BRASS思考でいこう!  

工藤音楽教室講師工藤直子です。上の息子工藤臨は2007年6月の中学3年生からセンチュリーユースオーケストラでトランペットを吹いてきました(2017年就職により退団)。大阪桐蔭高校吹奏楽部を経て、大阪教育大学芸術音楽コース卒業。 現在ヤマハ製造工場、吹奏楽団員として演奏活動頑張っています。下の息子、工藤仁はピアノを弾いています。

youtubeってすごいね。

ふと、気が向いて・・・なんのキッカケもなかったんだけど、「ドラえもん」の旧作のOPをyoutubeで見てみた。
そう・・・しばらく前から、昔の・・・私らが小さい頃のアニメとかOP、EDとか、上手くすれば本編だってUPされていることもあることは知っていたが、まだ見ていなかった。

「旧作ドラえもん」の歌は、粘っこい演歌だった。そして、その横の関連動画の中には、「ジムボタン」があり、思わずクリックした。

懐かしい!!こんなのをUPしてるんだな。私が小学低学年の頃に、放送していたアニメで、機関車が出てくる。おお、こんな絵だった、こんな歌だった。

と感動しながら見ていると・・・後ろから、その主題歌を歌いながら、近づいてくる・・・振り返ればダンナ。
めっちゃ歌ってるし。
私は・・・小さすぎて覚えていなかったのに、3歳上のダンナは・・・しかも、画面も見ずにガッツリ歌えるって・・・。

そう、オタクの深度は、私よりダンナの方が、数段、いや、かなり上なのだ。
その後、キャンディキャンディ、ムーミン、うる星やつら、ラ・セーヌの星、おんぶオバケ、ガンバの大冒険、小さなバイキングビッケ、山ネズミロッキーチャック、花の子ルンルン、などを見・・・。

今、聞いてみると、かなりの驚き。昔は歌がメインで心に残っているが、今は、アレンジの方ばかり聞いてしまう。

その後、そうだ・・・と「幻魔大戦」のキース・エマーソン!
これも、今聞きなおしてみると・・・なんと、ローズマリー・バトラーの歌が、全て歌える。英語が出てくる。
思い出した。私、そもそも、この幻魔大戦で、英語の歌詞を最初に覚えたんだ。
もちろん、訳も読んで。

そうかぁ、ここが・・・アニソンが英語学習のルーツかぁ。

その後、ゴダイゴの999、そして・・・まるでとっておいたように、「ガンダム、哀戦士、めぐりあい」を・・・。
またその動画が、「名シーン」とともに、流されて・・・。

今見ても涙が~~マチルダさあああん!!

そして、どれだけ、ブライトさんが好きだったか・・・シャアに惚れていたか
普通に再放送を見るのとは、また一味違って・・・凝縮されて感動できる感じ。

それだけ・・・見た上で・・・昔の・・・そう、私が幼稚園児、そして、小学生中学生の頃、本当に本気で宇宙へいけると思っていたし、どこかで・・・超能力、超能力者がいると思ってた。
超人ロックみたいなのが・・・、「地球へ」のジョミーみたいなのが・・・、東丈みたいなのが・・・いると思える世界だった。
うる星やつらの、異次元感・・・日常なのに、宇宙へ繋がっている感覚が、ものすごく良かった。

あの頃は・・・良かったなぁ。

今の方が、なんというか「ナマナマしい」というか・・・科学で不可解なことが解明されていくうちに、「超」を夢見る余地が無くなってしまった気がする。

もしかしたら、・・・イマジネーションの世界は・・・退行してしまったのだろうか?とさえ思える。

そのうちに、この宇宙のサイズまで分かってしまい、ビッグバンの謎も、ブラックホールも、分かってしまう日が来たら、「ああ時が見える」なんて・・・。
いや、ララァの言った「時が見える」と意味が違ってて・・・もっと、夢幻の余地を持たず、時が見えてしまうとすればそれは、きっと詰まらないんだろう。


たまに、「日本は太平洋戦争に敗戦し、アメリカに占領されたのだから、英語を公用語として教育されたかった」と思う事がある。

しかし。上記のアニメの・・・台詞の中で「時が見える」などという、「日本語」で言った時の「ニュアンス」というか・・・その言葉の中にある、ものすごい「超えた感覚」や・・・それは、他言語で表現できるものなんだろうか?と思ったりもする。

たとえば「透明」「遥かなる」「果てしない」など・・・。日本語で育ち、感覚を培ってきた日本人だからこそ「感じられるニュアンス」があるような気がする。
実は、きっと、英語でも、フランス語でも、中国語でも、韓国語でも、あるんだとうけれど、それをやっぱり訳しきるのは無理があるんだろうな。

言葉と、響きと、その意味。またイメージされる世界。

日本人は「エヴァ」とか「スーザン」「ゴンザレス」「ジョン」とか付けないよね・・・名前。エヴァは「絵婆」、スーザンは「酢惨」とか、「権座れす」とか・・・漢字が思い浮かんじゃって、その字の持つ意味と、「響き」をオーバーラップさせてしまうから・・・。

韓国人の名前でも、ヨン様でさえ、「ペ」という響きを、あまり素敵なモノと連想することが出来ない。

言葉って・・・不思議で、難しくて・・・またデリケートで、だいじなモンなんだと思う。
[ 2010/03/17 23:03 ] 音楽 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター

★History★
2001-5-4 前HP開設

2005-09-09 Fri ブログ開設
2006-09-09
  ★10000hit祝★
2007-04-15
  ★20000hit祝★
2007-10-24
  ★30000hit祝★
2008-02-27
  ★40000hit祝★
2008-06-23
  ★50000hit祝★
2008-10-22
  ★60000hit祝★
2009-02-12
  ★70000hit祝★
2009-05-15
  ★80000hit祝★
2009-09-13
  ★90000hit祝★
2009-12-11
  ★100000hit(^^*)v祝★
2010-09-21
  ★120000hit(^^*)v祝★
ありがとうございます♪
X'mas count down star
プロフィール

工藤 直子

Author:工藤 直子
お互いの顔の見えるお付き合いができる利点で近頃
mixi(「銀のしっぽ」で検索してください)、
ツイッター
facebook
の方に日常のこと、音楽のことをブツブツと書いております。
マイミク、facebook友達登録はお知り合いかメールでからんだ方限定、ツイッターはどしどしフォローお待ちしております。

音楽教室は、4月年度代わりの、5月スタートのところが多いですが、ウチでは、いつでもスタート受け付けています♪
いつもどうすれば「より短時間でより上手くなる」か、「たくさんの曲が弾けるようになる」か、「楽譜ナシで自分で伴奏が出来るようになる」かなどを考えつつ、レッスンしています。

ただし!質の高い音楽をやるからには「楽譜から曲をきちんと解釈すること」は不可欠。ソルフェージュも力を入れます。

※現在のところ、早期開始の全員、「絶対音感」を身に付けてもらっています。

私自身は、きちんとした「訓練」によって付いたものではないのですが、とにかく「便利な能力」。息子達には付けさせるぞ!といくらかの本を買い、実行した結果「完璧な絶対音感」が身につきました。

その実績を生かして、生徒さんにも実践しています。

もちろん、特別な料金など要りません。あくまでも自然に当たり前に、「絶対音感持ち」になります^^。

ただし、これは「8歳までのお子さんまで」に実践しないと、脳の発達上、難しいです。

これが、音楽は早期教育が必要な所以です。

月4回(年間46回)、一回40分レッスンです。

教室空き時間

ピティナ指導会員♪

PEN会員♪

メールフォームからご連絡くだされば、詳細をお知らせします♪
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
グランドピアノYAMAHA C3X、グランドピアノK.KAWAI GM10、KAWAI 電子ピアノCA95、トランペット6本(スパーダ、ヤマハC管YTR-8445S KMV、ストンピ ピッコロトランペット、ヤマハYTR-4335GS、ニッカンコルネット、スワロー、Jマイケル250、ポケトラ)Tpマウスピースは現在15本。
サックス2本(Jマイケルアルト、テナー)
クラリネット、フルート(いずれもJマイケル)
バイオリン3本(SUZUKI、ハルシュタットV45、バッタモン、弓4本)
チェロ(ハルシュタット)
エレキギター2本、ベース1本、フォークギター(MORIS)、ギタレレ、ウクレレ1本
ブルースハープ3本(C,F、B)
お箏、三線、尺八
リコーダー(ソプラノ3本、アルト2本)
ピアニカ2台、タンバリン、トライアングル、カスタネット、鈴
と、キーボード(YAMAHA)、EMR1(MIDI音源)など、数えたら40ほどの楽器に囲まれております。

とにかく、家族で楽器オタクです。

クラシック、ジャズ、ロック、邦楽(お箏、三味線、民謡、演歌含むw)大好き。

また、大変ガンオタ(ガンダムのみ1年戦争限定)・・・加えて、アニメ全般、どの楽器でもアニメソングを演奏できますデス♪(それが一番楽しかったりして?)

このよーな大変オタッキーな銀猫一家ですが、よろしくお願いいたします。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
過去ログ +

2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【3件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【3件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【15件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【2件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【2件】
2016年 02月 【3件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 03月 【2件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【11件】
2014年 09月 【10件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【4件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【6件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【2件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【4件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【15件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【10件】
2010年 07月 【8件】
2010年 06月 【7件】
2010年 05月 【15件】
2010年 04月 【12件】
2010年 03月 【21件】
2010年 02月 【18件】
2010年 01月 【14件】
2009年 12月 【17件】
2009年 11月 【13件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【13件】
2009年 07月 【20件】
2009年 06月 【17件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【17件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【17件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【18件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【23件】
2008年 07月 【19件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【19件】
2008年 03月 【19件】
2008年 02月 【19件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【22件】
2007年 11月 【19件】
2007年 10月 【23件】
2007年 09月 【21件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【19件】
2007年 06月 【21件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【17件】
2007年 02月 【16件】
2007年 01月 【14件】
2006年 12月 【22件】
2006年 11月 【24件】
2006年 10月 【24件】
2006年 09月 【18件】
2006年 08月 【17件】
2006年 07月 【21件】
2006年 06月 【14件】
2006年 05月 【23件】
2006年 04月 【22件】
2006年 03月 【19件】
2006年 02月 【23件】
2006年 01月 【22件】
2005年 12月 【20件】
2005年 11月 【22件】
2005年 10月 【14件】
2005年 09月 【12件】

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2ブログランキング
覗いてくださってありがとうです。

FC2ブログランキング

このブログを気に入ったらクリックしてね!
リンク
Hyper-BooさんのHP

hyper

国産の古いトランペットを展示・保存・調査研究するマニアのためのデジタル・ミュージアム