BRASS思考でいこう!  

工藤音楽教室講師工藤直子です。上の息子工藤臨は2007年6月の中学3年生からセンチュリーユースオーケストラでトランペットを吹いてきました(2017年就職により退団)。大阪桐蔭高校吹奏楽部を経て、大阪教育大学芸術音楽コースで学んだトランペット奏者。下の息子、工藤仁はピアノを弾いています。

ジャズ理論やる意味。

ジャズの教本と度数、そして、指の配置を覚えこんでいくと・・・なんだか、音楽が、全く違って感じられる。
今日も、エッチラオッチラと、モード奏法と、基本のコード全調。

コードの練習はまず、C△7→C6→C7、F△7→F6→F7と12調回した後、マイナーに入り、12通り。

それから各転回形やる。
1人の時は、コードネームを発音してやる時もある。それくらい・・・コード把握をしっかりと。
それから、テンションコード・・・全調3度を低音に、♭7を低音にヴォイシング全調。
(意味分からない場合はググるか、スルーしてください・・・とか言うと、記事全部スルーになるかもしれませんが)

ここで大切なのは・・・「音譜から離れること」。それが難しい~~音譜かじり付き派はどうしても。
この難しさを感じるのが、つまり、「楽譜が読めない人の難しさ」の裏なんだろうなぁ。


でも昨日書いていたことを読み直すと、ちょっと「それも違うんじゃない?」という人もいるかもなぁ、と思う。というのも、ピアノの先生にとっては本当に「楽譜を読むのを嫌がる子」ってのに、手を焼くから。

「よめー」と音符全部に指差し・・・格闘だ!と思うこともある。

しかし、楽譜は・・・「よし、読むぞ!」と思えば大人からでも何とかなる。私のように。
しかし、音程を聞き取ると言うことは・・・絶対音感は、大人から思い立っても、不可能だと研究では言われている。

いやいや、大人でも音程分かるよ?という人は、実は、8歳くらいまでに、ドレミを音を聞いて唱えるという、脳の使い方を、自然としていた人(それも私のことだけど)に限る。

これは、脳の発達の構造上どうしようもない。

譜読みは「努力」でできること。しかし、聴音は時期を過ぎると努力しても無駄、という事になる。
だから、どうしても、「幼児教育」になってくるんだけど。

でもなぁ・・・ほんと、聴音も、読譜も・・・「何を目標にピアノを練習するのか?」で考え方が本当に違ってくる。
音大、プロを目指して!というなら、やることは、むしろ明確だけれど・・・「好きな曲を、自由に、カッコよくぱらっと、弾けるようになれれば」と、本当に、最初から思えるならばやる必要のないこと、もしくは「こだわる」必要のないこと、切り捨ててもいいこと・・・が実は、たくさんある。


しかし問題は、どちらとも思い切りがつかない、中途半端な場合。自分の子供にもよく思う。
「中途半端が一番、悲しい思いをする」と。

やるなら、トコトンやる。適当でいいなら、時間を適当なことに、奪われるな。

でも、誰しも・・・その、「諦め」が付けられないから苦労するんだけれど。それでも、「トコトンやった」上で諦めるのと、中途半端に適当に、しかも時間を使ってしまって、やっぱり辞めるのとでは、意味が違う。
後者は大失敗

せめて、大失敗はしないでおきたいけどね。
さしずめ、本当にクラシックをきちんと弾きたいわけじゃないのなら、ハノンも譜読みも「余計なこと」なのかもしれない。

けど、その逆は・・・クラシックが弾きたいのなら、それら抜きでやることは、逆に中途半端になってしまう大失敗だと思うわけで。


クラシック音楽・・・バッハ、モーツァルト、ベートーベン、ショパン、リスト、ドビュッシー、ラヴェル。

どうしても、最低限の作曲家と、楽曲を選べと言われたら、こうなる。ただし、ピアノに限る。
そして、これらは100~200年前後・・・多くの人々に演奏されてきた、人類の宝

それらを演奏する時には、もちろん、楽譜を読み、それぞれの時代背景、国、言語、人格、出来事などをすべて、勉強し(知識とし)、彼らの芸術を一人ひとりがいかに演ずるか?というところに、こだわる。

もちろん、演奏者は、作曲者ではない。あくまでも、その作品を鑑賞する第一人者が演奏者であり、自分の感動を、また聴衆に伝える役割をになう。

そのとき、けっして楽譜を持ち、読譜しない。暗譜が原則。
なぜなら、やはり、自分の中にその楽曲を取り込み、自分の心を載せて、音を醸し出す必要があるから。

やはり、・・・読譜することと、実際の音を楽しむことは・・・違うから?

でも、ならば、吹奏楽や、オーケストラはガンガン楽譜見ているけど?という疑問もあるが、それは、実はやはり「ソリスト」と「交響楽、合奏」のパフォーマンスの違いにあると思う。

オケは人数が多く、長く・・・しかもその大人数を、シンクロさせることが命。1人の間違いが全体にかける迷惑は大きく、つまり、一人ひとりの責任が本当に重い
完全に暗譜しきるようなことに、脳力を使うとロスになる。


レッスンで、音譜読みをすすめて・・・もちろん私はトコトン、楽譜には「ドレミ」とカタカナなど頑なに書き込まないけれど・・・書くと、カタカナばっかり読んでますます、5線も玉の場所もみないから・・・C、Fとコードネームはガンガン書き込む。

こちらは、「目に入れて欲しい情報の一つ」だから。

でも、なぜか・・・楽譜、読譜拒否派ほど、楽譜に「落書き」をしたがる。これ、本当に全員そうだなぁ。
中には、消えないペンで絵を描いたり、5線に勝手に×を書くことも。(オクターブとどかない子に、この音は抜こうか、というと、消えないボールペンで、×してあった・・・orz)

「楽譜に書いていいのは先生だけで、もし、落書きしたら、先生は楽譜に大きく×を書いて、そのあとその曲をきかないよ!」と脅しにかかるw。

実際、本当に、余計な情報を落書きしようという、その感覚が分からないんだけどねぇ^^;。初見をがっちりやるようになってからは、本当に、初めて読んで曲想も全部表現してやる!と、そのためには、事細かに楽譜を読まねば!と思うのに、髪の毛やカスでも、ジャマになるものはムカつくというのにw。

脅した後、楽譜とは「メモ」なんだよ。同じ曲を何度でも弾けるように、という事や、「忘れたくないことを書き込んでおく大切なモノ」ね、と説明。

でも・・・ほんと、「ピアノを弾けること」をはじめ、楽器の価値、楽譜の価値・・・分かってもらうのって大変だなぁ。


ジャズに取り組むに当たって・・・やっぱり、なぜ?と思うと「和音の織り成す、流れから自分の心の感じ方が、表現できるのでは?」ということもあるし・・・あと、単純に「なんで、自由にならない?」という疑問を、解消したかった。
分かってないこと、音楽の仕組みやら、どうして、こう動くのか・・・その謎が解けていく気がした。

そう、音楽の「謎をときたい」のだ。どうして、気持ちいいのか、悲しいのか、寂しいのか。やっぱりジャズは、マーチのようなルンルン、シャキシャキではない、複雑な人間の心理に近い気がする。

だから、子供っぽい、大人っぽい・・・でいうと、大人の音楽、になるんだろうなぁ。
明るく、あまり、苦労を知らない人には「薄暗い音楽」wみたいに捉えられるのかもなぁ。

と、思うままにダラダラ書いたので・・・結論としては・・・楽譜を読む、読まないにしても、すべてまず、「音楽ありき」。そして目的ありき。目的によって、譜読みを切り捨ててはいけないけれど、目的によっては切り捨てるのもアリじゃないか?

という感じかな。
[ 2010/09/12 23:11 ] ピアノ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター

★History★
2001-5-4 前HP開設

2005-09-09 Fri ブログ開設
2006-09-09
  ★10000hit祝★
2007-04-15
  ★20000hit祝★
2007-10-24
  ★30000hit祝★
2008-02-27
  ★40000hit祝★
2008-06-23
  ★50000hit祝★
2008-10-22
  ★60000hit祝★
2009-02-12
  ★70000hit祝★
2009-05-15
  ★80000hit祝★
2009-09-13
  ★90000hit祝★
2009-12-11
  ★100000hit(^^*)v祝★
2010-09-21
  ★120000hit(^^*)v祝★
ありがとうございます♪
X'mas count down star
プロフィール

工藤 直子

Author:工藤 直子
お互いの顔の見えるお付き合いができる利点で近頃
mixi(「銀のしっぽ」で検索してください)、
ツイッター
facebook
の方に日常のこと、音楽のことをブツブツと書いております。
マイミク、facebook友達登録はお知り合いかメールでからんだ方限定、ツイッターはどしどしフォローお待ちしております。

音楽教室は、4月年度代わりの、5月スタートのところが多いですが、ウチでは、いつでもスタート受け付けています♪
いつもどうすれば「より短時間でより上手くなる」か、「たくさんの曲が弾けるようになる」か、「楽譜ナシで自分で伴奏が出来るようになる」かなどを考えつつ、レッスンしています。

ただし!質の高い音楽をやるからには「楽譜から曲をきちんと解釈すること」は不可欠。ソルフェージュも力を入れます。

※現在のところ、早期開始の全員、「絶対音感」を身に付けてもらっています。

私自身は、きちんとした「訓練」によって付いたものではないのですが、とにかく「便利な能力」。息子達には付けさせるぞ!といくらかの本を買い、実行した結果「完璧な絶対音感」が身につきました。

その実績を生かして、生徒さんにも実践しています。

もちろん、特別な料金など要りません。あくまでも自然に当たり前に、「絶対音感持ち」になります^^。

ただし、これは「8歳までのお子さんまで」に実践しないと、脳の発達上、難しいです。

これが、音楽は早期教育が必要な所以です。

月4回(年間46回)、一回40分レッスンです。

教室空き時間

ピティナ指導会員♪

PEN会員♪

メールフォームからご連絡くだされば、詳細をお知らせします♪
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
グランドピアノYAMAHA C3X、グランドピアノK.KAWAI GM10、KAWAI 電子ピアノCA95、トランペット6本(スパーダ、ヤマハC管YTR-8445S KMV、ストンピ ピッコロトランペット、ヤマハYTR-4335GS、ニッカンコルネット、スワロー、Jマイケル250、ポケトラ)Tpマウスピースは現在15本。
サックス2本(Jマイケルアルト、テナー)
クラリネット、フルート(いずれもJマイケル)
バイオリン3本(SUZUKI、ハルシュタットV45、バッタモン、弓4本)
チェロ(ハルシュタット)
エレキギター2本、ベース1本、フォークギター(MORIS)、ギタレレ、ウクレレ1本
ブルースハープ3本(C,F、B)
お箏、三線、尺八
リコーダー(ソプラノ3本、アルト2本)
ピアニカ2台、タンバリン、トライアングル、カスタネット、鈴
と、キーボード(YAMAHA)、EMR1(MIDI音源)など、数えたら40ほどの楽器に囲まれております。

とにかく、家族で楽器オタクです。

クラシック、ジャズ、ロック、邦楽(お箏、三味線、民謡、演歌含むw)大好き。

また、大変ガンオタ(ガンダムのみ1年戦争限定)・・・加えて、アニメ全般、どの楽器でもアニメソングを演奏できますデス♪(それが一番楽しかったりして?)

このよーな大変オタッキーな銀猫一家ですが、よろしくお願いいたします。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
過去ログ +

2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【3件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【3件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【15件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【2件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【2件】
2016年 02月 【3件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 03月 【2件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【11件】
2014年 09月 【10件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【4件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【6件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【2件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【4件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【15件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【10件】
2010年 07月 【8件】
2010年 06月 【7件】
2010年 05月 【15件】
2010年 04月 【12件】
2010年 03月 【21件】
2010年 02月 【18件】
2010年 01月 【14件】
2009年 12月 【17件】
2009年 11月 【13件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【13件】
2009年 07月 【20件】
2009年 06月 【17件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【17件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【17件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【18件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【23件】
2008年 07月 【19件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【19件】
2008年 03月 【19件】
2008年 02月 【19件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【22件】
2007年 11月 【19件】
2007年 10月 【23件】
2007年 09月 【21件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【19件】
2007年 06月 【21件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【17件】
2007年 02月 【16件】
2007年 01月 【14件】
2006年 12月 【22件】
2006年 11月 【24件】
2006年 10月 【24件】
2006年 09月 【18件】
2006年 08月 【17件】
2006年 07月 【21件】
2006年 06月 【14件】
2006年 05月 【23件】
2006年 04月 【22件】
2006年 03月 【19件】
2006年 02月 【23件】
2006年 01月 【22件】
2005年 12月 【20件】
2005年 11月 【22件】
2005年 10月 【14件】
2005年 09月 【12件】

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2ブログランキング
覗いてくださってありがとうです。

FC2ブログランキング

このブログを気に入ったらクリックしてね!
リンク
Hyper-BooさんのHP

hyper

国産の古いトランペットを展示・保存・調査研究するマニアのためのデジタル・ミュージアム