BRASS思考でいこう!  

工藤音楽教室講師工藤直子です。上の息子工藤臨は2007年6月の中学3年生からセンチュリーユースオーケストラでトランペットを吹いてきました(2017年就職により退団)。大阪桐蔭高校吹奏楽部を経て、大阪教育大学芸術音楽コースで学んだトランペット奏者。下の息子、工藤仁はピアノを弾いています。

音楽練習考。

音楽をやる、演奏するということってなんだろう?
と思ったとき、ふと、今、自分がやっている「練習」ってなんだろうな、と思う。

今は金銭的理由から、私自身はレッスンを受けていない。
でも、毎日、とにかく、スケール全調と、ハノンで指をクタクタにさせてみてから、モーツァルト、ベートーベン、ハイドンのどれかのソナタを2つくらい(全楽章)弾く。

そうだ、ベートーベンソナタは、いつか全部弾いてみるぞと決めて以来、現在1、2、3、4、5、7、8、11、14、15、17、19、20、21、23、26は弾いてみた(うっ、弾いていて当たり前の領域から1歩も出ていない?)。モツとハイドンはあわせて15曲くらいかな?

その次に、バッハのシンフォニアか、フランス組曲かイギリス組曲かを2曲以上。
それから、ドビュッシー(月の光、パスピエ、アラベスク、グラドゥス、雨の庭)ラヴェル(オンディーヌ、道化師)の中から2つくらい。
リストはため息に取り組み。

そうだ、毎日ショパンは「木枯らし」を通して、今はワルツの34-1もやってる。

それから、ジャズ
やーーっと分かってきたwwと言っていいぞ!!とこの頃思う程度に頑張ってる。

これは、やればやるほど、「ああ、私が子供らに教えてきた事は、間違ってなかったんだ(爆)」と思うわけだけどw。

ジャズの理解は・・・実はドビュッシーやラヴェルを始めとした近現代の音楽が、なぜ、一見複雑そうに見えて、実は規則にのっとって作っていった(もしくは壊していった)事がわかれば、譜読みもしやすくなる。


私は美術系の大学を出たんだけども・・・その中で、「絵とはなんぞや?」「美とはなんぞや?」という事を様々に考えてきたし、歴史も知ったし。

いろいろな、作品を作り、個展も過去にはやったけども・・・結局、やはり音楽と同じところに行き着くのは
「なぜ、絵を描くのか?」
ということだった。

写真がある現代、そうでなかった時代のように、生きている人を、そのまま描き出すという役割はなくなり、ゴッホを始めとする印象派の時代にも、またピカソによっても、「あるがままを描く意味」は失われていった。

それでも描く意味は「精神性の表現」であったり、「現実からイメージの世界への旅」であったり。

そして、その、「精神性の表現」こそが、誰かの模倣ではなく、自分が生きて感じている事の表現であり、描く意味であったり。

しかし、絵にしろ音楽にしろ「学校」というものがある。
「学ぶもの」である事も共通。まったく、これまで過去に表現されてきたものを知らないままで、「これが私の表現です」と言われても、それは「表現」に成功しているとは言えない。

特に音楽は、学び、積み上げ、「なぜ美しいのか」を追求してきたものだけが、その先へ行けるもの。その点、美術の方は・・・もっと敷居自体は低いかもしれないけど。

その、「表現に対する評価」は、つまり・・・「私、この曲好きだな」「この絵好きだな」という、単純な思いから生まれる。


私は・・・ピアノを教えるとき、いつも一番に考えていたいのは
「この曲、好きになろう」ということ。
自分が好きでもない曲を、聞いている人が好きになってくれるわけがない。
たとえ、ツェルニーだって、「好きだから弾いて欲しい」し、ハノンですらそう。
ハノンなんかの方が、「なぜ、好きか」答えられる人が多いかも。単に自分の指が高速で明解な音でパラパラ動いてくれるようになった時、快感だから。

その後に弾いた曲の指回りも良くなっていると実感できるから。

でも・・・それを発見できるまでは・・・。
「なんで、こんなつまらない事をやっているんだろう」としか思えなかったら・・・。それは効果的じゃない。

で、教える側としては、「ヒチ難しいテクニックの講釈」ではなくて、まぁ、弾いて見せて、響きの違いを感じてもらったりする。

つまり、先生としては、ハノンでも「美しい」と思ってもらえるような、音を目指して練習しておかないといけない、という感覚になる。

そして、それ自体が・・・
「いずれあなたも、教える日が来て、こういう音色にしてねという時、自分が出来なかったらこまるでしょ?出来るようになったら、習っていないママやパパに、教えてあげよう」という話になる。


自分がやっている事で・・・一番、これだな、と思えることは
「誰かにやらされてピアノを弾いているんじゃない。自分がやりたいからやっているんだ」
と強く思っている事。そう思える曲を片っ端から弾いていく事。

そして、その気持ちを、子供達に伝える事。本当はこれが、生きていく上で何をするのでも、見失ってはいけない一番大切なことだと思う。

だから、イヤイヤ勉強をさせられていると思ったり、英語教室に通わされていると思ったり、野球部、サッカー部、テニス部なんぞでも「走らされている」と思ったり・・・そんなバカバカしい気持ちで何事もやって欲しくない。
音楽を教える側としても、親としても、「やらせている」なんぞと誤解が生まれないようにしなきゃなぁ。

でも・・・人によっても年齢によっても・・・「何が嫌で何がやりたいのか」が違うから、難しいんだけど。

ただし、私や息子が・・・ピアノを練習している理由は、あきらかに
「難しいから楽しい」w。
ジュリの現在の練習メニューは、ツェルニー30、ベトソナタ7番、バッハイギリス組、リストハンガリー2、ドビュッシー喜び島、ムソルグスキー展覧会プロムナーデバーバヤーガ、キエフ
ショパンの10-4は毎回通す感じ。

たまに、ラヴェルの道化師やら弾いてくれるけど・・・2重グリッサンドで撃沈してるからなぁ。

複雑な楽譜が大好きなわりに、初見がバチっとこないのがダメだなぁ。

あと・・・、いかに、弾く事に単純な音形だと思えるような、古典派のソナチネなんぞでも、だからこそ、どうやったら魅力的になるのか?という「むしろ、の難しさw」も楽しいことに気が付いてくれたらいいんだろうけどな。

トランペットの兄ちゃんに関しては、もちろん、それは痛いほど実感している。「音色が勝負」の楽器だから。

でも・・・管楽器にしろ・・・弦にしろ、超技巧でないとまったく通用しない世界では「難曲への取り組み」が楽しい人間だけが残っていく・・・いや、違うな。
ピアノよりずっと「発音自体が難しい」分、間口が狭いんだな。(これはまた別の機会に)

しかし、兄弟そろって、細かいピッチまで聞き分ける絶対音感の精度の良さは、親としてと言うより音楽やる者同士として、非常に尊敬。
そういう点では「調律師」や楽器製作側への適性も感じないではないけれど・・・とにかく、このアスペ君は・・・工作や職人的なことができるのかどうか。

はぁ・・・。
[ 2010/08/12 19:56 ] ピアノ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター

★History★
2001-5-4 前HP開設

2005-09-09 Fri ブログ開設
2006-09-09
  ★10000hit祝★
2007-04-15
  ★20000hit祝★
2007-10-24
  ★30000hit祝★
2008-02-27
  ★40000hit祝★
2008-06-23
  ★50000hit祝★
2008-10-22
  ★60000hit祝★
2009-02-12
  ★70000hit祝★
2009-05-15
  ★80000hit祝★
2009-09-13
  ★90000hit祝★
2009-12-11
  ★100000hit(^^*)v祝★
2010-09-21
  ★120000hit(^^*)v祝★
ありがとうございます♪
X'mas count down star
プロフィール

工藤 直子

Author:工藤 直子
お互いの顔の見えるお付き合いができる利点で近頃
mixi(「銀のしっぽ」で検索してください)、
ツイッター
facebook
の方に日常のこと、音楽のことをブツブツと書いております。
マイミク、facebook友達登録はお知り合いかメールでからんだ方限定、ツイッターはどしどしフォローお待ちしております。

音楽教室は、4月年度代わりの、5月スタートのところが多いですが、ウチでは、いつでもスタート受け付けています♪
いつもどうすれば「より短時間でより上手くなる」か、「たくさんの曲が弾けるようになる」か、「楽譜ナシで自分で伴奏が出来るようになる」かなどを考えつつ、レッスンしています。

ただし!質の高い音楽をやるからには「楽譜から曲をきちんと解釈すること」は不可欠。ソルフェージュも力を入れます。

※現在のところ、早期開始の全員、「絶対音感」を身に付けてもらっています。

私自身は、きちんとした「訓練」によって付いたものではないのですが、とにかく「便利な能力」。息子達には付けさせるぞ!といくらかの本を買い、実行した結果「完璧な絶対音感」が身につきました。

その実績を生かして、生徒さんにも実践しています。

もちろん、特別な料金など要りません。あくまでも自然に当たり前に、「絶対音感持ち」になります^^。

ただし、これは「8歳までのお子さんまで」に実践しないと、脳の発達上、難しいです。

これが、音楽は早期教育が必要な所以です。

月4回(年間46回)、一回40分レッスンです。

教室空き時間

ピティナ指導会員♪

PEN会員♪

メールフォームからご連絡くだされば、詳細をお知らせします♪
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
グランドピアノYAMAHA C3X、グランドピアノK.KAWAI GM10、KAWAI 電子ピアノCA95、トランペット6本(スパーダ、ヤマハC管YTR-8445S KMV、ストンピ ピッコロトランペット、ヤマハYTR-4335GS、ニッカンコルネット、スワロー、Jマイケル250、ポケトラ)Tpマウスピースは現在15本。
サックス2本(Jマイケルアルト、テナー)
クラリネット、フルート(いずれもJマイケル)
バイオリン3本(SUZUKI、ハルシュタットV45、バッタモン、弓4本)
チェロ(ハルシュタット)
エレキギター2本、ベース1本、フォークギター(MORIS)、ギタレレ、ウクレレ1本
ブルースハープ3本(C,F、B)
お箏、三線、尺八
リコーダー(ソプラノ3本、アルト2本)
ピアニカ2台、タンバリン、トライアングル、カスタネット、鈴
と、キーボード(YAMAHA)、EMR1(MIDI音源)など、数えたら40ほどの楽器に囲まれております。

とにかく、家族で楽器オタクです。

クラシック、ジャズ、ロック、邦楽(お箏、三味線、民謡、演歌含むw)大好き。

また、大変ガンオタ(ガンダムのみ1年戦争限定)・・・加えて、アニメ全般、どの楽器でもアニメソングを演奏できますデス♪(それが一番楽しかったりして?)

このよーな大変オタッキーな銀猫一家ですが、よろしくお願いいたします。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
過去ログ +

2017年 04月 【3件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【3件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【15件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【2件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【2件】
2016年 02月 【3件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 03月 【2件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【11件】
2014年 09月 【10件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【4件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【6件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【2件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【4件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【15件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【10件】
2010年 07月 【8件】
2010年 06月 【7件】
2010年 05月 【15件】
2010年 04月 【12件】
2010年 03月 【21件】
2010年 02月 【18件】
2010年 01月 【14件】
2009年 12月 【17件】
2009年 11月 【13件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【13件】
2009年 07月 【20件】
2009年 06月 【17件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【17件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【17件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【18件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【23件】
2008年 07月 【19件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【19件】
2008年 03月 【19件】
2008年 02月 【19件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【22件】
2007年 11月 【19件】
2007年 10月 【23件】
2007年 09月 【21件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【19件】
2007年 06月 【21件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【17件】
2007年 02月 【16件】
2007年 01月 【14件】
2006年 12月 【22件】
2006年 11月 【24件】
2006年 10月 【24件】
2006年 09月 【18件】
2006年 08月 【17件】
2006年 07月 【21件】
2006年 06月 【14件】
2006年 05月 【23件】
2006年 04月 【22件】
2006年 03月 【19件】
2006年 02月 【23件】
2006年 01月 【22件】
2005年 12月 【20件】
2005年 11月 【22件】
2005年 10月 【14件】
2005年 09月 【12件】

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2ブログランキング
覗いてくださってありがとうです。

FC2ブログランキング

このブログを気に入ったらクリックしてね!
リンク
Hyper-BooさんのHP

hyper

国産の古いトランペットを展示・保存・調査研究するマニアのためのデジタル・ミュージアム