BRASS思考でいこう!  

工藤音楽教室講師工藤直子です。上の息子工藤臨は2007年6月の中学3年生からセンチュリーユースオーケストラでトランペットを吹いてきました(2017年就職により退団)。大阪桐蔭高校吹奏楽部を経て、大阪教育大学芸術音楽コース卒業。 現在ヤマハ製造工場、吹奏楽団員として演奏活動頑張っています。下の息子、工藤仁はピアノを弾いています。

ピアノのこと。

「のだめカンタービレ」がドラマになり、一大センセーションを起こして・・・。

クラシックのCDも出され・・・また漫画上でも、千秋の成長を通してオーケストラの魅力も語られてきたけれど。

ココに至って・・・あれって・・・クラシック、オーケストラの公演はその後いろいろ幅も裾野も広がった気もするけど、意外と、ピアノ界に与えた影響は・・・オケほどではないかもしれない。

と思う。

と言うのも・・・うちにピアノを習いに来ている子達・・・低学年層は特に・・・のだめを知らないw。
うちの漫画を、生徒さんママには読んでもらいたいので、貸し出しているんだけど・・・小学校1年生なんかには、やっぱりまだまだ難しい漫画。

また・・・やっぱり、ある程度出てきた楽曲を聴いたことがないと???なことも多い。子供に教えていて思う・・・し、自分自身でも思う。
「そんなに多くの曲を知らない」

いまだに、私なんてほんと、まだまだ知っている曲の幅は狭い。オケや吹奏を加えるとソコソコかもだけど、「ピアノ曲」としては・・・。
やっぱり、こういう部分も「子供の頃からの積み上げ」が大事なんだね。

ちなみに、うちの息子たちの聞いている曲数は、この年の子供に比べると遥かに膨大である」と言い切れるw。
しかも、サラリと耳にする、ではなくて、きちんと聞き込んでいるw。

特にピアノ曲は・・・私がノロノロから完成間近まで、日常的に弾いているので。

やっぱり、音楽は・・・ただ、聴くよりも自分で演奏してみて、初めて分かってくるコトが物凄くある。で、その分かっていく過程を・・・横で聞きつつ・・・自分で弾き始める頃には、解釈出来上がってるwカンジ。

そんな環境で・・・「のだめ」を読んだ息子たち。・・・で、ようやく、ピンと来る部分も多い、ピアノの世界。

「のだめ」で・・・ピアノ界が活性化されなかった原因、それは・・・実はのだめの、超人度にあったと思う。
「耳で聞いて、それをすぐに再現する」

それ自体は、まぁ、本当は多くのピアノ弾きは・・・できる。完成度の差は大きくても・・・実は絶対音感モチなんていくらでもいる。でも・・・その能力を以ってしても・・・のだめが小さい頃にひいたと言う設定の「ショパンエチュード10-4はナイやろ!wと思う。

いや・・・あれなぁ・・・楽譜見ないからこそ弾けるのかもしれんけど。

と、今頃書いているのは、取り組んでいるからデス。今更ながら。

いや、スピードはまったくないけどね。
最後まで通すと、「ショパン氏ね!」と・・・いや、もう生きてないし!

こんなもん・・・こんなもん子供の頃弾くヤツは、確かにあそこまでいけるんだろうね?つーか、一体何歳で弾いた設定になってるんだろう?つーか、実際、あれを弾いた最年少記録を見てみたい。

このところ、ベートーベンのソナタを死ぬまでに攻略してやろうと思ってたりするんだけど、たびたび「ベト氏ねや!」と叫びたくなるw。もしくは楽譜に向かって
「おまい、絶対才能ないから!!」
と・・・w。

いあ、実際取り組んだ人は、こう言いたくなる気分に何度も陥らされると思うわけで。

・・・もちろん、「氏ねや!」というのは額面どおりに受け取らないでねw。最高の賛辞なんです、実は。
いや、でも、執拗に繰り返されるイジメのようなパッセージや、いけてない調移動や変奏曲に出会うと、叫んじゃってるかぁ?


そうだ・・・書こうと思ってたことを思い出した。

昨日の発表会でも・・・何曲かあったんだけど・・・。
私は「アレンジ譜」が、きっぱり、嫌い。

一番許せないのが、「簡単ヴァージョン」にしたもの。特に、移調されているもの。こういうの・・・どーして平気で出来るのか、わからないw。

ピアノだけのことでもない。吹奏楽を聞き込むと・・・なぜ、アレンジ譜がイヤなのか、分かる人は多くなると・・・思う。

ただし、吹奏の世界においては・・・どうしても、大きく表現を変えなければいけない事情もあり、また、神編曲になる可能性もある・・・オケ曲の吹奏化・・・。

原点を書けばオーケストラには、弦セクション、バイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバスがあり、メロディの多くをそれが形作るのに対し、吹奏は「管」が中心。弦はコンバスのみ。

と言うことで、弦セクを管に置き換え、でも、それならではの強さや、躍動感やらが出せる場合もある。

しかーし。
「ピアノとは、一人オーケストラといわれる楽器である。ひとつの楽器の中に、バス、テナー、アルト、ソプラノが存在している」と言われる楽器。

だからといって・・・ピアノの音質で、バイオリンの流れやら、トランペットの爆発やら、ましてやドラムの代わりなんて出来ない。

だから・・・オケ曲のピアノヴァージョンのほとんどは・・・弾くと、聞くと、なんか凹んでしまう。
もちろん、例外も色々とあるけど。

そして、もっとも許せないのが、ピアノの難曲を、カンタン調になおしてあるもの。
移調したものを練習して、なーにーがー分かるちゅうの!!と・・・。

というか、一番・・・とくに子供にはさせたくないし、それが「イイコト」と思う子供にしたくない。
「なぜ、この調なのか」
「なぜ、ダブルシャープなのか、ダブルフラットなのか」
「なぜ、この音形なのか」
感じられない子供にしては、いけない。また・・・音程のズレが聞き分けられないとか・・・うなり、響きが聞けないとか・・・そういうナンセンスさが分からない子供にしてはいけない、のと同じくらいのレベルで・・・。

小さい子供を預かるからこそ、ちゃんと考えなくちゃいけないコトじゃないのかなぁ?などとね。

アレンジ譜を使うとき・・・がたとえ、あったとしても、トコトン「どうしてココを変えてあるのか?」「原曲と何が違うのか」をきちんと追求した上でなら・・・OKというかしらん?
[ 2009/03/09 23:05 ] ピアノ | TB(-) | CM(4)
のだめ
今日の発行分から連載再開ですね
まだ読んでないけど、ショパンのピアコン1番、のだめが弾いたらどんな風になるのかな~と想像して楽しんでます。

のだめ、確かに高学年の子たちには影響大でしたけど、幼稚園児たちもたくさん知ってますよ。
もちろんマンガよりドラマからですけど。
ドラマの影響はすっごく大きくて、あれからみんなのだめちゃんバッグを持ってレッスンに通ってます。

私は録画したドラマをDVDに落として、それを教室で貸し出してます。
去年は、モーツアルトの2台のピアノソナタを発表会で弾いた生徒がいました。

[ 2009/03/10 11:45 ] [ 編集 ]
NoTitle
連載再開
(^。^)オメデト∠※ポン!。・:*:・゜'★,。・:*:♪・゜'☆ミ
ですね~。やっぱり、作者さんもママさんになり・・・のだめが、結婚し、出産した後にどんな演奏活動になっていくのか?などという先までw続いて欲しいというか、ほんと、見てみたいものですw。

当然・・・やっぱり、世界の演奏家は、孤独な人生が待っている、音楽と結婚する・・・というのではなくて^^;。

公式サイトBBSや、mixiなんかでも散々こういった会話やりとりがあって、今更トークですが^^;。

ドラマ貸し出ししてますか~。私も撮っておけばよかった~。また再放送してほしいなぁ。
というか、ほんと、3年ごとくらいに・・・wクラシック界を活性化させるためにも☆。
[ 2009/03/10 13:52 ] [ 編集 ]
春、ですね
発表会、お疲れ様でした。ブログからも伝わってきますが、
生徒さんたちにも(銀猫さんにも)得るものが多かった演奏会
の様でなによりです。

話は変わりますが、私の母(齢70弱・田舎で年金暮らし)が
アップライトピアノを購入、習い始めているらしい!本人曰く
「何十年も前から弾きたかった」そうです。しらんかった・・・。
私も20年ぶりにラッパ吹いてみよっかなw
[ 2009/03/11 00:08 ] [ 編集 ]
NoTitle
>YTR-739Tさん

うちにも、70歳以上の生徒さんが、3人いました。お一人はまだ、練習意欲を持っているけど諸事情でお休み中ですが。

シルバーの生徒さんには・・・童謡、唱歌はもちろんですが、昭和42年生まれのw世代として、なんとか、演歌や美空ひばりさんの数々の名曲をコードをつけて、弾けるようにまで、持っていけたりしています。

また、口ずさんでもらった「軍歌」まで・・・音を拾って楽譜にしたりしました。
私らが、その感覚や、意味が・・・ギリギリ分かる世代かもなぁ・・・と思いつつ。

で、レッスン中、やっぱり出る言葉が
「今頃からやっても・・・」
「先生はやっぱり、お上手に弾かれる、私なんて・・・」

でもそのたびに・・・やっぱり言うのです。
「私がいくら、うまく弾けても、○○さんが弾くのとは、意味も味わいも全く違うんですよ」と。
そして私自身が・・・一番感じている事でもあります。

上手い人はいくらでもいても・・・自分が、弾いている瞬間が一番その音楽を楽しんでいる、浸れているんだと・・・。

そして、クラシック、ジャズ、ロック、ポップス・・・音楽にはいろんなジャンルと時代があるけど、どれが「心に響くのか」は、本当に人それぞれなんだと・・・。だからこそ、そういった年齢になっても、「自分が演奏する」してこその楽しみが、あるのかもしれないとか思ったりします。

ついつい、クラシックとジャンル分けされちゃう音楽にばかり、文章を書いてしまいますが、今日は久々にレッドツェッペリンなんぞをタップリ聞いて、考えたりしますw。
[ 2009/03/11 00:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター

★History★
2001-5-4 前HP開設

2005-09-09 Fri ブログ開設
2006-09-09
  ★10000hit祝★
2007-04-15
  ★20000hit祝★
2007-10-24
  ★30000hit祝★
2008-02-27
  ★40000hit祝★
2008-06-23
  ★50000hit祝★
2008-10-22
  ★60000hit祝★
2009-02-12
  ★70000hit祝★
2009-05-15
  ★80000hit祝★
2009-09-13
  ★90000hit祝★
2009-12-11
  ★100000hit(^^*)v祝★
2010-09-21
  ★120000hit(^^*)v祝★
ありがとうございます♪
X'mas count down star
プロフィール

工藤 直子

Author:工藤 直子
お互いの顔の見えるお付き合いができる利点で近頃
mixi(「銀のしっぽ」で検索してください)、
ツイッター
facebook
の方に日常のこと、音楽のことをブツブツと書いております。
マイミク、facebook友達登録はお知り合いかメールでからんだ方限定、ツイッターはどしどしフォローお待ちしております。

音楽教室は、4月年度代わりの、5月スタートのところが多いですが、ウチでは、いつでもスタート受け付けています♪
いつもどうすれば「より短時間でより上手くなる」か、「たくさんの曲が弾けるようになる」か、「楽譜ナシで自分で伴奏が出来るようになる」かなどを考えつつ、レッスンしています。

ただし!質の高い音楽をやるからには「楽譜から曲をきちんと解釈すること」は不可欠。ソルフェージュも力を入れます。

※現在のところ、早期開始の全員、「絶対音感」を身に付けてもらっています。

私自身は、きちんとした「訓練」によって付いたものではないのですが、とにかく「便利な能力」。息子達には付けさせるぞ!といくらかの本を買い、実行した結果「完璧な絶対音感」が身につきました。

その実績を生かして、生徒さんにも実践しています。

もちろん、特別な料金など要りません。あくまでも自然に当たり前に、「絶対音感持ち」になります^^。

ただし、これは「8歳までのお子さんまで」に実践しないと、脳の発達上、難しいです。

これが、音楽は早期教育が必要な所以です。

月4回(年間46回)、一回40分レッスンです。

教室空き時間

ピティナ指導会員♪

PEN会員♪

メールフォームからご連絡くだされば、詳細をお知らせします♪
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
グランドピアノYAMAHA C3X、グランドピアノK.KAWAI GM10、KAWAI 電子ピアノCA95、トランペット6本(スパーダ、ヤマハC管YTR-8445S KMV、ストンピ ピッコロトランペット、ヤマハYTR-4335GS、ニッカンコルネット、スワロー、Jマイケル250、ポケトラ)Tpマウスピースは現在15本。
サックス2本(Jマイケルアルト、テナー)
クラリネット、フルート(いずれもJマイケル)
バイオリン3本(SUZUKI、ハルシュタットV45、バッタモン、弓4本)
チェロ(ハルシュタット)
エレキギター2本、ベース1本、フォークギター(MORIS)、ギタレレ、ウクレレ1本
ブルースハープ3本(C,F、B)
お箏、三線、尺八
リコーダー(ソプラノ3本、アルト2本)
ピアニカ2台、タンバリン、トライアングル、カスタネット、鈴
と、キーボード(YAMAHA)、EMR1(MIDI音源)など、数えたら40ほどの楽器に囲まれております。

とにかく、家族で楽器オタクです。

クラシック、ジャズ、ロック、邦楽(お箏、三味線、民謡、演歌含むw)大好き。

また、大変ガンオタ(ガンダムのみ1年戦争限定)・・・加えて、アニメ全般、どの楽器でもアニメソングを演奏できますデス♪(それが一番楽しかったりして?)

このよーな大変オタッキーな銀猫一家ですが、よろしくお願いいたします。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
過去ログ +

2017年 07月 【2件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【3件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【3件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【15件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【2件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【2件】
2016年 02月 【3件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 03月 【2件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【11件】
2014年 09月 【10件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【4件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【6件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【2件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【4件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【15件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【10件】
2010年 07月 【8件】
2010年 06月 【7件】
2010年 05月 【15件】
2010年 04月 【12件】
2010年 03月 【21件】
2010年 02月 【18件】
2010年 01月 【14件】
2009年 12月 【17件】
2009年 11月 【13件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【13件】
2009年 07月 【20件】
2009年 06月 【17件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【17件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【17件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【18件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【23件】
2008年 07月 【19件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【19件】
2008年 03月 【19件】
2008年 02月 【19件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【22件】
2007年 11月 【19件】
2007年 10月 【23件】
2007年 09月 【21件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【19件】
2007年 06月 【21件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【17件】
2007年 02月 【16件】
2007年 01月 【14件】
2006年 12月 【22件】
2006年 11月 【24件】
2006年 10月 【24件】
2006年 09月 【18件】
2006年 08月 【17件】
2006年 07月 【21件】
2006年 06月 【14件】
2006年 05月 【23件】
2006年 04月 【22件】
2006年 03月 【19件】
2006年 02月 【23件】
2006年 01月 【22件】
2005年 12月 【20件】
2005年 11月 【22件】
2005年 10月 【14件】
2005年 09月 【12件】

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2ブログランキング
覗いてくださってありがとうです。

FC2ブログランキング

このブログを気に入ったらクリックしてね!
リンク
Hyper-BooさんのHP

hyper

国産の古いトランペットを展示・保存・調査研究するマニアのためのデジタル・ミュージアム