BRASS思考でいこう!  

工藤音楽教室講師工藤直子です。上の息子工藤臨は2007年6月の中学3年生からセンチュリーユースオーケストラでトランペットを吹いてきました(2017年就職により退団)。大阪桐蔭高校吹奏楽部を経て、大阪教育大学芸術音楽コースで学んだトランペット奏者。下の息子、工藤仁はピアノを弾いています。

音楽の行く先。

このブログを書き始めて、はや5年。
思えば、上の息子は中学1年生、下は4年生だった。

上の息子キリンも、幼稚園年中からピアノをはじめ、4年生でショパン子犬、5年生でモーツァルトのトルコ行進曲を弾き、中学1年で悲愴1楽章を弾いていた。中3の春にはカプースチンのプレリュードで発表会にも出た。

下の息子ジュリは5年生でベートーベン悲愴2楽章、6年生でラヴェルのソナチネ3楽章、中1でドビュッシー雨の庭、中2でショパン幻想即興曲、と弾いてきた。

上の子はヤマハの教室で4歳からピアノをやり、下の子は3歳上のお兄ちゃんと一緒に1歳から連れて行き、言葉を覚えるよりも先にドレミを覚え、小学校1年生では「1度目のツェルニー30番」も弾いていたし、月光1楽章をオクターブ抜きで最後まで弾いていた。
その頃は「この子は天才だ!!」と思ってたw。なにせ、2歳ででベートーベンのソナタの曲と楽譜がどれが見分けられたんだから。
(このブログのカテゴリーのにあるように、自閉症、アスペルガーの診断を小3受けていて、いわゆるサヴァン症候群と言えると思う)

こんな経緯できて、キリンは中学でトランペットに転向し、全国大会金賞の高校に入学し、現在高3で芸大受験に向けて勉強中。
そして、ジュリは現在中3。

2人とも、人生の先を決める年にさしかかり、キリンは、自分の目的をしっかりと持って、できる限りの努力はしている。
さて、ジュリは・・・。


一応、このブログの紹介文に、「キリンはトランペット奏者を目指し、ジュリはピアニストを」と書いてはいるものの。
中3で、確かにこれまで弾いてきた曲、譜読み、音楽に対する理解、はちゃんと出来ている、がしかし。

ピアノは、弾ければナントカなるという世界ではない
「どのように弾くのか」が、同じ楽譜を演奏しても、それぞれ違う。何が違うのか?
それは、「感銘度」、人を感動させる度合い、が違うのだ。

つまり、逆に、感動させる演奏が出来なければ、プロにはなれない。

そして、その「感動させる」ために、不可欠な要素はたくさんある。「何を思い、どう感じて欲しいかを実現できる」などが、最も大切。
そして、その事を実現するために「ミスをしない」

それらが、本人の「性格」や「感じ方」に繋がっている
つまり、「性格が音に出る」

そしてこれは、実は、大人になれば、上達すれば、というだけではなく、まだまだ幼いうちからも、それに左右される、ということだ。
むしろ、年齢は演奏とは関係ない、とも言える。

何歳でも、その、「どう感じているか」をきちんと音で描き出せる子は、ピアニストなんだと思う。

その点において、ジュリはどうなんだろうなぁ・・・と。
まだまだ、とも当然思える。しかし、たまに「えっ」と思うような演奏をする。


ジュリも中学3年で、間もなく進路説明会がある。それに先駆けて、受験希望校を紙に書いた。
それは、校区の「音楽高校」ではない。「工業系高校」。

そもそも、数学が得意で、中間テストでも80点以上を取ってる。理科も大好き。
逆に「国語」が破壊的。

校区の公立音楽高校は、国語英語の配点が大きく、定期テストでそれこそ80点以上は取っていないと無理な偏差値。
いくら、ピアノをもっと追求したい、と思っても、全く無理なのだ

そして、・・・その「ピアノを追求する」って・・・。
それは、果たしてどういうことなのか?
まず、そのことが、大切なポイント。


ピアノを教えていて・・・はじめは幼稚園年中、4歳からの子がほとんど。よほどでない限り、それ以前に先生に付き習いに行っても、お金と労力の無駄に終わる事が多い。

その4歳から、ピアノを弾き続け、小学生のあいだに、なんとか、うちの2人程度の楽曲まで弾けるようになり・・・。
でも、それって・・・それでも、実は世の中には、「その程度の子」って大量にいる

様々なコンクールを見ても、いちいち思い知らされる。
そして、そのコンクールに勝ち残った子でさえ、「ピアニストになれる」とは、限らない。音楽高校に進めるかも、芸大、音大に進めるのかも、分からない。

いや、はっきり言って・・・ほとんどが無理だとどこかの時点で諦めていくのが現実。

芸大を出ても、演奏家にはならず、別の仕事に就く人も、大量にいるのだ。
また、「講師になる」という選択が出来るのも、なんとか、音楽に携わって生計を立てる、という範疇には入る。

でも・・・演奏を追及してきて、弾き続けても、追っても追っても・・・。
ピアノを、追求すること、というのは、結局その実現とは、本当に選ばれし一握りの人、でしかない。


そして、ジュリはまず、その音楽高校という道はまず、諦め、工業高校に、うまく合格したとする。
そして、大学は?目指している一番いいランクの高校からは、工業系の国立大も合格者はいる。そして、では工業系大学に受かるとしよう。

で、就職する先は、一生の生業にしていく、職種は、分野は・・・・・・ハイ、ピアノとは無関係。
世の中の多くの人々が、そうであるように。

このことは、キリンの進路にももちろん、言えることで。

しかし。
あえて言おうw。諦めろとは言わない。何事も。
と、いうのも、世の中の今、「音楽で生計をててている人」も、諦めなかったから、今があるわけで。
逆に言えば「なれている人も、いるのだ」。

それでも、日本では、・・・住んでいる地域では、音楽高校の敷居は高くても、弾き続けていられる限りはとにかく追求し続けて欲しい。

まだまだ、本人らが、「到達できていない境地」「分かっていないこと」を、人間的に成長する事で、手に入れることが出来る日が来るかもしれない。

その積み重ねが人に深い感銘を与える事ができる、材料になるかもしれないのだから。

私はあくまでも親であって、本人ではない。本人らの人生は、親が変わってやる事もできない。しかし、子供らに、そういった材料を、何らかあげる事はできるかもしれない。

それが、息子達に音楽をやらせ、生徒さんたちに伝えること・・・。そして、それが私自身が精一杯音楽を追求したいということを実現できる事なのだ。

ということで、息子達、頑張ってくださいw。
[ 2010/06/06 12:01 ] 音楽 | TB(-) | CM(2)
本人の想い
こんにちは! 

結局は「本人がどういう将来を進みたいのか?」と言う想いの大きさなんでしょうかねえ・・。

うちの息子たちは将来に対してまだ漠然としていて、「やりたい事が見つかっていない(もしくはわからない)のならば、将来の選択肢を広げる為に、少しでも勉強のレベルを上げる事が今やるべき事」としか言えません。
ただ、親元で学生をやってられるのもあと数年くらいですし、大学に進学するにせよ高卒で就職するにせよ、学生である間に「一人で生活して行けるだけのスキルは身に付けさせねばならない」と、親としては感じるところではあります。

お互い、2人の子供の進路が決まるまであと数ヶ月、頑張りましょう!
[ 2010/06/06 14:32 ] [ 編集 ]
そうですね・・・。
実際、子供を育て、この年齢になり・・・。
そして、ピアノ教室でもお子さんをお預かりして、教える立場・・・として、果たして、練習していった先に何があるのか?

どうなっていくのか?

それを、書いていくのが何らかの意味があるんじゃないかなと思う事もあります。

何のために、親もお金をかけて、時間をかけて、「音楽を練習していく」とは、人生においてどういう意味なのか。

それが見つかっている人こそが、上達していけるんじゃないかと、思うんですよね。
ナニゲにやはり最近はブログ名「BRASS思考」というお題ながら、ピアノ練習者の方や関係者の方が読者が多く、「子供を上達させたい保護者さん方」に、考えてほしい事でもあったりします。

それもこれも、ほんと、進路がよい方向へたどり着けたら、どんなに嬉しいか知れません^^;。

考えてみれば、こうして書き始めてから、上の子の高校の先輩方、オーケストラでご一緒の方、受験された方々は見事国公立芸大合格者ばかり。なのに、う、う、うちは・・・とならないよう、祈るばかりです(^^;;。
[ 2010/06/06 16:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター

★History★
2001-5-4 前HP開設

2005-09-09 Fri ブログ開設
2006-09-09
  ★10000hit祝★
2007-04-15
  ★20000hit祝★
2007-10-24
  ★30000hit祝★
2008-02-27
  ★40000hit祝★
2008-06-23
  ★50000hit祝★
2008-10-22
  ★60000hit祝★
2009-02-12
  ★70000hit祝★
2009-05-15
  ★80000hit祝★
2009-09-13
  ★90000hit祝★
2009-12-11
  ★100000hit(^^*)v祝★
2010-09-21
  ★120000hit(^^*)v祝★
ありがとうございます♪
X'mas count down star
プロフィール

工藤 直子

Author:工藤 直子
お互いの顔の見えるお付き合いができる利点で近頃
mixi(「銀のしっぽ」で検索してください)、
ツイッター
facebook
の方に日常のこと、音楽のことをブツブツと書いております。
マイミク、facebook友達登録はお知り合いかメールでからんだ方限定、ツイッターはどしどしフォローお待ちしております。

音楽教室は、4月年度代わりの、5月スタートのところが多いですが、ウチでは、いつでもスタート受け付けています♪
いつもどうすれば「より短時間でより上手くなる」か、「たくさんの曲が弾けるようになる」か、「楽譜ナシで自分で伴奏が出来るようになる」かなどを考えつつ、レッスンしています。

ただし!質の高い音楽をやるからには「楽譜から曲をきちんと解釈すること」は不可欠。ソルフェージュも力を入れます。

※現在のところ、早期開始の全員、「絶対音感」を身に付けてもらっています。

私自身は、きちんとした「訓練」によって付いたものではないのですが、とにかく「便利な能力」。息子達には付けさせるぞ!といくらかの本を買い、実行した結果「完璧な絶対音感」が身につきました。

その実績を生かして、生徒さんにも実践しています。

もちろん、特別な料金など要りません。あくまでも自然に当たり前に、「絶対音感持ち」になります^^。

ただし、これは「8歳までのお子さんまで」に実践しないと、脳の発達上、難しいです。

これが、音楽は早期教育が必要な所以です。

月4回(年間46回)、一回40分レッスンです。

教室空き時間

ピティナ指導会員♪

PEN会員♪

メールフォームからご連絡くだされば、詳細をお知らせします♪
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
グランドピアノYAMAHA C3X、グランドピアノK.KAWAI GM10、KAWAI 電子ピアノCA95、トランペット6本(スパーダ、ヤマハC管YTR-8445S KMV、ストンピ ピッコロトランペット、ヤマハYTR-4335GS、ニッカンコルネット、スワロー、Jマイケル250、ポケトラ)Tpマウスピースは現在15本。
サックス2本(Jマイケルアルト、テナー)
クラリネット、フルート(いずれもJマイケル)
バイオリン3本(SUZUKI、ハルシュタットV45、バッタモン、弓4本)
チェロ(ハルシュタット)
エレキギター2本、ベース1本、フォークギター(MORIS)、ギタレレ、ウクレレ1本
ブルースハープ3本(C,F、B)
お箏、三線、尺八
リコーダー(ソプラノ3本、アルト2本)
ピアニカ2台、タンバリン、トライアングル、カスタネット、鈴
と、キーボード(YAMAHA)、EMR1(MIDI音源)など、数えたら40ほどの楽器に囲まれております。

とにかく、家族で楽器オタクです。

クラシック、ジャズ、ロック、邦楽(お箏、三味線、民謡、演歌含むw)大好き。

また、大変ガンオタ(ガンダムのみ1年戦争限定)・・・加えて、アニメ全般、どの楽器でもアニメソングを演奏できますデス♪(それが一番楽しかったりして?)

このよーな大変オタッキーな銀猫一家ですが、よろしくお願いいたします。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
過去ログ +

2017年 04月 【3件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【3件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【15件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【2件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【2件】
2016年 02月 【3件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 03月 【2件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【11件】
2014年 09月 【10件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【4件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【6件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【2件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【4件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【15件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【10件】
2010年 07月 【8件】
2010年 06月 【7件】
2010年 05月 【15件】
2010年 04月 【12件】
2010年 03月 【21件】
2010年 02月 【18件】
2010年 01月 【14件】
2009年 12月 【17件】
2009年 11月 【13件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【13件】
2009年 07月 【20件】
2009年 06月 【17件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【17件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【17件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【18件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【23件】
2008年 07月 【19件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【19件】
2008年 03月 【19件】
2008年 02月 【19件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【22件】
2007年 11月 【19件】
2007年 10月 【23件】
2007年 09月 【21件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【19件】
2007年 06月 【21件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【17件】
2007年 02月 【16件】
2007年 01月 【14件】
2006年 12月 【22件】
2006年 11月 【24件】
2006年 10月 【24件】
2006年 09月 【18件】
2006年 08月 【17件】
2006年 07月 【21件】
2006年 06月 【14件】
2006年 05月 【23件】
2006年 04月 【22件】
2006年 03月 【19件】
2006年 02月 【23件】
2006年 01月 【22件】
2005年 12月 【20件】
2005年 11月 【22件】
2005年 10月 【14件】
2005年 09月 【12件】

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2ブログランキング
覗いてくださってありがとうです。

FC2ブログランキング

このブログを気に入ったらクリックしてね!
リンク
Hyper-BooさんのHP

hyper

国産の古いトランペットを展示・保存・調査研究するマニアのためのデジタル・ミュージアム