BRASS思考でいこう!  

工藤音楽教室講師工藤直子です。上の息子工藤臨は2007年6月の中学3年生からセンチュリーユースオーケストラでトランペットを吹いてきました(2017年就職により退団)。大阪桐蔭高校吹奏楽部を経て、大阪教育大学芸術音楽コース卒業。 現在ヤマハ製造工場、吹奏楽団員として演奏活動頑張っています。下の息子、工藤仁はピアノを弾いています。

演奏会。/人権週間記念行事。

阿倍野区民センターで、人権週間記念行事である、中学生人権作文コンクールの表彰式と一緒に、兄ちゃんの高校の演奏会があるとのことで、ジュリも一緒に行った。

「ダンス・セレブレーション」の後、今年の吹連のコンクール曲「ローマの祭り」。これ、実は舞台を聞くのが、これが始めてだったりする。おおおお~という演奏。
バンダ付(舞台以外に両袖に金管を配置)だとこうなるのかー。しかも、普段聴いてたのはオケヴァージョン、吹奏だとこうなるのかぁーという感じ。

その後、全員で・・・サンタの衣装でのサンタメドレー。
これ・・・全員が舞台でそろうと、ずっごいかわいいw。なんだか、高校生たちというより・・・ピクミンか何かがワラワラとwという感じ。
とても華やかで楽しい舞台。舞台下で、「箱串刺しマジック」もあった。これ、帰ってきてキリンに仕掛けを聞いたらまた、びっくりwww。

あえて、「種」「仕掛け」は書かないけれど(「マジック」のネタばらしはダメ?w)といいつつ、まぁ、聞いて「まぁ、それしかないだろww」と笑ったわけだけど。

そして、「GReeeN/キセキ」「アンジェラアキ/手紙」
「手紙」は、数名のバンドと、合唱だった。合唱は・・・もう一歩、歌側の音量があるほうがいいんじゃないだろうか?歌詞が聞き取りにくい。
さすがに音程はいい人ばかりだが・・・。エンターテーメントとしては、数名でも「アンジェラアキのように」歌える人が、マイクを持ってとかの方がいいのかも。

この合唱交えた吹奏の舞台ってどこのでも思うんだよねぇ。なんか「ダサイ」。
つか、元曲を聴いたときの感じは出せない。

たとえば・・・海外の吹奏団体が突如、・・・ビートルズを「合唱」しだしたら、どうか?(例に挙げる曲が思いつかないよ)
どちらかといえば、合唱するならベートーベンの「第9」あたりを、の方がいいんじゃないだろうか?
などと思ったり。ゴスペルでもいいかも。

でもまー海外じゃ、音楽はキリスト教と結びついていて、そしてクリスマス。信仰ももたない日本人がクリスマスだからゴスペル合唱、てのも、本来変な事なのかも知れないけど。
ま、しかも、今回は「人権集会」だしねぇ・・・。ま、追求し始めると、何も出来なくなりそう?

そして最後に「翼をください」で終了。これは手話をしながらの演奏。
「手話が必要な人に・・・楽器演奏の舞台」がどうなのか?などと言うことも、また難しい問題なのだが、まぁ、その会場にどのような人が来ていたのかは不明だけど・・・。

聞こえない人の中にも、先天的に難聴の人もいれば、中途難聴(もともとは聞こえていたが、病気で聞こえなくなった)の人なんかもいるとすれば、この演奏と手話、も意味があるのかも。

まぁ、それに、健常者にとっても、手話で表現することを「特別なことではない」という感覚を持ってもらうための啓発と言う意味はあるのかも。

私個人的には、英語を、フランス語を話せるようになりたいのと同じように、手話も覚えたい、という気持ちはあるなぁ。ただ、使うことが日常にないので・・・取り組んではいないけど。


この会の中で・・・顧問のU先生からも聞かれた「人と人との違いを認め合える社会」と言う言葉があったけど・・・。
受賞した中学生高校生の作文の中にも、「いじめ」が主なテーマで、「人権」について書かれていたけれど・・・。
どうしても、私の頭からは・・・吹奏楽の演奏会でもあったこともあり、「ジュリのこと」が離れなかった。

「人と人との違いを『認め合える』」って・・・・・・・・どういう事なのか。
認め合えれば・・・いじめはなくなるのか?

認める、と言うことは、「その『違い』をいじめる対象にしない」から、なくなるのか。

なんかね、中高生、学生の受賞作文の中にも「それは、違うんじゃ?」と思えることがいくつかあったし、つまり、それを評価した「大人」こそが、「いじめ」という現象をそう、捉えているんだな、と思う。

その「違うんじゃないだろうか」の、最たる部分をひとつ、書いておく。
「いじめとは、中学生高校生、子供の世界だけのことじゃない」。

大人の世界の「いじめ」の方が余程深刻なことは、どう思っているんだろう?実際自殺者、年間3万人と言う中に、大人・・・20歳以上と、未成年の、どちらの比率が高い?

自分の中の「劣っている人間と自分が設定した人間に対して、『個性と認める』ことが出来ない大人」が、子供にそれをやれ、と言ったところで、何の説得力もあるわけがない。

実際、本当に理解し合わなければならないのは、子供を育てる「親」であり、「学校の先生」だ。もちろん、そのことに気が付き、取り組んでいる先生方も増えていることで、いい方向に向かいつつある。
でも・・・全部がそうなのでもない。

大人が、「人をいじめる心理」を「理解」し、「本当に認め合える世界」が実現できないから、「いじめはなくならない」とまず、諦めている。そして、無理やり「建前」的に、子供に「いじめはいけない」と説く。

でも、先生自身が理解していないので、「いじめている側」を「逆いじめ」する先生、なんて事態まで生まれる。
そこで・・・「いじめる側」になった「先生、もしくは大人」は言うだろう。

「いじめは、『いじめられる側』にも原因がある」

ここだ。これ・・・どうしても、この事の矛盾を言いたくなる。
私には「いじめられる側に原因があると言うのはおかしい」と言う考えには、首肯できない。
うちの子が、どうしても「いじめられる側」であるからこそ。

なんらかの原因、発端はある。
みんな、迷惑だなと感じることや、この人いやだな、と感じることはある。直して欲しい、と思うことも。
ただ、その方法として「いじめる」ことがおかしいのであって、改善や努力を求めたい、ことは当たり前の流れだ。

だから、「いじめられた側に何の問題も、責任もない」と頭ごなしに決め付けることは、根本的解決には繋がらない。

「相手の個性を認める」のは、片側だけじゃなく、双方向でないといけない。ハンデを持っている側も、なぜ、自分がそのような立場になったのかを、「人のせい」だけにするのではなく、自分自身も出来る限りの努力をしている、と分かってもらえさえすれば、そのハンデは逆に、素晴らしい人間関係を築いていけるきっかけになるかもしれない。

もちろん「ハンディキャップ」にもいろいろある。身体が不自由なこともあれば、うちの子みたいに発達、言動、行動に問題がある場合もある。だから、一概に「障害」とはくくれない。

しかも・・・いじめの中には「差別」という問題ももちろん含まれていて、そこには「人種、国」によるもの、「性差」によるもの、様々ある。

けれど、みんな人間として、生きていく上で「自尊心」、自分は、大切な唯一の人間であり、誰にも蔑ろにされるものではない、という気持ちを持って、生きがいを持って生きている。
それは確かだ。

自分に自尊心があるのと同じように、他人にもそれぞれ自尊心があると、大人自身が認め合えてこそ、社会のいじめも、学校でのいじめも減らしていけるんじゃないの?と思う。

はん、でも、書きながらも・・・まるで、見えない人の汚さに向かって、綺麗事で塗りなさいよ!と言っているようで半分虚しいw。と自分の汚さを塗り固めつつ・・・。
[ 2008/12/14 23:12 ] 吹奏楽 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセスカウンター

★History★
2001-5-4 前HP開設

2005-09-09 Fri ブログ開設
2006-09-09
  ★10000hit祝★
2007-04-15
  ★20000hit祝★
2007-10-24
  ★30000hit祝★
2008-02-27
  ★40000hit祝★
2008-06-23
  ★50000hit祝★
2008-10-22
  ★60000hit祝★
2009-02-12
  ★70000hit祝★
2009-05-15
  ★80000hit祝★
2009-09-13
  ★90000hit祝★
2009-12-11
  ★100000hit(^^*)v祝★
2010-09-21
  ★120000hit(^^*)v祝★
ありがとうございます♪
X'mas count down star
プロフィール

工藤 直子

Author:工藤 直子
お互いの顔の見えるお付き合いができる利点で近頃
mixi(「銀のしっぽ」で検索してください)、
ツイッター
facebook
の方に日常のこと、音楽のことをブツブツと書いております。
マイミク、facebook友達登録はお知り合いかメールでからんだ方限定、ツイッターはどしどしフォローお待ちしております。

音楽教室は、4月年度代わりの、5月スタートのところが多いですが、ウチでは、いつでもスタート受け付けています♪
いつもどうすれば「より短時間でより上手くなる」か、「たくさんの曲が弾けるようになる」か、「楽譜ナシで自分で伴奏が出来るようになる」かなどを考えつつ、レッスンしています。

ただし!質の高い音楽をやるからには「楽譜から曲をきちんと解釈すること」は不可欠。ソルフェージュも力を入れます。

※現在のところ、早期開始の全員、「絶対音感」を身に付けてもらっています。

私自身は、きちんとした「訓練」によって付いたものではないのですが、とにかく「便利な能力」。息子達には付けさせるぞ!といくらかの本を買い、実行した結果「完璧な絶対音感」が身につきました。

その実績を生かして、生徒さんにも実践しています。

もちろん、特別な料金など要りません。あくまでも自然に当たり前に、「絶対音感持ち」になります^^。

ただし、これは「8歳までのお子さんまで」に実践しないと、脳の発達上、難しいです。

これが、音楽は早期教育が必要な所以です。

月4回(年間46回)、一回40分レッスンです。

教室空き時間

ピティナ指導会員♪

PEN会員♪

メールフォームからご連絡くだされば、詳細をお知らせします♪
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
グランドピアノYAMAHA C3X、グランドピアノK.KAWAI GM10、KAWAI 電子ピアノCA95、トランペット6本(スパーダ、ヤマハC管YTR-8445S KMV、ストンピ ピッコロトランペット、ヤマハYTR-4335GS、ニッカンコルネット、スワロー、Jマイケル250、ポケトラ)Tpマウスピースは現在15本。
サックス2本(Jマイケルアルト、テナー)
クラリネット、フルート(いずれもJマイケル)
バイオリン3本(SUZUKI、ハルシュタットV45、バッタモン、弓4本)
チェロ(ハルシュタット)
エレキギター2本、ベース1本、フォークギター(MORIS)、ギタレレ、ウクレレ1本
ブルースハープ3本(C,F、B)
お箏、三線、尺八
リコーダー(ソプラノ3本、アルト2本)
ピアニカ2台、タンバリン、トライアングル、カスタネット、鈴
と、キーボード(YAMAHA)、EMR1(MIDI音源)など、数えたら40ほどの楽器に囲まれております。

とにかく、家族で楽器オタクです。

クラシック、ジャズ、ロック、邦楽(お箏、三味線、民謡、演歌含むw)大好き。

また、大変ガンオタ(ガンダムのみ1年戦争限定)・・・加えて、アニメ全般、どの楽器でもアニメソングを演奏できますデス♪(それが一番楽しかったりして?)

このよーな大変オタッキーな銀猫一家ですが、よろしくお願いいたします。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
過去ログ +

2017年 08月 【3件】
2017年 07月 【2件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【3件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【3件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【15件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【2件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【2件】
2016年 02月 【3件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 03月 【2件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【11件】
2014年 09月 【10件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【4件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【6件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【2件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【4件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【15件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【10件】
2010年 07月 【8件】
2010年 06月 【7件】
2010年 05月 【15件】
2010年 04月 【12件】
2010年 03月 【21件】
2010年 02月 【18件】
2010年 01月 【14件】
2009年 12月 【17件】
2009年 11月 【13件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【13件】
2009年 07月 【20件】
2009年 06月 【17件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【17件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【17件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【18件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【23件】
2008年 07月 【19件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【19件】
2008年 03月 【19件】
2008年 02月 【19件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【22件】
2007年 11月 【19件】
2007年 10月 【23件】
2007年 09月 【21件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【19件】
2007年 06月 【21件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【17件】
2007年 02月 【16件】
2007年 01月 【14件】
2006年 12月 【22件】
2006年 11月 【24件】
2006年 10月 【24件】
2006年 09月 【18件】
2006年 08月 【17件】
2006年 07月 【21件】
2006年 06月 【14件】
2006年 05月 【23件】
2006年 04月 【22件】
2006年 03月 【19件】
2006年 02月 【23件】
2006年 01月 【22件】
2005年 12月 【20件】
2005年 11月 【22件】
2005年 10月 【14件】
2005年 09月 【12件】

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2ブログランキング
覗いてくださってありがとうです。

FC2ブログランキング

このブログを気に入ったらクリックしてね!
リンク
Hyper-BooさんのHP

hyper

国産の古いトランペットを展示・保存・調査研究するマニアのためのデジタル・ミュージアム