BRASS思考でいこう!  

工藤音楽教室講師工藤直子です。上の息子工藤臨は2007年6月の中学3年生からセンチュリーユースオーケストラでトランペットを吹いてきました(2017年就職により退団)。大阪桐蔭高校吹奏楽部を経て、大阪教育大学芸術音楽コースで学んだトランペット奏者。下の息子、工藤仁はピアノを弾いています。

最近のピアノ練習メニュー。

最近のピアノの練習メニュー。
私はとにかく
■上原ひろみ:BQE→シュー・ア・ラ・クレーム→シシリアン・ブルー→サムウェア■ショパン:木枯らし■ベートーベン:熱情全楽章→たまに月光3楽章■ドビュッシー:喜びの島

たまに、忘れ防止に流すのが、ショパン:スケルツォ2番。
気が向けば軽いドビュッシー・・・亜麻色とか、アラベスク、夢なんぞ。

(まぁ、書いているのは、読んだ人に「これ弾いてるんだって?」といわれて、まぁね、とそれなりに弾けるもの、という意味w)

上原ひろみだって、完全楽譜かじりつきなのだが・・・。それでも、やっぱり、「ジャズ系」の音楽だけじゃ、いけない!という危機感がある。

この頃、喜びの島は取り組んでいるけども、これは、実は無理やり。

実はジュリがやってるのだ。
ジュリのレパートリーは・・・。
■ツェルニー30番(休日は15曲くらいは弾いている)■ハノン1~20までの5つくらい■バッハ:インベンション13番■ショパン:幻想即興曲
この辺りまでで、1時間くらいかける。
その後・・・時間の許す限りだが
■ドビュッシー;ピアノのために「プレリュード」(現在ハマリ中らしい)■ラヴェル:道化師の朝(実はこれが一番弾けている)

そして■ドビュッシー:喜びの島

これねぇ・・・まだ、今は私の方が上。ちゃんと最後まで通せるもーんw。(と本人が読んだら、絶対ブチキレるなw)
このドビュッシーは、ジュリのハマル定番であるところの「ピアノフェスティバル本選で、中学生がグランプリを取った曲」として聴いた・・・からという。

以前、ラヴェルのソナチネ3楽章を小学6年で弾いた時・・・これも、キッカケは、わたしとキリンが高校受験のためにY音楽高校に見学に行き、その生徒演奏会の時ホールで聞いたのが最初で、そこから私が取り組み、ジュリが弾いてしまった。(ちなみに・・・これ、近日中に録画を多分youtubeにUPしてみます。今、そうやって録画した演奏UPを計画中だけども、なんと、DVDドライブの調子が悪く、買い替え??と悩んでる。どこかにも書いたかもしれないけど、世界の片隅で、どんだけ頑張ってても、誰かに見える場所でやらないと、誰も分かってくれないモンね

そもそも、「難しい楽譜をガツガツ弾く」ことが楽しくて仕方ないわけで、また、取り組みがいのある、素晴らしい曲だったし。

親として、というよりピアノ弾きとして、そういう感覚がよく分かるだけに、ただ「それだけではない」基礎力が欲しくて、私ではなく、先生につこう!と現在の先生にも、師事しているわけだけど・・・。

そして、本人も、もちろん納得して、きちんと習っている曲も取り組んでいるけども、でも「どうしてもこの曲が弾きたいんだ!!」という熱いパッションwwは、押えられないようで。

「ピアノのために、プレリュードは簡単だな」とアッサリ言い・・・。

まー私も仕方なく(?)流してみたり。

しかし・・・この曲、なぁ。初聞きの時期(まだ心に入ってきていない時期)ってワケワカメだった。
???がたくさん浮ぶような。

音楽知らず、クラシック知らずの人には「なんかへんな曲」「グチャグチャな感じ」という・・・実はよく感じられることも多い、けど、私らだってそう。

なかには、初聞きで「ガビ~~ン」と来るのも、一杯あるけど、そういう曲は分かり易すぎて飽きてしまう、という事もある。

けども、ドビュッシーやラヴェル、レスピーギなんかもそうだなぁ。フランス物の、特有の響きを持つ曲は、聞き込んでからがすごい。

そして、この「ピアノのために」も、ジュリが取り組んでくれて、やっと
「こんな曲だったのか!!」と納得した。
続けて「サラバンド」も。これはカンタン。
また、ドビュッシーを何曲も弾いてきた上でなら、「ああ、またこいつかぁ・・・」という感じ。
もちろん、ジャズのセオリー、コードの流れからすると、定番になっているが・・・その上で「上原ひろみ」を考えてみると、もっと洗練はされているものの、いわゆる「ドビュッシー風」はあっても「ひろみ風」ではないのかも知れないなーと思ったりもする。

ビルエヴァンズが、実は「ビルエヴァンズ風」でないのと同じかな。そうだな、キレイにあの時代の・・・バドバウエルやらハンコックやら、チックコリアの流れを、踏襲している事の延長上だから、そう感じるのかもしれない。

こういう事が、「ジャズの限界」なのかも知れない。

それと、即興性と再現性の問題かぁ。
そのときの心の赴くままに、演奏をして、・・・それを音源から採譜する。そして、機械が再生するのではなく、また別の場所でナマの人間が、再現するのだから・・・ジャズの本来のあり方とは違ってしまう。

しかし、この「ナマの再現」こそが、「曲」本来の存在価値を、高めるのかも。

なんにせよ、これ・・・つまり楽譜再現にしても、理論から来る動きにしても、「楽しいことをやる」「やりたいことをやる」そして、「思いのまま自由になる」
これが、「ピアノを弾ける」という事なのかも知れないな。

実際楽譜で「完コピ」しようとしているのは、当然「好きだから」で、私もあの世界観を味わいたいから、練習するのだ。

そして、それは聞きたい音の連続だから。

そういう意味で、変わらず、ショパン、ベートーベンもやっていくべき、なにより好きなんだもの。

納得できるまで、・・・頑張っていこう。

ちなみに・・・ジュリが「ジャズ」をどう捕らえているのか、まだ分からない。
14歳の子供には、ピンとこないものなのか?それとも、ドビュッシーではまっているのは、その音に惹かれているからか?

ちなみに、キリンはそんな私らとはまったく別世界であるかのように、楽譜は一切見ずに、即興ジャズばかり鳴らしている・・・。きっと、また、違う感覚で捕らえているんだろうなー。

トランペットにしても、また「吹奏楽」というものにしても、・・・結局「吹奏楽」は「再現の勝負」なんだな。
この辺り、模索してきた20世紀からの音楽、ガーシュウィンなんかもねぇ。

過去と、現在、そして未来。
過去はあったように見えて実は、確実に存在しているのはその瞬間だけであり、過去は過ぎ去った時点ですでに「こうだった」という記憶でしかなく、CDにしろ、動画にしろ・・・何度再現されようとも、「今生きている人間ではない」という事と、音楽のあり方は、関係があるなぁ。

なににせよ、いつも「最高の瞬間」を求め続ける・・・これが楽しいのかもしれない。
[ 2010/02/21 23:37 ] ピアノ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター

★History★
2001-5-4 前HP開設

2005-09-09 Fri ブログ開設
2006-09-09
  ★10000hit祝★
2007-04-15
  ★20000hit祝★
2007-10-24
  ★30000hit祝★
2008-02-27
  ★40000hit祝★
2008-06-23
  ★50000hit祝★
2008-10-22
  ★60000hit祝★
2009-02-12
  ★70000hit祝★
2009-05-15
  ★80000hit祝★
2009-09-13
  ★90000hit祝★
2009-12-11
  ★100000hit(^^*)v祝★
2010-09-21
  ★120000hit(^^*)v祝★
ありがとうございます♪
X'mas count down star
プロフィール

工藤 直子

Author:工藤 直子
お互いの顔の見えるお付き合いができる利点で近頃
mixi(「銀のしっぽ」で検索してください)、
ツイッター
facebook
の方に日常のこと、音楽のことをブツブツと書いております。
マイミク、facebook友達登録はお知り合いかメールでからんだ方限定、ツイッターはどしどしフォローお待ちしております。

音楽教室は、4月年度代わりの、5月スタートのところが多いですが、ウチでは、いつでもスタート受け付けています♪
いつもどうすれば「より短時間でより上手くなる」か、「たくさんの曲が弾けるようになる」か、「楽譜ナシで自分で伴奏が出来るようになる」かなどを考えつつ、レッスンしています。

ただし!質の高い音楽をやるからには「楽譜から曲をきちんと解釈すること」は不可欠。ソルフェージュも力を入れます。

※現在のところ、早期開始の全員、「絶対音感」を身に付けてもらっています。

私自身は、きちんとした「訓練」によって付いたものではないのですが、とにかく「便利な能力」。息子達には付けさせるぞ!といくらかの本を買い、実行した結果「完璧な絶対音感」が身につきました。

その実績を生かして、生徒さんにも実践しています。

もちろん、特別な料金など要りません。あくまでも自然に当たり前に、「絶対音感持ち」になります^^。

ただし、これは「8歳までのお子さんまで」に実践しないと、脳の発達上、難しいです。

これが、音楽は早期教育が必要な所以です。

月4回(年間46回)、一回40分レッスンです。

教室空き時間

ピティナ指導会員♪

PEN会員♪

メールフォームからご連絡くだされば、詳細をお知らせします♪
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
グランドピアノYAMAHA C3X、グランドピアノK.KAWAI GM10、KAWAI 電子ピアノCA95、トランペット6本(スパーダ、ヤマハC管YTR-8445S KMV、ストンピ ピッコロトランペット、ヤマハYTR-4335GS、ニッカンコルネット、スワロー、Jマイケル250、ポケトラ)Tpマウスピースは現在15本。
サックス2本(Jマイケルアルト、テナー)
クラリネット、フルート(いずれもJマイケル)
バイオリン3本(SUZUKI、ハルシュタットV45、バッタモン、弓4本)
チェロ(ハルシュタット)
エレキギター2本、ベース1本、フォークギター(MORIS)、ギタレレ、ウクレレ1本
ブルースハープ3本(C,F、B)
お箏、三線、尺八
リコーダー(ソプラノ3本、アルト2本)
ピアニカ2台、タンバリン、トライアングル、カスタネット、鈴
と、キーボード(YAMAHA)、EMR1(MIDI音源)など、数えたら40ほどの楽器に囲まれております。

とにかく、家族で楽器オタクです。

クラシック、ジャズ、ロック、邦楽(お箏、三味線、民謡、演歌含むw)大好き。

また、大変ガンオタ(ガンダムのみ1年戦争限定)・・・加えて、アニメ全般、どの楽器でもアニメソングを演奏できますデス♪(それが一番楽しかったりして?)

このよーな大変オタッキーな銀猫一家ですが、よろしくお願いいたします。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
過去ログ +

2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【3件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【3件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【15件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【2件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【2件】
2016年 02月 【3件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 03月 【2件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【11件】
2014年 09月 【10件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【4件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【6件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【2件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【4件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【15件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【10件】
2010年 07月 【8件】
2010年 06月 【7件】
2010年 05月 【15件】
2010年 04月 【12件】
2010年 03月 【21件】
2010年 02月 【18件】
2010年 01月 【14件】
2009年 12月 【17件】
2009年 11月 【13件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【13件】
2009年 07月 【20件】
2009年 06月 【17件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【17件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【17件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【18件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【23件】
2008年 07月 【19件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【19件】
2008年 03月 【19件】
2008年 02月 【19件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【22件】
2007年 11月 【19件】
2007年 10月 【23件】
2007年 09月 【21件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【19件】
2007年 06月 【21件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【17件】
2007年 02月 【16件】
2007年 01月 【14件】
2006年 12月 【22件】
2006年 11月 【24件】
2006年 10月 【24件】
2006年 09月 【18件】
2006年 08月 【17件】
2006年 07月 【21件】
2006年 06月 【14件】
2006年 05月 【23件】
2006年 04月 【22件】
2006年 03月 【19件】
2006年 02月 【23件】
2006年 01月 【22件】
2005年 12月 【20件】
2005年 11月 【22件】
2005年 10月 【14件】
2005年 09月 【12件】

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2ブログランキング
覗いてくださってありがとうです。

FC2ブログランキング

このブログを気に入ったらクリックしてね!
リンク
Hyper-BooさんのHP

hyper

国産の古いトランペットを展示・保存・調査研究するマニアのためのデジタル・ミュージアム