BRASS思考でいこう!  

工藤音楽教室講師工藤直子です。上の息子工藤臨は2007年6月の中学3年生からセンチュリーユースオーケストラでトランペットを吹いてきました(2017年就職により退団)。大阪桐蔭高校吹奏楽部を経て、大阪教育大学芸術音楽コース卒業。 現在ヤマハ製造工場、吹奏楽団員として演奏活動頑張っています。下の息子、工藤仁はピアノを弾いています。

発表会まであと1ヶ月半。

年明け1週目のレッスンでは、年末年始、会えなかった週もあった生徒さん、練習がおろそかになった生徒さん・・・そして、逆に、3月6日の発表会に向けて、いよいよ仕上がってきた生徒さん、に別れた。

今週は2週目、3週目、随分落ち着いてはきたけれど、それでも、あと1ヶ月半で、間に合うか?という子も。

今年は、これまで以上にスリリングな感じ。

例年グランドピアノの教室を借りて、発表会前に合同練習をするのだが、今年は14人ということで、近隣の大きなホールを借りても、その人数で割れば2,000円~3,000円では?と思い・・・鶴見区民ホール、旭区民ホールなども検討してみたが、さすがにそういったところは、日曜はほぼ詰まってしまっている。

城北生涯教育センターの講堂があいていたので、そこを2月27日に借りることに。
グランドピアノを少し、触らせてもらった。

すこし、重めかな?
でも、いろんな楽器に触ることがとても大切なのと、ここは、教室と言うよりは、舞台になっているので、少し本番とも近い感じが味わえるかも。

■年中さんK君/ドレミの歌(初出場)
通せてる!がんばったね。もういっちょ、全体の速さが整ってくれば、大成功しそう。

■年中さんYちゃん/森へ行きましょう シンデレラ(初出場)
こちらも、サラリと弾けている。アレンジがジャズ的なのとオクターブ飛ぶ部分のために、ペダル補助台を自宅用にも購入予定。

■年中さんKちゃん/バッハ:メヌエット(初出場)
きちんと弾けているので、装飾音も付けることに。本番ではリピートもすることにした。
が、まだ、ミスタッチがたまにある。弾きなおしがなくなるように、が課題。

■1年生Hちゃん/湯山昭:いいことがありそう
和音の移動も随分スムーズになってきた。
もうひといき、ルンルンで弾いている雰囲気が欲しい。

■小2Rちゃん/平吉毅州:チューリップのラインダンス
ジャズ的なリズムに苦心。ほぼ、完成に近く音はそろってきているのに、慌てて詰まった感じになるのをなんとか改善したい。

■小3Mちゃん/ブルグミュラー:帰り道
なんとか、なりそうだけど・・・まだ、きれいな響きではない。粒のそろい方、音の強弱など・・・投げやりな感じが残念。

■小3Yちゃん/サティ:ジムノペディ
まだ、譜読みできてない、大丈夫か?暗譜が進んでいるところまでは、うっとりした感じが出てきた。

■小3Mちゃん/ギロック:魔法の木
うーん・・・中間部で、かならず失速する部分、何度も取り出してやらせているが、改善しない。がんばれ。

■小3Kちゃん/湯山昭:ホットケーキ、虫歯
ショパンの子犬を年明けに撤退。こちらも、カッコよくいけそうなので、一安心。

■小3Rちゃん/ベートーベン:エリーゼのために
何とかなりそう!ようやく、難所も研究してくれた、かな!?

■小4Rくん/Song Of Life
がんばってほしい。・・・とにかく、それしかない(^^;;。

■小5Kちゃん/ランゲ:花の歌
B♭に転調する部分、6連符が焦って聞こえること、シーンごとの切り替え部分も焦って詰まった流れになる。出来上がってくると、ついつい、速く弾けることが上手いのかな?という誤解がある?
落ち着いて、ゆったりと歌ったり、溜めたり・・・余裕を持って弾いて欲しい。

■中1Yちゃん/ショパン:別れの曲
ほぼ、仕上げなので、一緒にyoutubeを見て、音楽の作り方をもう一度確認。さすがは!と思えるくらい、感じ方を表現してくれた。
聞いた直後だけでなく、いつでもそういう感覚が出せるように、日々練習して欲しい。

■中3ジュリ/リスト:ハンガリー狂詩曲第二番
間に合うか、やっぱり不安もある・・・。受験生だしなぁ。

しかも、講堂を借りる日程も、公立前期試験の前後で、・・・さすがに、20日しか取れなければ、ジュリはリハには不参加にしようと思った。
でも27日なら、一応、もう終了している。ちなみに、合格発表は3月2日で、6日の本番にはもう、結果は分かってるんだな。

もう、なるようにしかならないだろうけど・・・はぁ・・・。
[ 2011/01/19 23:45 ] ピアノ | TB(-) | CM(0)

心新たに、練習。

今日は、とても嬉しい出来事があり、息子達とよろこんでます。

先日、6日の玉砕演奏の後、すっかり凹んでいたキリンだが、それでも、もう余裕のない日程。15日がセンター試験。人生の行く先を決める日。

一つ一つ、ページをめくり前へ進んでいく感じがあるこの頃で、「最善を尽くそう」と思おう!


帰宅後に、防音室にこもり、すぐピアノと、トランペットを練習。

必ず、何か掴んだ後はすぐに、自分で再現してみるのが大切。

そして、トランペットを聴いていて・・・6日の発表会での曲、いい音質できれいに吹いている。

ミスがほとんどない。もちろん、アタックの時のちょっとした音の当たりそこないはあったけど。

「なんだ、そんな風に・・・吹けるんだね」
部屋を借りてあわせ練習をした時よりも、もっと美しくなっている。
「うん、試験当日も、この通り吹けたらいいんだけどね」
「・・・どうして、そうなのに・・・あんな事になるんだ」

言っても仕方がないと思いつつ、そう、話は戻っていく。
悔しい思いは・・・話し合った方がいいのか、触れない方がいいのか、どう捕らえればいいのか、どう、本番に向けて気持ちを作るべきなのか。

いつも、舞台人はそれと向き合う生活なのかも。

もっと、自分を信じればいいのか、それとも、きちんと曲と向き合えば?

いい演奏が出来た時は、その答えが見つかり、失敗した時は迷いの泥沼に入り。

とにかくは、「自分との闘い」なんだな。

がんばれ。
[ 2011/01/09 23:21 ] トランペット | TB(-) | CM(0)

トランペット発表会2011。

トランペット発表会でした。

一言で言えば撃沈です。崩壊です。

コレまでで、一番ひどかったのではないかと。

思えば昨年「ユー:独奏曲」の後は、気分は良かった。
音源を聞きなおしても、コーダに問題があるものの、キリンのトランペット、ジュリのピアノ、両方、まずまずだった。

そして、年々2人とも成長するはずで、ましてや、今年受験のキリン・・・。どーしてこーなるのか?

いや、親として、その答えは・・・。
こういう時、どう言えばよいのか。

いろんな、考え方もあるだろうけれど・・・私は、けっして「そっとしておく」人ではないし、黙ってみている気もない。

まぁ、半分は、「自分が演奏者側だったらどう言われたいか」でもあるし、言われたくなくても、言われるだろうし・・・。
どうしても、「闇雲に、お前はできるよ上手いよ、今日は調子悪かっただけ」なんて、思い込めるわけでもなし。

これまで、あの「大阪国際コンクール」でも、・・・ソロコンでも、緊張にようやく打ち勝ってきたんじゃないの?と思ってたけど・・・。

まったく1年前の方がずっと良かったなんてなぁ。
情けなすき。

しかし、近々なんとか、もう一度どこかを借りて、動画を撮り直そうと思う。ジュリの伴奏が抜けてしまう前に。去年のユーはもう、今うろ覚えになってたし。

このままじゃあまりにも、情けない・・・。


そして、5日の場所にも、トランペットの難しさについて、語っていたけれど、全体としても・・・。

この人は素晴らしい音質で、必ず・・・と思うところで、どこかに傷が。
これまでに、コンクールでも勝ってきた方々が・・・わりと、この舞台って、怖い方なのか?なんだろう、コンクールとは違い、プロ、もしくはセミプロ、その卵、という人たちが一堂に会するのでか。

絶対、普段の練習段階では、完璧に仕上げているはず。
でもその思いが、強すぎるからか?

いろいろあるだろうケド、それも含めて、やはり、トランペットは面白い。そして、・・・極めていきがいもあるし、なにより、「人間の精神力の強さ」を見ることが出来る気がして・・・。

そこで、キリンは帰りに一言
「自分がいかに、クダラナイ人間か見せ付けられるようだ」

とまで(^^;;。たしかに、こんな演奏の後、そう思うのも無理からぬだし、だからこそ、変わっていって欲しいけれど・・・どうなのかなぁ。

もって生まれた性格。それはほんとに、みんなそれぞれあり・・・。

なににせよ、受験。受験がその答えの一つを出してくれる。
当日、緊張に負けるのならはっきり白黒つくわけで。

もう、受けるな、目指すなとは言わない。しかし、どうなっても自分の人生。
[ 2011/01/06 23:43 ] トランペット | TB(-) | CM(2)

京都でのTp演奏会。

今日は、京都音高のホールでの演奏会に行って来た。
(団体名、個人名をどう扱ったらいいのか今年も悩みマス)

この学校は、3年前、キリンが高校受験のとき、受験を検討したことがある高校。しかし、当時まだ、この校舎が建設中で、当初は亀岡に通うことになるという事もあり、見合わせた経緯がある。

それから、早3年。
キリンは以前のイベントにも来ているが、私とジュリは初めて。

校舎の様子は見る事は出来なかったけれど、ホールは・・・。

とにかく、よく響く。これまで聞いた中で一番よく鳴ると言っていい。

これまでのホールでは、茨木のクリエイトセンターホール、オークホール、がもっとも響くという感じだったけど、それに匹敵する。

やはり、管楽器などの単音楽器では、響き(余韻)があるのとないのでは、大きく違う。鳴りの悪いホール、または集音の悪いホールでは、同じ演奏でも感銘度が下がる。

響きすぎるホールで、いつも聞いていると、鳴らないホール、場所の時、聞いている方も戸惑うことがある。直接的に下手な感じが出てしまったり。

結局は、上手い人はどこで演奏しても上手いのは当たり前なんだけれど。


演奏会自体は、以前はピアノ伴奏があったのだが、今回は、まさに「トランペット」のみ。正確にはトランペットとフリューゲルホルン。

トランペットのみで、中低音を加えないだけでも、思い切っているのに、また9本という・・・。今回は15人の曲もあり6人の若手奏者を招き、15本の響き。

同じ音域楽器で、これだけの安定した演奏・・・。

素晴らしかった。


トランペットは、なにが難しくて、なにがスゴイのか、吹いた体験がなければ、ただ聞いているだけでは分からない部分が大きい。

ある意味、安定性のない楽器で、だからこそ、みんなが同じように、同じ音色で吹けるものではない。
何も知らなかった頃、「どうして、指3本で半音階が吹けるの??」と(^^;;。

フルートでも、クラリネットでもサックスでも、指10本使うのに。
結局、その3本のバルブでやることが、その演奏の難しさと、自然の振動音との戦いwの、端を発している。

倍音、ハーモニクスを自分の肉で出し、耳でその音程を聞き分ける。

他楽器では、運指によるミスタッチが一番大きいがトランペットは、それが口なのだ。

そういう事を知って聞くのと、知らないとでは大きく聞き方や感銘の受け方が違う。
というのも、この楽器の難しさだろう。

どうして、それを語っているかと言えば・・・実は書いているのは7日で6日の発表会を越えた後だからなのだが・・・。

とにかく、今日w5日の演奏会には、感銘を受けた・・・どれだけ、難しく素晴らしいことを成しているのかと、痛感した日だった。
[ 2011/01/05 23:40 ] トランペット | TB(-) | CM(0)

明けましておめでとうございます!

年賀状
2010年は、比較的落ち着いた年だったけど、やはり、今年はそうは言っていられない。

人生の大きな転機の年。

すべてクリアして良いことで埋め尽くされればいいなぁ・・・。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

[ 2011/01/02 18:33 ] 日常思うこと。 | TB(-) | CM(0)
アクセスカウンター

★History★
2001-5-4 前HP開設

2005-09-09 Fri ブログ開設
2006-09-09
  ★10000hit祝★
2007-04-15
  ★20000hit祝★
2007-10-24
  ★30000hit祝★
2008-02-27
  ★40000hit祝★
2008-06-23
  ★50000hit祝★
2008-10-22
  ★60000hit祝★
2009-02-12
  ★70000hit祝★
2009-05-15
  ★80000hit祝★
2009-09-13
  ★90000hit祝★
2009-12-11
  ★100000hit(^^*)v祝★
2010-09-21
  ★120000hit(^^*)v祝★
ありがとうございます♪
X'mas count down star
プロフィール

工藤 直子

Author:工藤 直子
お互いの顔の見えるお付き合いができる利点で近頃
mixi(「銀のしっぽ」で検索してください)、
ツイッター
facebook
の方に日常のこと、音楽のことをブツブツと書いております。
マイミク、facebook友達登録はお知り合いかメールでからんだ方限定、ツイッターはどしどしフォローお待ちしております。

音楽教室は、4月年度代わりの、5月スタートのところが多いですが、ウチでは、いつでもスタート受け付けています♪
いつもどうすれば「より短時間でより上手くなる」か、「たくさんの曲が弾けるようになる」か、「楽譜ナシで自分で伴奏が出来るようになる」かなどを考えつつ、レッスンしています。

ただし!質の高い音楽をやるからには「楽譜から曲をきちんと解釈すること」は不可欠。ソルフェージュも力を入れます。

※現在のところ、早期開始の全員、「絶対音感」を身に付けてもらっています。

私自身は、きちんとした「訓練」によって付いたものではないのですが、とにかく「便利な能力」。息子達には付けさせるぞ!といくらかの本を買い、実行した結果「完璧な絶対音感」が身につきました。

その実績を生かして、生徒さんにも実践しています。

もちろん、特別な料金など要りません。あくまでも自然に当たり前に、「絶対音感持ち」になります^^。

ただし、これは「8歳までのお子さんまで」に実践しないと、脳の発達上、難しいです。

これが、音楽は早期教育が必要な所以です。

月4回(年間46回)、一回40分レッスンです。

教室空き時間

ピティナ指導会員♪

PEN会員♪

メールフォームからご連絡くだされば、詳細をお知らせします♪
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
グランドピアノYAMAHA C3X、グランドピアノK.KAWAI GM10、KAWAI 電子ピアノCA95、トランペット6本(スパーダ、ヤマハC管YTR-8445S KMV、ストンピ ピッコロトランペット、ヤマハYTR-4335GS、ニッカンコルネット、スワロー、Jマイケル250、ポケトラ)Tpマウスピースは現在15本。
サックス2本(Jマイケルアルト、テナー)
クラリネット、フルート(いずれもJマイケル)
バイオリン3本(SUZUKI、ハルシュタットV45、バッタモン、弓4本)
チェロ(ハルシュタット)
エレキギター2本、ベース1本、フォークギター(MORIS)、ギタレレ、ウクレレ1本
ブルースハープ3本(C,F、B)
お箏、三線、尺八
リコーダー(ソプラノ3本、アルト2本)
ピアニカ2台、タンバリン、トライアングル、カスタネット、鈴
と、キーボード(YAMAHA)、EMR1(MIDI音源)など、数えたら40ほどの楽器に囲まれております。

とにかく、家族で楽器オタクです。

クラシック、ジャズ、ロック、邦楽(お箏、三味線、民謡、演歌含むw)大好き。

また、大変ガンオタ(ガンダムのみ1年戦争限定)・・・加えて、アニメ全般、どの楽器でもアニメソングを演奏できますデス♪(それが一番楽しかったりして?)

このよーな大変オタッキーな銀猫一家ですが、よろしくお願いいたします。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
過去ログ +

2017年 08月 【3件】
2017年 07月 【2件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【3件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【3件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【15件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【2件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【2件】
2016年 02月 【3件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 03月 【2件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【11件】
2014年 09月 【10件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【4件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【6件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【2件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【4件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【15件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【10件】
2010年 07月 【8件】
2010年 06月 【7件】
2010年 05月 【15件】
2010年 04月 【12件】
2010年 03月 【21件】
2010年 02月 【18件】
2010年 01月 【14件】
2009年 12月 【17件】
2009年 11月 【13件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【13件】
2009年 07月 【20件】
2009年 06月 【17件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【17件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【17件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【18件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【23件】
2008年 07月 【19件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【19件】
2008年 03月 【19件】
2008年 02月 【19件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【22件】
2007年 11月 【19件】
2007年 10月 【23件】
2007年 09月 【21件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【19件】
2007年 06月 【21件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【17件】
2007年 02月 【16件】
2007年 01月 【14件】
2006年 12月 【22件】
2006年 11月 【24件】
2006年 10月 【24件】
2006年 09月 【18件】
2006年 08月 【17件】
2006年 07月 【21件】
2006年 06月 【14件】
2006年 05月 【23件】
2006年 04月 【22件】
2006年 03月 【19件】
2006年 02月 【23件】
2006年 01月 【22件】
2005年 12月 【20件】
2005年 11月 【22件】
2005年 10月 【14件】
2005年 09月 【12件】

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2ブログランキング
覗いてくださってありがとうです。

FC2ブログランキング

このブログを気に入ったらクリックしてね!
リンク
Hyper-BooさんのHP

hyper

国産の古いトランペットを展示・保存・調査研究するマニアのためのデジタル・ミュージアム