BRASS思考でいこう!  

工藤音楽教室講師工藤直子です。上の息子工藤臨は2007年6月の中学3年生からセンチュリーユースオーケストラでトランペットを吹いてきました(2017年就職により退団)。大阪桐蔭高校吹奏楽部を経て、大阪教育大学芸術音楽コース卒業。 現在ヤマハ製造工場、吹奏楽団員として演奏活動頑張っています。下の息子、工藤仁はピアノを弾いています。

2010年合同発表会!

発表会でした!
■年長Hちゃん/モーツァルト:メヌエット、木村弓:いつも何度でも(初出場)
初めてのホールでの発表会ということで、ハプニングもありましたが、現時点では精一杯、取り組めたのではないかと思います。

もちろん、この舞台がゴールなのではなく、ようやく「一つのスタート地点に立った日」になればいいな、と思いました。
コンクールなどとは違い、「発表会」は「日ごろの練習の成果発表」。十分、努力したことは、表現できたと思います。

■小1Rちゃん/ブルグミュラー:素直な心、アラベスク(初出場)
初めての舞台でしたが、みんなに言えることですが、堂々としていて、イヤイヤな子は一人もいませんでした。彼女は後からママに聞くと「緊張した」と言っていたらしいですが、ソデで控えている間も、ニコニコいつも通りで、いい雰囲気でした。

演奏は、まだまだ、手首の位置、各指の独立など課題はあるけれど、とにかく「歌い方」「雰囲気の作り方」が素晴らしい。詩的な音作りで、先が楽しみです。

■小2Mちゃん/ブルグミュラー:バラード('09小1ブルグミュラー:アラベスク)
2度目ということで、今年は?と思いましたが、「舞台演奏での音楽作り」という点で、伝え切れなかったカナ、という点が。

彼女だけではなく、今年、何人にも感じた課題でした。

彼女は芯の強さを持っているので、アラベスクやバラードといった、短調でキビシめ曲選びになっていますが、やわらかい曲も挑んで欲しいなぁ。

■小2Yちゃん/エースティン:お人形の夢と目覚め('09小1バッハ:メヌエットト長調)
彼女も2度目。私の生徒さんは、なぜか「バッハ」を舞台で弾く機会が多く、また、きれいに仕上げてくれますが、彼女も去年そうでした。

今年は「お人形」でガラっと雰囲気が違いますが、この曲はいろんな情景によってのテクニックが違い、いろんな上達が見込める曲です。
コーダのパッセージが、やはり、最大の課題で、それでも随分ツブがそろってきました。手首の位置が良い証拠です。

みんなに言えることですが、「小節内の拍をあわせる」、つまり、きちんと休符の長さを取る、などの、基礎的な部分で、焦りが出たかな。

■小2Mちゃん/ストリーボッグ:すみれ('09小1ハイドン:おもちゃのシンフォニー)
練習の時には、上手くいっていて、大丈夫だと思ったところでミスが出ちゃいました。一番、安心かなと思っていただけに、本番の難しさを感じました。

ただ、後述のKちゃんにも言えたのですが、仕上がりのいい時期が早く来過ぎてしまい、「飽きが来る時期」に当たってしまったかな。これは、今後の課題です。

■小2Kちゃん/湯山昭:いいことがありそう!('09小1エースティン:お人形の夢と目覚め)
1年生で、飲み込みも取り組みも早く「お人形」、そして今年も高いレベルに取り組めましたが、上にも書きましたが、「一番いい仕上がり時期」を逸してしまった感があります。
それでも、これも、誰にでも言えることですが、やはり、「舞台」に焦点を当てて、出来上がってしまった曲も維持するべきで、その辺り「講師としての気持ちの持って行き方」が問われる部分です。

もっと、出来ていたのに・・・という後味は、先生も一緒に辛いもんです。
次はもっと、手こずるものをやるべきかな?いっそ・・・小3で「ドビュッシー」辺りをw。

■小3Rくん/ベートーベン:エリーゼのために('09小2ブルグミュラー:タランテラ、'08小1ブルグミュラー:アラベスク、'07年長バッハ:メヌエットト長調)
彼は今年、やってくれました!
素晴らしい演奏でした。まさかここまで弾けるとは!と教えている私が、感動しました。
もう4度目ですが、なんだか、「心が入っていかないのかな?」という感触のレッスンの日々でしたが、「そうか・・・!そうだったのか!」と彼の演奏する後姿を、控えの舞台袖から見ていました。

やっぱり、男の子は面白い。ウチも男二人だから、ついつい比べてしまうのですが、いわゆる「感情的になる」女性の感じ方とは違うけれど、「強さ」を持っているんだな。
やはり、この先、もっと「男として成長していく」部分が、音楽に発揮されると、かなり面白いのではないか?と思える舞台でした。

■小4Kちゃん/ギロック:雨の日のふんすい(初出場)
彼女はピアノを始めて、たかだか1年目で、この曲に取り組み、見事に仕上げました。
ビックリです。というか・・・この曲を弾いたことがある人は「嘘でしょ、これで1年目って」と言うに違いない。
そして、もちろん、詩的に美しく弾き上げてくれました。

大きなミスは無かったけれど、やはり粒のそろい方、左右の交差の難しさ、また、コーダのコードの難しさがこの曲の課題ですが、少し、コードチェンジに「間が多少空く」事が多かった辺りで、「流暢さ」に欠け、後一歩な気がしました。

タブン、あそこまで弾けていたら、自分の中では達成感アリアリかも。でも、そういう「課題」を自分でも感じてくれることが今後へ大切なんではないかと思います。

■小6Kちゃん/ショパン:華麗なる大円舞曲第1番('09小5ショパン:ノクターン9-2、'08小4ショパン:子犬のワルツ、'07小3ギロック:ソナチネ第1楽章)
よくぞ、ここまでやってくれた!ほんと、こっちが感謝したくなります。
去年、小5でノクターン9-2なんかを弾いてくれちゃったので、今年の選曲は実は「苦渋の選択」だったりしたけれどw。(だってレベル下げたくないもんねぇ)
今年、なんだかこの曲、アタリ年だったようで、4部に分かれたうち、他の部でも3人が弾いていました。

わりと・・・ワルツの中でも、ほんとに「ダンス、お食事」目的の曲で、大きな場面展開が無く、暗譜に苦労しそうなイメージでしたが、とにかく、一つ一つ根気よく積み重ねてくれたと思います。

彼女の雰囲気にピッタリ合った、可憐でオシャレな演奏になりました。やはり、2,3箇所のベースの掴みそこね、がありましたが、「成功した演奏」という感触です。エンディングも良好でした。

■小6Yちゃん/ベートーベン:悲愴第1楽章('09小5ベートーベン:悲愴第2楽章、'08小4ショパン:ワルツ64-2、'07小3雨の日のふんすい)
もう、取り組んで当たり前、という流れできましたが、汗と涙の結晶のような、それを知っているだけに、感動の演奏でした。いろいろ、この曲は演奏会で聴きますが、若い子の場合、「ゆっくり」のことも多い。
けども「やるなら、このくらいのスピードを」とww無理を承知で要求した結果、見事でした。

とても、12歳の演奏とは思えない、世界を表現してくれました。
やはり、あの「難所」(弾かれた方はわかるでしょう、あそこです^^;)では、やはり、多少バタついた感はありましたが、大きな事故ではない。

けども、この曲の難しいところは・・・。「この曲をこの年でここまでやる!」と言う事はまったく驚きですが、「表現として充たされている」という事とは、また別。
やはり本当の「強さ」を要求されてしまうのが、ベートーベンソナタの怖いところであるとも言えるので・・・。
完成度は高くても、これをコンクールに持っていくのは本当に難しい。

けど、ここまで弾いているので、どこかでまた披露していただきたいモンです。

■中2ジュリ/ショパン:幻想即興曲('09中1ドビュッシー:雨の庭、'08小6ラヴェル:ソナチネ第3楽章、'07小5ベートーベン悲愴第2楽章)
火曜日に膝を怪我している事もあり、舞台できちんと歩いて、というのが、一番心配www。
いや。
まず、・・・前の6年生二人が、見事な演奏をした後の、「トリ」登場ということで、しかも、プログラムのすぐ下には、私の名前が講師として載っている。どうしても「先生の息子」と、丸分かりでw。

しかし、実は裏では出演待ち前から6年生二人とワイワイやり、そう、いつものお馴染みメンバー。舞台へ向かう時も、「緊張」などまったく無いんでは?と。
ドキドキしているのは親の私だけ!?

もう、ジュリはこれが、何度目の舞台だろう。30回は人前で弾いていて、ホールでは10回目くらいかな。ま、14歳でその回数なら結構なもんだよね。

プレストの部分は良好だったが、中間部・・・テーマの2回目が、集中が切れてゴチャった・・・。

舞台袖で、一緒に覗いていた6年生二人とヒソヒソ言いつつ「うわ・・・息子様がやらかしてる・・・」と呟く。
まぁ、ノーミスではなかったものの、・・・しかも、我が子は冷静に聞けない中でも、終了後いろんな人に「さすがですね!」「じっくり、心の保養になりました」と言っていただけて、「そうだったのか」とw。

講師役をしていると、息子の演奏が評価できなくて、なかなか残念。やはり、ホールでは座席で聴きたいモンです。


とまぁ、ハプニングもありましたがwみんな、直前まで精一杯練習し、「何か一歩前へ進むことが出来た」という、達成感は、感じることが出来ました。

そして、毎回、になるけど毎回、散々いわねばならない言葉。
「この後の週、必ず、休まずにレッスンにおいでよ!コンクール課題曲やるんだからね!」

「もう、舞台が終わってホッとして、気がついたら2ヶ月たってた・・・ピアノにさわってないなー」というのが、一番もったいない。大人が思う以上に子供は、「燃え尽き感」感じるんだなぁと、毎年思いますw。
ちょうどいい時期に「ピアノフェスティバル(コンクール)」が設定されているので、ほんと、ボヤボヤしていられません!。
せっかくここまで高めたものを、ぜひ、いろんな所で評価されるよう、頑張っていこう!

ピアノは奥が深く「もう全てやりきった」なんて思うところになんて、死ぬまで辿り着くことはできないのだから。
ようやく「登ることで見えてきた景色」の美しさに、少し感動した・・・くらいなのだから、さぁ、今日も練習練習!
[ 2010/03/13 23:32 ] ピアノ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター

★History★
2001-5-4 前HP開設

2005-09-09 Fri ブログ開設
2006-09-09
  ★10000hit祝★
2007-04-15
  ★20000hit祝★
2007-10-24
  ★30000hit祝★
2008-02-27
  ★40000hit祝★
2008-06-23
  ★50000hit祝★
2008-10-22
  ★60000hit祝★
2009-02-12
  ★70000hit祝★
2009-05-15
  ★80000hit祝★
2009-09-13
  ★90000hit祝★
2009-12-11
  ★100000hit(^^*)v祝★
2010-09-21
  ★120000hit(^^*)v祝★
ありがとうございます♪
X'mas count down star
プロフィール

工藤 直子

Author:工藤 直子
お互いの顔の見えるお付き合いができる利点で近頃
mixi(「銀のしっぽ」で検索してください)、
ツイッター
facebook
の方に日常のこと、音楽のことをブツブツと書いております。
マイミク、facebook友達登録はお知り合いかメールでからんだ方限定、ツイッターはどしどしフォローお待ちしております。

音楽教室は、4月年度代わりの、5月スタートのところが多いですが、ウチでは、いつでもスタート受け付けています♪
いつもどうすれば「より短時間でより上手くなる」か、「たくさんの曲が弾けるようになる」か、「楽譜ナシで自分で伴奏が出来るようになる」かなどを考えつつ、レッスンしています。

ただし!質の高い音楽をやるからには「楽譜から曲をきちんと解釈すること」は不可欠。ソルフェージュも力を入れます。

※現在のところ、早期開始の全員、「絶対音感」を身に付けてもらっています。

私自身は、きちんとした「訓練」によって付いたものではないのですが、とにかく「便利な能力」。息子達には付けさせるぞ!といくらかの本を買い、実行した結果「完璧な絶対音感」が身につきました。

その実績を生かして、生徒さんにも実践しています。

もちろん、特別な料金など要りません。あくまでも自然に当たり前に、「絶対音感持ち」になります^^。

ただし、これは「8歳までのお子さんまで」に実践しないと、脳の発達上、難しいです。

これが、音楽は早期教育が必要な所以です。

月4回(年間46回)、一回40分レッスンです。

教室空き時間

ピティナ指導会員♪

PEN会員♪

メールフォームからご連絡くだされば、詳細をお知らせします♪
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
グランドピアノYAMAHA C3X、グランドピアノK.KAWAI GM10、KAWAI 電子ピアノCA95、トランペット6本(スパーダ、ヤマハC管YTR-8445S KMV、ストンピ ピッコロトランペット、ヤマハYTR-4335GS、ニッカンコルネット、スワロー、Jマイケル250、ポケトラ)Tpマウスピースは現在15本。
サックス2本(Jマイケルアルト、テナー)
クラリネット、フルート(いずれもJマイケル)
バイオリン3本(SUZUKI、ハルシュタットV45、バッタモン、弓4本)
チェロ(ハルシュタット)
エレキギター2本、ベース1本、フォークギター(MORIS)、ギタレレ、ウクレレ1本
ブルースハープ3本(C,F、B)
お箏、三線、尺八
リコーダー(ソプラノ3本、アルト2本)
ピアニカ2台、タンバリン、トライアングル、カスタネット、鈴
と、キーボード(YAMAHA)、EMR1(MIDI音源)など、数えたら40ほどの楽器に囲まれております。

とにかく、家族で楽器オタクです。

クラシック、ジャズ、ロック、邦楽(お箏、三味線、民謡、演歌含むw)大好き。

また、大変ガンオタ(ガンダムのみ1年戦争限定)・・・加えて、アニメ全般、どの楽器でもアニメソングを演奏できますデス♪(それが一番楽しかったりして?)

このよーな大変オタッキーな銀猫一家ですが、よろしくお願いいたします。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
過去ログ +

2017年 08月 【2件】
2017年 07月 【2件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【3件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【3件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【15件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【2件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【2件】
2016年 02月 【3件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 03月 【2件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【11件】
2014年 09月 【10件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【4件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【6件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【2件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【4件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【15件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【10件】
2010年 07月 【8件】
2010年 06月 【7件】
2010年 05月 【15件】
2010年 04月 【12件】
2010年 03月 【21件】
2010年 02月 【18件】
2010年 01月 【14件】
2009年 12月 【17件】
2009年 11月 【13件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【13件】
2009年 07月 【20件】
2009年 06月 【17件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【17件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【17件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【18件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【23件】
2008年 07月 【19件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【19件】
2008年 03月 【19件】
2008年 02月 【19件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【22件】
2007年 11月 【19件】
2007年 10月 【23件】
2007年 09月 【21件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【19件】
2007年 06月 【21件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【17件】
2007年 02月 【16件】
2007年 01月 【14件】
2006年 12月 【22件】
2006年 11月 【24件】
2006年 10月 【24件】
2006年 09月 【18件】
2006年 08月 【17件】
2006年 07月 【21件】
2006年 06月 【14件】
2006年 05月 【23件】
2006年 04月 【22件】
2006年 03月 【19件】
2006年 02月 【23件】
2006年 01月 【22件】
2005年 12月 【20件】
2005年 11月 【22件】
2005年 10月 【14件】
2005年 09月 【12件】

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2ブログランキング
覗いてくださってありがとうです。

FC2ブログランキング

このブログを気に入ったらクリックしてね!
リンク
Hyper-BooさんのHP

hyper

国産の古いトランペットを展示・保存・調査研究するマニアのためのデジタル・ミュージアム