BRASS思考でいこう!  

工藤音楽教室講師工藤直子です。上の息子工藤臨は2007年6月の中学3年生からセンチュリーユースオーケストラでトランペットを吹いてきました(2017年就職により退団)。大阪桐蔭高校吹奏楽部を経て、大阪教育大学芸術音楽コースで学んだトランペット奏者。下の息子、工藤仁はピアノを弾いています。

星空コンサート☆2008

連日、コンクール・・・コンクール。
なかなか、息つく暇もない。

そして、今日は、いよいよ、センリュリーユースオーケストラの公演日、星空コンサート。

ギリギリまで、お天気が不安定で、2,3滴の雨粒。
それでも、開催が決定し、時間通りに野外ステージへ。

いつもながら、真ん中席をゲットw。

曲目は
・J.シュトラウスII:喜歌劇「こうもり」序曲(ユースオケ単独演奏)
・ヨ-ゼフ・シュトラウス:ワルツ「天体の音楽」
・チャイコフスキー:バレエ「白鳥の湖」より (共演:法村友井バレエ団)
  1. 情景(演奏のみ)  2. 四羽の白鳥の踊り
   3. ナポリの踊り   4. スペインの踊り
・クイズ&トーク・コーナー
・ハチャトゥリアン:バレエ組曲「ガイーヌ」より(ユース+センチュリー合同)
   剣の舞/子守唄/レズギンカ

センチュリー2008
おじいちゃん、おばあちゃんも見に来てくれた。
開演前、待ち時間になんだか、前の通路がガヤガヤとなり、カメラマンが・・・何台か・・・。
ん?なんか・・・舞台の撮影には多いなー、しかも、パシャパシャ、フラッシュがコッチに向けて・・・。
と思っていると、そこには、橋下府知事の姿が!
わぁっ、と気付いた周りの人たちから、声が上がり、沢山の携帯を構えた人だかりがいっぺんに出来た。
会釈してから、ウチの家族の4列前に座られ、旦那もその姿をカメラに収めたw。

大阪センチュリーオーケストラと、橋下府知事のさまざまな話題は、ニュースで報じられている通り。
しかし、今日、その姿を見て・・・。
本当に、「オーケストラがつぶれても、どうでもいい」のならば、この場所には来るわけがないだろう・・・。やはり、ご自分の目で見て、聞いて、理解したいし理解して欲しいという気持ちがある事を、示して下さったのだと思う。

本当に、クラシック文化が、彼自身「好き、大切」と思っての事ではないにしても、舞台を見る後姿を間近に見つつ、誠意がないわけじゃない、とは思った。

ウチの運命は、この人に左右される・・・。オーケストラ存続の件も、また、私学助成金の件でも。
下手したら、やはり資金不足で来年、公立高校を受験し直す、なんて選択肢もあるのだから。
しかも、ユースオケという、舞台も失うなんて事になったら・・・。

ウチは昨年年収570万、今年も600万には届かない。そして住宅ローン1300万も抱えている・・・要するに私学助成をナシにされたら、私学に通わせることを断念するかもしれない・・・まさに橋下氏の言った「分不相応」の世帯なのだから。

それでも、音楽家、演奏家の夢を持ち、国立の芸大を目指し、今考えられる最大の努力と勉強と練習の出来る学校へ進んだつもり。

どうか、その程度の水準の家庭でも、努力と、能力を付ければ「夢は叶う」と思わせて下さい・・・本当に「分不相応」で、子供がつぶれるのは悲しい・・・。


余談はさておき、気を取り直して(;^ω^)。
肝心の演奏に付いては、「ガイーヌ」の剣は、さすが、上手くいったと思う。躍動感にもあふれていた。しかし、「レズギンカ」は、すこし、不満が残った。
出だしから、テッテテレテという、細かい刻みが明確に浮き出てこない。
はっきりしない。特に弦。
その粒の揃い方で、超技巧を感じるはずなのに・・・。

中ほど以降、金管が出て、迫力も増し・・・でも、ワクワクドキドキまではいかなかった。ちと残念・・・。
(なお、身内が参加している、とはいえ、・・・だからこそ何もかも賛美という気でレビューを書く気はありませんデス。だからこそ、「素晴らしい!」と書いている時、真実味が生まれると思っているので)
アンコールのラデッキーは、小田野先生は会場に向けても指揮をされ、拍手で参加♪
こういう趣向は、やっぱり楽しい。

最後まで、雨は結局降り出さず、恵まれたことだったし、とても楽しい夜になった。

なお、この星空コンサートは明日も開催され、明日はキリンはノリ番じゃない。
が、学校に行き、状況次第でまた演奏を聴きに来れるかも、とのこと。
明日の曲目は
第二夜 31日(日)
・J.シュトラウスII:ポルカ「観光列車」
・J.シュトラウスII:ワルツ「美しく青きドナウ」
・ドヴォルザーク:スラブ舞曲 から
・指揮者コーナー
・チャイコフスキー:バレエ「くるみ割り人形」より(共演:法村友井バレエ団)
  1. 小組曲(演奏のみ)  2. 中国の踊り
  3.. 葦笛の踊り 4.トレパック
・ハチャトゥリアン:バレエ組曲「ガイーヌ」より(ユース+センチュリー合同)
   剣の舞/子守唄/レズギンカ

明日のノリ番の皆様、センチュリー本オケの皆様、頑張って素敵な演奏を期待しております。


大阪国際コンクール、ファイナルで、1位もしくは審査員の推薦が取れれば、ガラコンサート、グランドファイナルの出場権が得られる。
なかなか、入賞は難しいことかもしれないが、もし、ガラコンサートに出れれば、その中には「大阪府知事賞」というのもある。
今日お姿を見たこともあるし・・・目指せ「府知事賞」!!なんぞと無謀な目標を立ててみたりしてwww。
いあ、今は夢見る時間ですから~♪
24時間テレビを見つつ・・・ネットを見ていると、30日の星空コンサートの件が、ニュースになっていた。
その中で、演奏を見た感想に
「子供が走り回るなんて・・・大阪の教育の現われ」
という発言があったそうだ。

それは非常に残念な言葉だ。

それに、「音楽を聞く」という事にも・・・誤解があるからそういう発言になるんだと思う。
ちなみに・・・私が思うに、クラシック音楽を聞いていて、静かに、きちんと座って聞くというのは、「黙らされて」そうしているのではなく「聞く事に集中したいから」そうなるもの。
また、他の人のそういう気持ちを邪魔してはいけない、と思うからこそ、静かにする。
それは、「子供を座らせる」教育じゃない。
「聞く気持ちを作る、楽しむ心を育てる」のが教育だと思う・・・が、どうも橋下さんの言い方は、それを指しているようには思えない。

じっとして、音楽を聞く、聞きたいと思うまでには、子供はまず、その機会をたくさん得なければいけない。
でも、子供に限らず、大人にでも「聞きたい」と思うには、それが心に入ってきてから、だと思う。
ちなみに、私自身も、こうしてピアノを教えたり、息子はオケ、吹奏楽をやり・・・。
それでも、「自分の心に入ってこない音楽」は雑音(とまで言うかww)でしかなかったり、音の一つ一つを聞こうという気にならない、そんな気持ちは今でもある。

また、どうして聞く気にならないか、も結構分かっている・・・聞く気になった音楽の事を考えると、その道筋が分かるので・・・。

多くは一回聞いただけででは、よく分からない。何度か聞くうちに・・・である。

だからこのコンサートは、まず、まだ音楽に心頭するまでの人にも、無料で気軽に触れてもらうためのものだと思う。
センチュリー交響楽団の方々も、その点を説明したのだろうか?

確かに、演奏者の誰も、「子供に走り回って欲しい」とは思っていないのは当たり前。でもそういう場を提供することが、音楽に触れる経験をしてもらえる事につながるという、目的を持ってこのコンサートは開催されたはず。

そういった、行き違いを伝えて行く事こそ、「音楽との触れ合い方」をまだ分かっていない人に伝えていくことが大切なのだと思う。

しかし・・・ひょっとして、音楽より走り回っている子を見ていたわけか・・・そして、それに不快感を持っていたわけか・・・と思うと、なんだかいろんな意味で、悲しくなるなぁ。

子供も橋下さんも、どっちもどっち!?


そんな事を考えていくと、やっぱり「府知事賞」が欲しいわっww。
何故なら、本当に聞いていただきたいと思うからww。

イチ府民の声を、高校生の声を・・・音楽を。

大阪にも、文化を受け継ぎ、また新しく創り、勉強して行きたいと思っている子供も沢山いる事を。そしてそれを育てる親の代表であることを分かって欲しい。
[ 2008/08/30 23:11 ] オーケストラ | TB(0) | CM(2)
考えさせられますね
今回の日記は色々と考えさせられました。
私の子供に対しての事とかにも当てはまる話で、本当に何とコメントすればいいのか言葉が詰まります。
ですが、銀猫さんのお気持はとても分かります。
遠くから応援しています☆
[ 2008/08/31 17:49 ] [ 編集 ]
NoTitle
ブログで年収を公開って(;^ω^)汗ですが、まぁ普通ウチの状況って、音楽家出せるようなステイタスじゃないんですよね(;^ω^)。
ましてや、私学の進学校・・・(;^ω^)。
それでも、考えられる最高の努力と、意欲で、夢を実現していく道を模索してます。

応援ありがとうございます!!
[ 2008/09/04 01:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセスカウンター

★History★
2001-5-4 前HP開設

2005-09-09 Fri ブログ開設
2006-09-09
  ★10000hit祝★
2007-04-15
  ★20000hit祝★
2007-10-24
  ★30000hit祝★
2008-02-27
  ★40000hit祝★
2008-06-23
  ★50000hit祝★
2008-10-22
  ★60000hit祝★
2009-02-12
  ★70000hit祝★
2009-05-15
  ★80000hit祝★
2009-09-13
  ★90000hit祝★
2009-12-11
  ★100000hit(^^*)v祝★
2010-09-21
  ★120000hit(^^*)v祝★
ありがとうございます♪
X'mas count down star
プロフィール

工藤 直子

Author:工藤 直子
お互いの顔の見えるお付き合いができる利点で近頃
mixi(「銀のしっぽ」で検索してください)、
ツイッター
facebook
の方に日常のこと、音楽のことをブツブツと書いております。
マイミク、facebook友達登録はお知り合いかメールでからんだ方限定、ツイッターはどしどしフォローお待ちしております。

音楽教室は、4月年度代わりの、5月スタートのところが多いですが、ウチでは、いつでもスタート受け付けています♪
いつもどうすれば「より短時間でより上手くなる」か、「たくさんの曲が弾けるようになる」か、「楽譜ナシで自分で伴奏が出来るようになる」かなどを考えつつ、レッスンしています。

ただし!質の高い音楽をやるからには「楽譜から曲をきちんと解釈すること」は不可欠。ソルフェージュも力を入れます。

※現在のところ、早期開始の全員、「絶対音感」を身に付けてもらっています。

私自身は、きちんとした「訓練」によって付いたものではないのですが、とにかく「便利な能力」。息子達には付けさせるぞ!といくらかの本を買い、実行した結果「完璧な絶対音感」が身につきました。

その実績を生かして、生徒さんにも実践しています。

もちろん、特別な料金など要りません。あくまでも自然に当たり前に、「絶対音感持ち」になります^^。

ただし、これは「8歳までのお子さんまで」に実践しないと、脳の発達上、難しいです。

これが、音楽は早期教育が必要な所以です。

月4回(年間46回)、一回40分レッスンです。

教室空き時間

ピティナ指導会員♪

PEN会員♪

メールフォームからご連絡くだされば、詳細をお知らせします♪
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
グランドピアノYAMAHA C3X、グランドピアノK.KAWAI GM10、KAWAI 電子ピアノCA95、トランペット6本(スパーダ、ヤマハC管YTR-8445S KMV、ストンピ ピッコロトランペット、ヤマハYTR-4335GS、ニッカンコルネット、スワロー、Jマイケル250、ポケトラ)Tpマウスピースは現在15本。
サックス2本(Jマイケルアルト、テナー)
クラリネット、フルート(いずれもJマイケル)
バイオリン3本(SUZUKI、ハルシュタットV45、バッタモン、弓4本)
チェロ(ハルシュタット)
エレキギター2本、ベース1本、フォークギター(MORIS)、ギタレレ、ウクレレ1本
ブルースハープ3本(C,F、B)
お箏、三線、尺八
リコーダー(ソプラノ3本、アルト2本)
ピアニカ2台、タンバリン、トライアングル、カスタネット、鈴
と、キーボード(YAMAHA)、EMR1(MIDI音源)など、数えたら40ほどの楽器に囲まれております。

とにかく、家族で楽器オタクです。

クラシック、ジャズ、ロック、邦楽(お箏、三味線、民謡、演歌含むw)大好き。

また、大変ガンオタ(ガンダムのみ1年戦争限定)・・・加えて、アニメ全般、どの楽器でもアニメソングを演奏できますデス♪(それが一番楽しかったりして?)

このよーな大変オタッキーな銀猫一家ですが、よろしくお願いいたします。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
過去ログ +

2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【3件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【3件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【15件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【2件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【2件】
2016年 02月 【3件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 03月 【2件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【11件】
2014年 09月 【10件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【4件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【6件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【2件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【4件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【15件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【10件】
2010年 07月 【8件】
2010年 06月 【7件】
2010年 05月 【15件】
2010年 04月 【12件】
2010年 03月 【21件】
2010年 02月 【18件】
2010年 01月 【14件】
2009年 12月 【17件】
2009年 11月 【13件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【13件】
2009年 07月 【20件】
2009年 06月 【17件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【17件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【17件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【18件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【23件】
2008年 07月 【19件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【19件】
2008年 03月 【19件】
2008年 02月 【19件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【22件】
2007年 11月 【19件】
2007年 10月 【23件】
2007年 09月 【21件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【19件】
2007年 06月 【21件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【17件】
2007年 02月 【16件】
2007年 01月 【14件】
2006年 12月 【22件】
2006年 11月 【24件】
2006年 10月 【24件】
2006年 09月 【18件】
2006年 08月 【17件】
2006年 07月 【21件】
2006年 06月 【14件】
2006年 05月 【23件】
2006年 04月 【22件】
2006年 03月 【19件】
2006年 02月 【23件】
2006年 01月 【22件】
2005年 12月 【20件】
2005年 11月 【22件】
2005年 10月 【14件】
2005年 09月 【12件】

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2ブログランキング
覗いてくださってありがとうです。

FC2ブログランキング

このブログを気に入ったらクリックしてね!
リンク
Hyper-BooさんのHP

hyper

国産の古いトランペットを展示・保存・調査研究するマニアのためのデジタル・ミュージアム