BRASS思考でいこう!  

工藤音楽教室講師工藤直子です。上の息子工藤臨は2007年6月の中学3年生からセンチュリーユースオーケストラでトランペットを吹いてきました(2017年就職により退団)。大阪桐蔭高校吹奏楽部を経て、大阪教育大学芸術音楽コース卒業。 現在ヤマハ製造工場、吹奏楽団員として演奏活動頑張っています。下の息子、工藤仁はピアノを弾いています。

残念な記事ですみません。

長文ですが、できるだけ最後まで読んでいただけると嬉しいです。

[ 2013/07/31 19:56 ]

ホスト:pw126254032169.8.panda-world.ne.jp
(大阪:iphoneよりアクセス)
********************
楽譜間違えてちゃ…
そのことには触れず?ですか。
********************


という、コメントをいただきました。

とっても、残念なことですが、ここで、いろいろと思いを書かせていただこうと思います。
少なくとも、「ここを見て書いてくださった方がいる」ということなので。

まず、コンクールの、報告として、7/28の記事は書かせていただきました。
しかし、詳細や、各子供たちが、どのような演奏をしたのかは、あえて書くつもりはありませんでした。

もちろん、受かった子がいるのは、嬉しいことですが、落ちた子もいます。
本番一発で、いい演奏ができた子もいれば、練習でとてもいい音だったのに、弾き直してしまった子もいました。

あくまでも、舞台は、「その子達本人の問題」であり、「責任」であり、講師が出て行ってどうしてあげられるものでも、親御さんがどうしてあげられるものでもありません。

そのことに対して、「楽譜間違えてちゃ」という、残酷な言葉を、自分が誰かわからないだろうという場所に書く

そういう方が、私のマイミクさんの中や、信頼してお話したい人の中にいるんだということが、残念でなりません。

そして、その、どなたかはわからない人に向けて、話したい気持ちにさせられ、書いている私自身が「2次的に」傷つけてしまうことが、残念でなりません。

ブログ、にしろ、facebookにしろ、mixiにしろ、これは「自分新聞」のようなものであり、誰が見ても嫌な思いをしないように、特に、家族、親族、生徒さんたち、親御さんが見ても、気持ちよく楽しく読んでもらえるように、が目的の場所です。

そこで、「触れる必要はない」という判断です。

IPアドレス pw126254032169.8.panda-world.ne.jpさんのご質問には、そういう形で答えさせていただきます。




以下補足改変8/1/12:50

■ブログ=検索にもかかり、全国全世界不特定多数が見れる。

■mixi=日記に関しては、マイミクさんのみ公開
(まれに、ニュースなど全体公開でコラムってる)

■facebook=ほぼ全体公開(検索にもかかる)

■twitter=全体公開(フォロワー音楽関係者700名以上)

何箇所にも書く場所を持っている私ですが、全部に同じことをコピペして書いているとか、連携して同時UPにはしていません。

なぜなら、各ツールによって「読む相手が違う」からです。
「誰に向けて書くか」で内容を選んでいます。

それでも、「ここだけの話」「裏サイト」のような、感覚がネットに通用するわけはないので、リテラシーは共通です。

mixiで書いていることを、読者さんからリクエストされても、内容によっては応じることはできませんが、今回書いてこられたIPアドレス pw126254032169.8.panda-world.ne.jpさんには、そういった配慮をしていることを、ぜひ、お伝えしたかったのです。

ブログ主にはコメントのIPももちろん見れるし、自由に削除もできるし、アクセス禁止にもできます。
しかし、返事をせずに削除したら「逃げた」とでも思われると、爆笑です。(心外ですとか誤解ですとかよりもw)
(以上補足改変)

私は、これまでにも、ここを某巨大掲示板で晒されたこともあれば、警察が介入する事態の経験もあります。
そのことで、私は「匿名」というものの、つまらなさを痛感したし、やはり、「ネット」ではなく、「リアル」でのお付き合いが一番大切なのだと、特に、読んでいただいている関係者、先生方、音楽関係、人権擁護団体、医療関係者のみなさまなどと、読んでいただいた皆さんに、お礼と、お一人お一人、直接言葉を交わしたい。

やはり、文章は一方通行だからです。

解釈は、読んだ人の経験と判断に委ねられてしまいます。
あくまでも、「ネットの中だけ」ではなく、人として、社会で生活しているのです。お互いに。

でも、やはり、「自分が誰かわからないところから」と、顔を見ては話せないことも、書けてしまう。
ネットは、人の「本性=魔物」を引きずり出す魔力があるもの、と思っていないと、実は8年も書いていられません。

自分は、魔物にはならない、と思い続けないと。

現在でも、若い人のみならず、いろんな人が魔物化して燃え上がっていますが(^-^;。

近年、SNSが普及してきたのは、少なくとも、顔と名前を晒し、「匿名性」を無くすことで、その「魔物」を封じようとしたシステムなわけですが、人間て、それでもやらかすwことも多いです。

ツイッターで未成年飲酒画像なんぞもそうですね。

しかし、ちゃんと「ネット=リアル」ルールが適用されて、良かった。

ところで、この記事を書くに至ったご指摘の

「楽譜間違い」
について、私はSNSにて「お友達にだけ向けて」書いており、それを、添付させていただきます。


以下、mixiより転載


しかし本気で今年、私の「講師としての資格」がゆるぎましたwww(そんなもの、そもそもないけど)

いや、笑い事じゃないです。

朝の部を聞いて、驚愕。

私、音間違いを指摘できず、生徒さんが間違って弾いているものを修正してあげれていませんでした。

一人目の、別の子の演奏を聴いて「えっ!?」と。

♯が、♯が、ついている!!!
いや、落ちている、落ちている!!!うちの生徒ちゃん落ちている状態で通している!!!!

じつは、もう、ここ最近など、仕上がってきているお子の演奏を聴いて、それに、聴き馴染んで(?)ママも、弾ける方だし、とかってすっかり油断していました。

とっさに、楽器店で、部屋を借り、やったのですが、結果、集中できずに生徒ちゃん撃沈。

もう、謝っても謝りきれません。

大切な1年を・・・。

今年、あらためて、自分のいい加減さを痛感しました。

痛い勉強になってしまいました。

また、出場した子達、それぞれに、魅力もありひたむきで・・・。うちの子たちは、本当によく練習をしてくれて、実は、出場のみんなは、表向き「そんなことない」と見せつつ、本当は「ものすごく真面目で、一生懸命の努力が出来る子」たちなので、みんな、ベストが飛び出して欲しかった。

でも・・・ほんと、本番とは、こういうものなのだと・・・。

しかし、うまくいかなかった、それすらも、来年、いや未来に向けた、バネにしてくれることができる子達だと、信じています。

私のような、不甲斐ない講師でも、必死て答えてくれる。本当に可愛い素敵な子達です。

こういう感動ができる、この仕事、とってもやりがいがありますが、すべては、こういった子達と、ママパパの理解の上で、できていること。

精一杯、今後も、頑張っていきたいのですが・・・反省はほんと、しっかりして、私自身スキルを上げていきたいです。


さて、これからは、2次に向けた練習、必死にならないと!

精一杯がんばります!




如何でしょうか?
実際、私は「隠しておきたい事」として、ここに書かなかったのではありません。

あえて、失敗したことを、読んでなお、傷つける事になる。それを心配したのです。

私は、音大どころか中学までしか講師先生に師事しておらず、大学は美大です。
ブログにもそのことも時折記事にしていますし、体験に来たくださった方々にも、説明しています。けっして、見栄を張ったり、出来ないことを出来ると風呂敷を広げる気持ちは全くありません。

また、その上でうちの生徒さんになる、別の教室を探す、当然選ぶのは、生徒さんです。

しかし、私は、自分も自分の子供を習わせる親の一人として、「自分の息子が受賞できない」事を、「講師のせいだ」など、一度も思ったことはありません。

実際、多くのコンクールなどの演奏を見る中で、譜読みの間違いのまま本番に出ている子、タイ、リズムの間違いも、毎年聞くことができます。

確かにその時は「講師の不勉強だなぁ」と思うのは本音です。

しかし、逆に「そういうものだ」とも思います。

所詮は、「日本の練習者演奏者」が教える側に回っているのであり、ドイツ、フランスで学んだものでもなければ、本当のベートーベン、ショパンの音楽が理解できているのか、というレベルでは、みんな「井の中の蛙」です。

そういう中においても、いかに、「ニーズに応えるのか」。

講師は何を持って講師なのか、「何を目指させるのか、それを一緒に考えてあげる材料をあげれる人」がそうなんだと思います。

いろいろと、情けない、自虐的で卑屈な私ですが、それくらいの自負を持って、この仕事をやってます。
[ 2013/07/31 21:34 ] ピアノ | TB(-) | CM(5)
いやあ驚きました! というより呆れました。
講師としてのミスを棚にあげて、あなたに対するコメントについて
「残酷な言葉」と決めつけ、コンクールという特別な舞台へ送り出す立場としての
責任をただ単純にコメントを求めた人について、 残念だの 舞台に出る本人の責任だの
自分は魔物にならないだの、 全て責任逃れの言い訳にしか聞こえません。。
何を言おうが、コンクールの課題曲を本番当日にミスに気付き、しかもただでさえ
緊張する舞台の当日本番前に修正をしたという現実。
あまりに生徒さん、親御さんが気の毒でなりません。
本番はこういうものだ とか、講師をひっくるめて 井の中の蛙だとか、全て自分は悪く無いんだというのが、文章の端々で滲み出てます。
あなたを信じてついてきた生徒さんが、ほんとうに気の毒でなりません。
しかもコンクールの報告を自分のマイミクさんに対して、茶化したようなコメント(wwwとか、落ちてる落ちてるとか)を読むと誰でも楽譜間違いの事は、突っ込むでしょう!
コンクールの直前まで 譜読み間違いに気づかないあなたに、コメントをした人を責めるのは、全くの御門違いです。

[ 2013/08/04 17:30 ] [ 編集 ]
残念です。
※2013/8/7改変
当事者ママと直接会って、話し合いをもちました。
その結果、私としても、捉え方を変えていますので、ご本人の名誉もありますので、改変させていただきます。


うーん、どうしたらいいものか、このIPホストi220-220-208-243.s05.a030.ap.plala.or.jpにいただいたご意見について。
ますます、その当事者の生徒さんが、誰なのかとか、読んでいる関係のない方々まで、波及しますよね。
まぁ、それがお望みなようですので、お答えしますね。

>いやあ驚きました! というより呆れました。
いや、私も呆れています。まだ卑怯の上塗りをされるというのが。

>講師としてのミスを棚にあげて
上げてませんよね?

>私、音間違いを指摘できず、生徒さんが間違って弾いているものを修正してあげれていませんでした。

太くしてみましたが見えますか?
もし、私がこのことを書かなければ、「楽譜間違い」と書かれたら、違う曲の楽譜を弾いてしまった、という意味になります。

問題は譜読みの間違いだったと明言してますが。

これ、かなり勇気がいるんですよ?自分が間違いを指摘できていなかった事を告白するというのは。

>全て責任逃れの言い訳にしか聞こえません。。
教えてください。
私は、責任逃れが出来ていますか?
不可能でしょうね。

>何を言おうが、コンクールの課題曲を本番当日にミスに気付き、しかもただでさえ
緊張する舞台の当日本番前に修正をしたという現実。
あまりに生徒さん、親御さんが気の毒でなりません。

まるで、その場におられたような詳しい事情説明、ありがとうございます。

2013/8/7、当事者関係者さんと話しましたが、あなたの書き込みのせいで、関係者さんが書いた疑いを持たれ、非常に気の毒な状況に置かれていらっしゃいます。

>全て自分は悪く無いんだというのが、文章の端々で滲み出てます。

どこに「自分が悪くない」と取れる文章があるのか、理解できません。
私が、私自身がミスに気づいてやれなかった事を、どれだけ慌て、悔やみ、部屋まで借り、精一杯のことをやったけれど、こうなってしまった。

そのことに当事者さん、親御さんの次に傷ついているという、当然の気持ちが私にないとでも?

また私に落ち度がないと読んだ方に思い込ませるのは無理でしょう。できるものなら私のせいではないと思い込みたいですよ。

>あなたを信じてついてきた生徒さんが、ほんとうに気の毒でなりません。

ほんと、それはその通りだと思います。
また、合格された皆さんには、2次でそういうことが起こらないように、注意していきたいと思っています。

>しかもコンクールの報告を自分のマイミクさんに対して、茶化したようなコメント(wwwとか、落ちてる落ちてるとか)を読むと誰でも楽譜間違いの事は、突っ込むでしょう!

マイミクさんに向けて書いていたものを、全体に公開しろなど、あなたは何様ですか?
勘違いもハナハダしいです。


それから重ねて言いますが「楽譜」は間違えていませんよ。正しい楽譜です。
間違えているのは「譜読みです」。

「誰でも突っ込む」って、ここまで突っ込まれたのは初めてです。

そして、私も、他の人や先生に突っ込んだことはありません。

というか、その書き方であまり音楽にお詳しくないのがよく分かります。

>コンクールの直前まで 譜読み間違いに気づかないあなたに、コメントをした人を責めるのは、全くの御門違いです。

御門違いはあなたです。まだ卑怯の上塗りをされたいのか、本当に気の毒です。

重ねて言いますが、
こうしたコメントの方が、どんどん、落選した生徒さんを晒すことになっていることに、早くお気づきください。

そして、私は、今回のことも教訓として、頑張っていってほしいと思っていますので、どうなってもいいと思っているわけでもありません。

コメントを消させていただこうと思いましたが、あなたの書き込みが、当事者さんとの溝をより深める事になる事の責任を取ってください。

ちなみに、当事者ママさんは、「そんな卑屈なこと、考えつきもしません。」「そんなことを書き込むなんて卑怯なことしません!」「恐ろしい」とまでメールでおっしゃっていましたよ。

あなたがされていることは、そういう事だと、当事者ママさんは言われています。
[ 2013/08/04 18:36 ] [ 編集 ]
痛すぎます。
※当初のコメントは4日ですが、7日に話し合い後、改変しています。

そもそも、匿名で人を非難することについて、恥を感じませんか?
「i220-220-208-243.s05.a030.ap.plala.or.jp」さんは男性だと思っています。

これは、当事者ママと話し合ったあとも、考えは変わりません。

もしあなたが、当生徒さんと無関係で、ものすごい想像力で状況を読み取ってお書きになってるのなら、その想像力であなたが当事者さんにかけている迷惑を考えてあげてください。
自分の失敗を公の場で、ずっと話題にされているんですよ?

近所のお友達も、同級生も、ご両親も読めてしまうんですよ?

当の生徒さんが気の毒でなりません。
ひたむきに、一生懸命、素敵な曲を私と一緒に作ってきた数年間はなんだったのでしょう。

すべて、ぶち壊しになりました。

今回だって、いけると確信できるほど、必死で高めてきたのですが、私も自分のミスに、涙の出る思いでした。

あなたは一体、何ですか?


私は当生徒さんを大切に育ててきました。
このような誤解、嫌疑がなければ、もう一度気持ちを立て直すこともできたかもしれません。

それがこのような事で、特にあなたが書き込まれたことで、お別れすることになりました。

当事者ママが「そんな卑屈なこと、考えつきもしません。」というようなメールを頂いていましたが、こういう結果になり満足いただけましたか?

私が大切にしてきた、可愛い生徒ちゃんとの時間と、苦労を打ち砕いて、満足ですか。

コメントは、もう一度公開に戻します。
私がどんなダメ講師か、伝わるといいですね。

心よりお返事をお待ちしております!
[ 2013/08/04 19:32 ] [ 編集 ]
ご報告
本日、工藤先生と、お話をしました。

先生を貶め、嫌がらせのようなコメントを書かれた
IPホストi220-220-208-243.s05.a030.ap.plala.or.jp
さんのために、大変迷惑を被っております。

読まれた方に、当事者関係者が書いたと思われるような文章は、大変迷惑しております。

先生へのメールにも書きましたが、
「私はそんな卑屈なことを考えつきもしません」と最初に疑われていると知った時に、お返事しました。

しかし、今日、話し合いをすることができて、気持ちをやり取りし、とりあえずは笑顔でお別れすることができました。

今後も、よそに行ってもピアノ練習は頑張っていく気持ちですので、お知り合いの皆様、今後とも宜しくお願いいたします。
[ 2013/08/07 23:33 ] [ 編集 ]
「いやあ驚きました! というより呆れました。」のIPホストi220-220-208-243.s05.a030.ap.plala.or.jp 御門違いさん。
mixi見てますかー?
誰でも突っ込むでしょーwwwwwwww?

コメント待ってますwwwwww。

[ 2013/08/09 03:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター

★History★
2001-5-4 前HP開設

2005-09-09 Fri ブログ開設
2006-09-09
  ★10000hit祝★
2007-04-15
  ★20000hit祝★
2007-10-24
  ★30000hit祝★
2008-02-27
  ★40000hit祝★
2008-06-23
  ★50000hit祝★
2008-10-22
  ★60000hit祝★
2009-02-12
  ★70000hit祝★
2009-05-15
  ★80000hit祝★
2009-09-13
  ★90000hit祝★
2009-12-11
  ★100000hit(^^*)v祝★
2010-09-21
  ★120000hit(^^*)v祝★
ありがとうございます♪
X'mas count down star
プロフィール

工藤 直子

Author:工藤 直子
お互いの顔の見えるお付き合いができる利点で近頃
mixi(「銀のしっぽ」で検索してください)、
ツイッター
facebook
の方に日常のこと、音楽のことをブツブツと書いております。
マイミク、facebook友達登録はお知り合いかメールでからんだ方限定、ツイッターはどしどしフォローお待ちしております。

音楽教室は、4月年度代わりの、5月スタートのところが多いですが、ウチでは、いつでもスタート受け付けています♪
いつもどうすれば「より短時間でより上手くなる」か、「たくさんの曲が弾けるようになる」か、「楽譜ナシで自分で伴奏が出来るようになる」かなどを考えつつ、レッスンしています。

ただし!質の高い音楽をやるからには「楽譜から曲をきちんと解釈すること」は不可欠。ソルフェージュも力を入れます。

※現在のところ、早期開始の全員、「絶対音感」を身に付けてもらっています。

私自身は、きちんとした「訓練」によって付いたものではないのですが、とにかく「便利な能力」。息子達には付けさせるぞ!といくらかの本を買い、実行した結果「完璧な絶対音感」が身につきました。

その実績を生かして、生徒さんにも実践しています。

もちろん、特別な料金など要りません。あくまでも自然に当たり前に、「絶対音感持ち」になります^^。

ただし、これは「8歳までのお子さんまで」に実践しないと、脳の発達上、難しいです。

これが、音楽は早期教育が必要な所以です。

月4回(年間46回)、一回40分レッスンです。

教室空き時間

ピティナ指導会員♪

PEN会員♪

メールフォームからご連絡くだされば、詳細をお知らせします♪
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
グランドピアノYAMAHA C3X、グランドピアノK.KAWAI GM10、KAWAI 電子ピアノCA95、トランペット6本(スパーダ、ヤマハC管YTR-8445S KMV、ストンピ ピッコロトランペット、ヤマハYTR-4335GS、ニッカンコルネット、スワロー、Jマイケル250、ポケトラ)Tpマウスピースは現在15本。
サックス2本(Jマイケルアルト、テナー)
クラリネット、フルート(いずれもJマイケル)
バイオリン3本(SUZUKI、ハルシュタットV45、バッタモン、弓4本)
チェロ(ハルシュタット)
エレキギター2本、ベース1本、フォークギター(MORIS)、ギタレレ、ウクレレ1本
ブルースハープ3本(C,F、B)
お箏、三線、尺八
リコーダー(ソプラノ3本、アルト2本)
ピアニカ2台、タンバリン、トライアングル、カスタネット、鈴
と、キーボード(YAMAHA)、EMR1(MIDI音源)など、数えたら40ほどの楽器に囲まれております。

とにかく、家族で楽器オタクです。

クラシック、ジャズ、ロック、邦楽(お箏、三味線、民謡、演歌含むw)大好き。

また、大変ガンオタ(ガンダムのみ1年戦争限定)・・・加えて、アニメ全般、どの楽器でもアニメソングを演奏できますデス♪(それが一番楽しかったりして?)

このよーな大変オタッキーな銀猫一家ですが、よろしくお願いいたします。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
過去ログ +

2017年 08月 【3件】
2017年 07月 【2件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【3件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【3件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【15件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【2件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【2件】
2016年 02月 【3件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 03月 【2件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【11件】
2014年 09月 【10件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【4件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【6件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【2件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【4件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【15件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【10件】
2010年 07月 【8件】
2010年 06月 【7件】
2010年 05月 【15件】
2010年 04月 【12件】
2010年 03月 【21件】
2010年 02月 【18件】
2010年 01月 【14件】
2009年 12月 【17件】
2009年 11月 【13件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【13件】
2009年 07月 【20件】
2009年 06月 【17件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【17件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【17件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【18件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【23件】
2008年 07月 【19件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【19件】
2008年 03月 【19件】
2008年 02月 【19件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【22件】
2007年 11月 【19件】
2007年 10月 【23件】
2007年 09月 【21件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【19件】
2007年 06月 【21件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【17件】
2007年 02月 【16件】
2007年 01月 【14件】
2006年 12月 【22件】
2006年 11月 【24件】
2006年 10月 【24件】
2006年 09月 【18件】
2006年 08月 【17件】
2006年 07月 【21件】
2006年 06月 【14件】
2006年 05月 【23件】
2006年 04月 【22件】
2006年 03月 【19件】
2006年 02月 【23件】
2006年 01月 【22件】
2005年 12月 【20件】
2005年 11月 【22件】
2005年 10月 【14件】
2005年 09月 【12件】

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2ブログランキング
覗いてくださってありがとうです。

FC2ブログランキング

このブログを気に入ったらクリックしてね!
リンク
Hyper-BooさんのHP

hyper

国産の古いトランペットを展示・保存・調査研究するマニアのためのデジタル・ミュージアム