BRASS思考でいこう!  

工藤音楽教室講師工藤直子です。上の息子工藤臨は2007年6月の中学3年生からセンチュリーユースオーケストラでトランペットを吹いてきました(2017年就職により退団)。大阪桐蔭高校吹奏楽部を経て、大阪教育大学芸術音楽コースで学んだトランペット奏者。下の息子、工藤仁はピアノを弾いています。

吹奏楽部の演奏。

今日は、近くの小学校で町内の祭りがあり、その場所で中学校の吹奏楽部の演奏があるという事で見に行って来た。
うちの校区じゃなく、隣の小学校なので、祭りの時くらいしか来た事がないんだけど。

しかし、毎日暑いなぁ(;´・ω・)。

曲は、吹コンの課題曲と、自由曲、それとJPOP1曲。
例年より、曲数は少ない……。

しかも今年の自由曲は……はっきり言って「野外演奏」向きじゃない(;^ω^)。
特に、出だし部分は、鳴らす本数も少なく、よく聞こえない。
その上、コンクールメンバー以外が混じっているので、ばらつき、ブレも(;^ω^)。

例年、1年生も交えて、形になって来る時期な気もするんだけど……ちょっと微妙だな。
というか、まぁ、2、3年生を合わせた人数と、1年生の人数が同じくらいなので、無理もないと言えば無理もない。
顧問先生の移動が、昨年度には分かってもいたし……また、問題の多い年でもあったし……とにかく、ここ2年間の「基礎固め」が出来る状況ではなかった、受難の学年なのかもしれないな。

うちの兄ちゃんは、「基礎演奏力」を積んだのは、クラブでではないw。
ひたすら、自宅防音室で練習積んだ事と、素晴らしい先生に出会えたからだな。


それにしても……「受難の学年」と書いてみて、つくづく思う。
難しいな、と。
音楽を教えている自分にとっても、考えさせられる。
子供達にとっては、この、一番伸びる学生時代に、どんな経験を積めるかによって、大きく能力に差が出るんだな、と。
「先生」という立場っていうのは、生徒に教える事で、スキルを身に付けさせる人間、とも言えるけど、反面「可能性をつぶす」事もあるということ。

これは、私が、大学時代に気付いた事でもある。
私は造形大学の短期、美術コース出身。
要するに「絵」を勉強しに大学へ行ったのだが、この、「絵」というのが、また、難しい部分がある。
私には、「描きたいものがある」から、描いていた。
だけど、「こうしなさい」と、直される事もある。
今でも、本心思っている。
人に、絵を直される、と、それはもう自分の作品ではなくなる……と。
だから、私には「絵の先生」はできないな、と思うんだけど……。

ここで、音楽と、絵の、似て非なる部分が問題になるんだけれど。
絵は、究極、「何を描いてもいい」が、音楽には「音程」も存在するし、コードや形式、という「型」の中でやらねばならない。
つまり、絵は教わらなくても描けるが、音楽はそうではない。

そして、そこで「何を目指して、勉強して行くのか?」「練習して行くのか?」という事が……。
本当は、「先生」として一番重要な事は……それをいかに、生徒さん達に教えるのか?ということだと思う。
また、この事は、学校の勉強でも同じ。
「叱られるから」「誰かのために」ではなく、「自分がどうしてもやりたいから、上手くなりたいからやる」という事を思い込んでこそ、成績も上がるし、上手くもなる。

なのに、実際には、その逆に「やる気を失わさせる」先生もいる事を、自分の経験からよく分かっている。
私自身、ウチに習いに来た生徒さん、全員を上手く、その気にさせることができた、とは言えない。
辞めていった子もいる。

所詮、先生、生徒とはいえ、「人間同士の付き合い」なのだとも思う。それぞれの感覚を持った……心を持った……人間同士。
「相手の立場に立って考える」とは言うけれど、どこまでいっても、他の人の心はわからない。想像するしかないのだ。
その、想像する材料となるのは「言葉」しかない。

出来る事は、精一杯、高みへつながる言葉、と思える事を伝えていくしかないのだな、と思う。
それを、上手く、いいタイミングで出せることが、「いい先生」の条件なのかも知れない。

が。
なぜ、こうこのタイミングでこんな事を書いているのかと言えば、この「受難の学年」の「受難」の中身は、そこなんじゃないか?と感じるから。
クラブの三年間は短い。
その上に、顧問先生の交代。お互いに、これまでの事や、考えを理解し合うのにはやっぱり短すぎる。
あせりもあるだろうし、言わなければいけない事と、言ってはならない事すら、探り合ってしまう段階だろうな。

でもま、こんな事は公立の学校には付きもの。子供達には、大切な中学時代の音楽活動、精一杯何かを得て欲しい。

あと、ちょっと思うのは、先にも、曲数が少ない事は書いたが、もっと、いろんな曲に当たるべきだ、完成するしないは、別として。
吹コン前だけれど、コンクールだけが吹奏楽の目標じゃない。
多くの曲に出会うという事は、基礎練と同じくらい重要だし、実は効果的にレベルが上がる。
人によって、「知っている曲」、「知らない曲」が違う。実際、演奏力を付けるためには楽譜どおりに吹くことも大事だけど、「知っている曲」を自由に吹いたりすることが、とても大事。

そういう楽器との付き合い方も……やってるんだろうか?とか思ったりもする。
うちの兄ちゃんが、クラブに入っていない間に、ジャズをききまくり、耳コピでアドリブをやってた事はものすごい重要なレベルUPにつながったから。

もちろん、ピアノでも、生徒さんにやらせている。

そんなことも気になったなぁ。
ま、なににせよ、練習して上手くなっていくのは子供達それぞれでしかないんだろけどね。


そうだ、あと一つ、「おおっ!w」と思ったこともあった。
キリンの在学中、前任顧問先生の時には、演奏の後、アンコールで必ず決まって「ある曲」が演奏されていた。

しかーし。
その「ある曲」、いろんなアレンジでいろんなヴァージョンが出ているけども、わたしゃ、アレ、好きじゃな~~い。
第一に、Keyが気に食わない。なんで、Cmなの???
ラッパにとっては、……特に初心者、中学生には、実音高いソが出てくるので、当たりにくい。他のアレンジでは多くはGmなのに。
ラッパ恥さらし曲と言ってしまう自分がいるw。
それに、聴きあきたというのもあるw。

それを、今日、アンコールでやらなかった……w。その事に付いては、賛否両論あっても、私個人はそれでヨシwと思ってしまったw。
[ 2008/07/26 23:05 ] 吹奏楽 | TB(0) | CM(2)
「ある曲」、やらなかったのですか・・・
ちなみにですが、その曲中Tubaでsoloを無理やりやらされそうになったときは・・・(泣
グレードが高いからあまり好きではなかったです・・・。

しかし、過去に3年間やり通した人間としてはさみしいところも・・・。
[ 2008/08/04 22:11 ] [ 編集 ]
NoTitle
tie2478さん!コメントありがとー!
実は3月の定演の後、tie2478さんの高校吹奏楽部のサイトも覗いていたりするんですよ~。
さすがですね。

私も、半分は寂しい気もしますが……ま、部が進化して行くことや、顧問先生による、カラーの出し方など考えると、そんなものなのかもしれません。

ところで、府大会進出なので、見に来られますか?またお会いできるといいですね~。
[ 2008/08/05 12:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセスカウンター

★History★
2001-5-4 前HP開設

2005-09-09 Fri ブログ開設
2006-09-09
  ★10000hit祝★
2007-04-15
  ★20000hit祝★
2007-10-24
  ★30000hit祝★
2008-02-27
  ★40000hit祝★
2008-06-23
  ★50000hit祝★
2008-10-22
  ★60000hit祝★
2009-02-12
  ★70000hit祝★
2009-05-15
  ★80000hit祝★
2009-09-13
  ★90000hit祝★
2009-12-11
  ★100000hit(^^*)v祝★
2010-09-21
  ★120000hit(^^*)v祝★
ありがとうございます♪
X'mas count down star
プロフィール

工藤 直子

Author:工藤 直子
お互いの顔の見えるお付き合いができる利点で近頃
mixi(「銀のしっぽ」で検索してください)、
ツイッター
facebook
の方に日常のこと、音楽のことをブツブツと書いております。
マイミク、facebook友達登録はお知り合いかメールでからんだ方限定、ツイッターはどしどしフォローお待ちしております。

音楽教室は、4月年度代わりの、5月スタートのところが多いですが、ウチでは、いつでもスタート受け付けています♪
いつもどうすれば「より短時間でより上手くなる」か、「たくさんの曲が弾けるようになる」か、「楽譜ナシで自分で伴奏が出来るようになる」かなどを考えつつ、レッスンしています。

ただし!質の高い音楽をやるからには「楽譜から曲をきちんと解釈すること」は不可欠。ソルフェージュも力を入れます。

※現在のところ、早期開始の全員、「絶対音感」を身に付けてもらっています。

私自身は、きちんとした「訓練」によって付いたものではないのですが、とにかく「便利な能力」。息子達には付けさせるぞ!といくらかの本を買い、実行した結果「完璧な絶対音感」が身につきました。

その実績を生かして、生徒さんにも実践しています。

もちろん、特別な料金など要りません。あくまでも自然に当たり前に、「絶対音感持ち」になります^^。

ただし、これは「8歳までのお子さんまで」に実践しないと、脳の発達上、難しいです。

これが、音楽は早期教育が必要な所以です。

月4回(年間46回)、一回40分レッスンです。

教室空き時間

ピティナ指導会員♪

PEN会員♪

メールフォームからご連絡くだされば、詳細をお知らせします♪
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
グランドピアノYAMAHA C3X、グランドピアノK.KAWAI GM10、KAWAI 電子ピアノCA95、トランペット6本(スパーダ、ヤマハC管YTR-8445S KMV、ストンピ ピッコロトランペット、ヤマハYTR-4335GS、ニッカンコルネット、スワロー、Jマイケル250、ポケトラ)Tpマウスピースは現在15本。
サックス2本(Jマイケルアルト、テナー)
クラリネット、フルート(いずれもJマイケル)
バイオリン3本(SUZUKI、ハルシュタットV45、バッタモン、弓4本)
チェロ(ハルシュタット)
エレキギター2本、ベース1本、フォークギター(MORIS)、ギタレレ、ウクレレ1本
ブルースハープ3本(C,F、B)
お箏、三線、尺八
リコーダー(ソプラノ3本、アルト2本)
ピアニカ2台、タンバリン、トライアングル、カスタネット、鈴
と、キーボード(YAMAHA)、EMR1(MIDI音源)など、数えたら40ほどの楽器に囲まれております。

とにかく、家族で楽器オタクです。

クラシック、ジャズ、ロック、邦楽(お箏、三味線、民謡、演歌含むw)大好き。

また、大変ガンオタ(ガンダムのみ1年戦争限定)・・・加えて、アニメ全般、どの楽器でもアニメソングを演奏できますデス♪(それが一番楽しかったりして?)

このよーな大変オタッキーな銀猫一家ですが、よろしくお願いいたします。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
過去ログ +

2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【3件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【3件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【15件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【2件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【2件】
2016年 02月 【3件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 03月 【2件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【11件】
2014年 09月 【10件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【4件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【6件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【2件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【4件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【15件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【10件】
2010年 07月 【8件】
2010年 06月 【7件】
2010年 05月 【15件】
2010年 04月 【12件】
2010年 03月 【21件】
2010年 02月 【18件】
2010年 01月 【14件】
2009年 12月 【17件】
2009年 11月 【13件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【13件】
2009年 07月 【20件】
2009年 06月 【17件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【17件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【17件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【18件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【23件】
2008年 07月 【19件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【19件】
2008年 03月 【19件】
2008年 02月 【19件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【22件】
2007年 11月 【19件】
2007年 10月 【23件】
2007年 09月 【21件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【19件】
2007年 06月 【21件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【17件】
2007年 02月 【16件】
2007年 01月 【14件】
2006年 12月 【22件】
2006年 11月 【24件】
2006年 10月 【24件】
2006年 09月 【18件】
2006年 08月 【17件】
2006年 07月 【21件】
2006年 06月 【14件】
2006年 05月 【23件】
2006年 04月 【22件】
2006年 03月 【19件】
2006年 02月 【23件】
2006年 01月 【22件】
2005年 12月 【20件】
2005年 11月 【22件】
2005年 10月 【14件】
2005年 09月 【12件】

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2ブログランキング
覗いてくださってありがとうです。

FC2ブログランキング

このブログを気に入ったらクリックしてね!
リンク
Hyper-BooさんのHP

hyper

国産の古いトランペットを展示・保存・調査研究するマニアのためのデジタル・ミュージアム