一回40分レッスンです。

教室空き時間

ピティナ指導会員♪

PEN会員♪

メールフォームからご連絡くだされば、詳細をお知らせします♪
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
グランドピアノYAMAHA C3X、グランドピアノK.KAWAI GM10、KAWAI 電子ピアノCA95、トランペット6本(スパーダ、ヤマハC管YTR-8445S KMV、ストンピ ピッコロトランペット、ヤマハYTR-4335GS、ニッカンコルネット、スワロー、Jマイケル250、ポケトラ)Tpマウスピースは現在15本。
サックス2本(Jマイケルアルト、テナー)
クラリネット、フルート(いずれもJマイケル)
バイオリン3本(SUZUKI、ハルシュタットV45、バッタモン、弓4本)
チェロ(ハルシュタット)
エレキギター2本、ベース1本、フォークギター(MORIS)、ギタレレ、ウクレレ1本
ブルースハープ3本(C,F、B)
お箏、三線、尺八
リコーダー(ソプラノ3本、アルト2本)
ピアニカ2台、タンバリン、トライアングル、カスタネット、鈴
と、キーボード(YAMAHA)、EMR1(MIDI音源)など、数えたら40ほどの楽器に囲まれております。

とにかく、家族で楽器オタクです。

クラシック、ジャズ、ロック、邦楽(お箏、三味線、民謡、演歌含むw)大好き。

また、大変ガンオタ(ガンダムのみ1年戦争限定)・・・加えて、アニメ全般、どの楽器でもアニメソングを演奏できますデス♪(それが一番楽しかったりして?)

このよーな大変オタッキーな銀猫一家ですが、よろしくお願いいたします。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
過去ログ +

2017年 08月 【3件】
2017年 07月 【2件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【3件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【3件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【15件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【2件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【2件】
2016年 02月 【3件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 03月 【2件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【11件】
2014年 09月 【10件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【4件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【6件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【2件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【4件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【15件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【10件】
2010年 07月 【8件】
2010年 06月 【7件】
2010年 05月 【15件】
2010年 04月 【12件】
2010年 03月 【21件】
2010年 02月 【18件】
2010年 01月 【14件】
2009年 12月 【17件】
2009年 11月 【13件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【13件】
2009年 07月 【20件】
2009年 06月 【17件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【17件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【17件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【18件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【23件】
2008年 07月 【19件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【19件】
2008年 03月 【19件】
2008年 02月 【19件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【22件】
2007年 11月 【19件】
2007年 10月 【23件】
2007年 09月 【21件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【19件】
2007年 06月 【21件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【17件】
2007年 02月 【16件】
2007年 01月 【14件】
2006年 12月 【22件】
2006年 11月 【24件】
2006年 10月 【24件】
2006年 09月 【18件】
2006年 08月 【17件】
2006年 07月 【21件】
2006年 06月 【14件】
2006年 05月 【23件】
2006年 04月 【22件】
2006年 03月 【19件】
2006年 02月 【23件】
2006年 01月 【22件】
2005年 12月 【20件】
2005年 11月 【22件】
2005年 10月 【14件】
2005年 09月 【12件】

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2ブログランキング
覗いてくださってありがとうです。

FC2ブログランキング

このブログを気に入ったらクリックしてね!
リンク
Hyper-BooさんのHP

hyper

国産の古いトランペットを展示・保存・調査研究するマニアのためのデジタル・ミュージアム