BRASS思考でいこう!  

工藤音楽教室講師工藤直子です。上の息子工藤臨は2007年6月の中学3年生からセンチュリーユースオーケストラでトランペットを吹いてきました(2017年就職により退団)。大阪桐蔭高校吹奏楽部を経て、大阪教育大学芸術音楽コース卒業。 現在ヤマハ製造工場、吹奏楽団員として演奏活動頑張っています。下の息子、工藤仁はピアノを弾いています。

年末に思うこと。

キリンは昨日夜、大阪を立ち、12時間後の8時半ごろ、仙台に到着。
フォレスト号というバスに乗ったのだが、とにかく車酔いの激しいヒト・・・なので、29日は午前3時に私が起こし、それから、バスに乗る20時までは寝ないで我慢、そしてその12時間は、ぐっすり寝て・・・。
無事に酔わず、もどしもせず、快適に着いたらしい。
しかも、このバスは長時間とあって、シートがほぼ真横にまで倒せるのだそうだ。

帰省ラッシュで渋滞は?というのも心配だったが、それもまったく大丈夫。時間通りの到着だった。スゴイね!

それから、昼ごろまで仙台界隈を散策。

おじいちゃんの家に到着したのは14時半ごろだったようだ。

やっぱり向こうは雪景色らしい♪

そして、明日は年越し、1日には近くのスキー場へ行くとのこと。
運動オンチの彼だが、実は「滑りモノ」(あっ、受験生の皆さんすんません)は得意で、スケートは特に、バックの練習をするくらい上手い。

スキーも、2002年に蔵王へ行ったが、リフトも平気で登り、それなりに滑っていた。ちなみに私はふもとのロッジのそばを、行ったり来たりしただけw。
旦那はもちろん、子供のころからスキーはやってきているので、そのときはスノボやってたな。

ジュリも多少は滑れる。というのも、二人とも自宅付近や公園でローラーブレードをやってたから。やらせとくもんだね。


キリンはそうして、冬休みらしく楽しみ・・・残り3人は、どうやら篭もり正月。どっこも行く予定はアリマセンw。

なんとなく~何年も初詣すら行ってない。
別に、「行かないぞ」というポリスィでも何でもないのだが、別に神道じゃないしー。お正月気分を味わうために??うーん。

うちは、夫婦そろって、かなりハッキリした「無宗教」スタイルなので、クリスマスも実は何もしないし、正月はヒッキー(?)、寺も行く気はない・・・。
つか、行っても別にいいんだけどー・・・意味が・・・いまいちナイ感じ。
さしずめ「無宗教信者」てとこかな。神や仏はいない、事を信仰しているわけ。

そのわりに、聖書の事やルネッサンス期の宗教画、仏像、曼荼羅の事など、語らせるとうるさいよw。なんせ、散々模写したり、造形科の学校で学んだし、まぁ、マニアw。
いろんな宗教を知れば知るほど・・・信仰心はなくなった感じ。


2008年は・・・どうだったかと言えば・・・。

「人を信じるとミジメになる」ことを実感した年だった。

信頼関係を作りたい、大事にしたい、と思っても、無残に打ち砕かれる。
そもそも、「人に、期待をするから、裏切られるのだ」と言うことは、よく分かっていて、いつも、いつ失っても「まぁ、人は人、自分は自分だしな」と思えるように、距離を置いているつもりだった。

それは、何も世の中の他人との付き合いに諦めたり、すねたり・・・というのではなく、自己防衛の意味。
だから、いつ、距離を感じたって「ああ、誰しも自分を守るために、距離を置くのだな」とも思える。
が・・・私は、少なくとも「距離を置いている」事を人に悟られないよう・・・それがマナーだとも思っている。

というか、結局、長くいい付き合いが出来ていると感じられる人とは、お互いにそうなんだろうな。

つまり・・・別に「誰とも信頼関係が結べない」と思っているのではなくて、程よい距離を心得ていて、少なくとも「無残にも打ち砕かれた」なんて感じさせたりしない人のみ、周りにいればそれでいいんだよね。

本当は・・・こんな事を書いてしまいそうだから、書くことから離れていた、ということもある。でも・・・やっぱり今年起きた出来事を思い出すとき・・・。

私は、息子たちの親であり、自分がもっとも、幸せや充実を考えたとき、それは息子ら抜きでは考えられない。
自分が嫌な思いをしても、息子らが納得した人生を、それぞれに過ごしてくれれば、それでいい。それが「親」という生き物なのだと思う。
息子らが、出来るだけ楽しく生きていけるように、そのために「人としていけないこと」を叱ったりもする。
かばうのも、なぐさめるのも、そして叱るのも、すべては子供を守るためなのだ、と思う。

子供たちにとって、「良くない」と感じた事から守りたい、それを強く思った年だった。


さて、今年はもう残すところあと一日。

明日記事を書くかどうか・・・分からないので、今年の感想を書いてみました。

2006年が100点満点の90点、2007年が60点かな。そして、2008年は兄ちゃんの高校進学の幸せをを加味しても50点。ちなみに、2005年は-150点だった。
それを思えば、まぁまだヨシ、かな。

さて、来年はどんな年になるでせう?
[ 2008/12/30 23:17 ] 日常思うこと。 | TB(-) | CM(3)

近況とスケジュール。

あ~あ。
すごく間が空いてしまいました。

何があったわけでも・・・ありませんです。
ま、しかし、11月のことが尾を引いているのは確かか・・・。いろんな意味で。

キリンのほうは、順調・・・といいつつ、12月25日に、1月5日本番へ向けての、ピアノ伴奏の先生と合わせの日に風邪で欠席。

やばいって(ーー;)。

でも、次の日には回復、その後は27日、花園ラグビー場への応援にも行った。
そう、高校ラグビー、1回戦勝ってます!
今年のOT高校はスゴイ!

ますます、こんな高校に在籍しているというのは、誇りだなぁと思う。


中学は25日が終業式、高校も28日から冬休み。
ジュリは、相変わらず、宿題は目の前で見ていないと、どうやらやっていないらしいし、つきっきりで見張らないといけないってか?と思うと非常に嫌な気分(ーー;)。

キリンはといえば、実は29日の夜から、高速バスに乗り12時間かけて仙台まで行く。
根性旅行!?w

旦那の実家は仙台よりもう少し北なのだが、この不況下、家族で里帰り、なんぞという余裕がまったくなく、・・・今年はキリン一人で、おじいちゃんの家に行こう!ということに。

で、飛行機で帰ると、一人往復8万円、新幹線だと5万円。
それを・・・高速バス利用だと片道1万5千円、帰りは東京までは新幹線(これは1万2千円ほど)、東京~大阪は高速バスで5000円。
とまぁ、貧乏強行旅行になるわけだ。

これねぇ、いちお、大阪~仙台は12時間だけど・・・帰省渋滞にまきこまれなきゃいいけどなぁ・・・。
とにかく、覚悟が必要だなw。

まぁ、高速バス旅行は、実はちょっと慣れておこうか、みたいな意味もある。あと1、2年後、キリンは東京の大学を受験する、とか言ってるので・・・。
その受験前には、何度か・・・東京へ通わなければいけないので、そのまぁ、練習?w

実は、2004年の夏には、家族で高速バスでTDLに行ったことがある。2005年の夏に、旦那のお母さんが亡くなった時は、もちろん緊急で新幹線の旅。一周忌の2006年の夏には、旦那、キリン、ジュリの3人で宮城に帰省している。で、今度は一人旅。

ほんと、これ、毎回、新幹線使って家族で行ってたとしたら、旅費だけで30万仕事なんだよなぁ。
だから・・・お金たまらないわけ。

しかし、今年は・・・雪の積もる季節に、宮城へ行ったことがない・・・キリンが高校へ行くためのお金を出してくれたおじいちゃんと、年越しをするために、今年は!と思い立ったことだった。

29日発、30日到着、それから、31、1日と宮城で過ごし、2日朝に東京へ。そこで、夜の高速バスまで、東京散策し、大阪へ帰ってくるのは3日朝。3泊5日の旅ですな。

本来、キリンの高校は、東京でサッカーの全国大会に出ていて、このあたりで実は応援に高校生たちは東京界隈に実は行っている、という日程なのだが、雪装備で私服なので合流というわけにも行かない。
それにしても、なかなかスゴイ高校生活だな^^;。

そして、5日にはH先生の門下生のトランペット発表会が京都のアバンティーホールで行われる。
それに・・・出場・・・というスケジュール。

来年も忙しく、充実した年になりそう。
[ 2008/12/28 23:11 ] トランペット | TB(-) | CM(4)

高校生活。/自閉テスト。

昨日は高校の懇談。
成績は・・・・・・平行線。まぁ余裕も何もあったものじゃない。

あんな環境にいて・・・といってもどんな環境か?w学校名フセなので、何ともいえないがw十分国立狙わせてもらえる勉強体制を取っている高校。

なのに、家でも十分勉強しているとは言えず・・・。もったいなすぎ。
生活改善、考えを改めるきっかけを!と思っていたが、担任の先生が上手く話をもっていって下さったし、頑張ってもらおうw。

今日はソロコンに向けて、伴奏のI先生と初合わせ。本番は1月25日。
だけど、H先生の門下生による発表会が1月5日にある。まずはその舞台。

曲は「Pennequin/Morceau De Concert」
難しい曲だけに・・・そう、今までやってきた中では、最も難しいかも。
しかし、出るからにはやはり、いい結果を期待したい・・・。

毎日が、勉強、練習。こんな高校生活を送れて、うらやましい~。私は高校時代は・・・絵ばっかり描いてたなw。それはそれで充実してたけど。
ちゃんと、造形科美術専攻の短大へ行ったけどねぇ。就職した先の肩書きも「ディスプレイデザイナー」だったけどねぇ。

後悔はしているかなぁ、もっと勉強すればよかったと。
音楽方面では、私の育った環境じゃ・・・両親はまったく、音楽わかってないしwこんなものだったのかも知れない。


昨日は、・・・ジュリの自閉の診断は、11月21日に受診して・・・出来事、エピソードを話し、確定的に診断を受けたんだけど、テストを予約していたので受けてきた。
結果は1月9日。

でもまぁ、おそらく・・・今感じているとおりの結果だと思う。
別に、「自閉症」というものが、恥じるものでもなければ、テスト結果で診断されることが嫌だと言うことは全くない。

いつかのコメントレスにも書いたように、「周りの人に納得して関わってもらうための診断」だと思う。
「普通と同じだ、と思って下さい」なんて言ったほうが、困った事態を迎えることは、もう重々分かっている。
ちなみに・・・ここのところ、本人も、理解や納得がずいぶんできてきた、と思える言葉も口にする。
「努力して、置忘れや、遅刻をしないように」「文章を書くのも、自分の中で、手順を考えて見なさいよ(いきなり書くのではなく、普段話すように書き出してみることなど)」

と、私が言うと
「僕はやろうとしても・・・すぐ出来ない」「また忘れてしまった」「文章を書くのがどうしても難しい」などなど。
自覚が持ててこそ、「訓練していこう」という方向に向かえると思う。
出来ないことから目を背け、逃げ出していては、改善していけないもんね。

私的には・・・なんとなく・・・「難しいものこそ、夢中になれる」というのが、自分の性格にあると思ってる。
例えば、音楽でもそうなように。
ほかの生徒さんを教えてて、たまに「子供に対して根気いいよねw」とお母様に言われることがあるw。特に幼稚園児・・・小学生に対して。
その「根気」は我が息子のおかげで身に付いたものだろうなw。

難しい子育てを、追い詰められる感覚持たずに、捕らえることに必死なのかもね。

演奏会。/人権週間記念行事。

阿倍野区民センターで、人権週間記念行事である、中学生人権作文コンクールの表彰式と一緒に、兄ちゃんの高校の演奏会があるとのことで、ジュリも一緒に行った。

「ダンス・セレブレーション」の後、今年の吹連のコンクール曲「ローマの祭り」。これ、実は舞台を聞くのが、これが始めてだったりする。おおおお~という演奏。
バンダ付(舞台以外に両袖に金管を配置)だとこうなるのかー。しかも、普段聴いてたのはオケヴァージョン、吹奏だとこうなるのかぁーという感じ。

その後、全員で・・・サンタの衣装でのサンタメドレー。
これ・・・全員が舞台でそろうと、ずっごいかわいいw。なんだか、高校生たちというより・・・ピクミンか何かがワラワラとwという感じ。
とても華やかで楽しい舞台。舞台下で、「箱串刺しマジック」もあった。これ、帰ってきてキリンに仕掛けを聞いたらまた、びっくりwww。

あえて、「種」「仕掛け」は書かないけれど(「マジック」のネタばらしはダメ?w)といいつつ、まぁ、聞いて「まぁ、それしかないだろww」と笑ったわけだけど。

そして、「GReeeN/キセキ」「アンジェラアキ/手紙」
「手紙」は、数名のバンドと、合唱だった。合唱は・・・もう一歩、歌側の音量があるほうがいいんじゃないだろうか?歌詞が聞き取りにくい。
さすがに音程はいい人ばかりだが・・・。エンターテーメントとしては、数名でも「アンジェラアキのように」歌える人が、マイクを持ってとかの方がいいのかも。

この合唱交えた吹奏の舞台ってどこのでも思うんだよねぇ。なんか「ダサイ」。
つか、元曲を聴いたときの感じは出せない。

たとえば・・・海外の吹奏団体が突如、・・・ビートルズを「合唱」しだしたら、どうか?(例に挙げる曲が思いつかないよ)
どちらかといえば、合唱するならベートーベンの「第9」あたりを、の方がいいんじゃないだろうか?
などと思ったり。ゴスペルでもいいかも。

でもまー海外じゃ、音楽はキリスト教と結びついていて、そしてクリスマス。信仰ももたない日本人がクリスマスだからゴスペル合唱、てのも、本来変な事なのかも知れないけど。
ま、しかも、今回は「人権集会」だしねぇ・・・。ま、追求し始めると、何も出来なくなりそう?

そして最後に「翼をください」で終了。これは手話をしながらの演奏。
「手話が必要な人に・・・楽器演奏の舞台」がどうなのか?などと言うことも、また難しい問題なのだが、まぁ、その会場にどのような人が来ていたのかは不明だけど・・・。

聞こえない人の中にも、先天的に難聴の人もいれば、中途難聴(もともとは聞こえていたが、病気で聞こえなくなった)の人なんかもいるとすれば、この演奏と手話、も意味があるのかも。

まぁ、それに、健常者にとっても、手話で表現することを「特別なことではない」という感覚を持ってもらうための啓発と言う意味はあるのかも。

私個人的には、英語を、フランス語を話せるようになりたいのと同じように、手話も覚えたい、という気持ちはあるなぁ。ただ、使うことが日常にないので・・・取り組んではいないけど。


この会の中で・・・顧問のU先生からも聞かれた「人と人との違いを認め合える社会」と言う言葉があったけど・・・。
受賞した中学生高校生の作文の中にも、「いじめ」が主なテーマで、「人権」について書かれていたけれど・・・。
どうしても、私の頭からは・・・吹奏楽の演奏会でもあったこともあり、「ジュリのこと」が離れなかった。

「人と人との違いを『認め合える』」って・・・・・・・・どういう事なのか。
認め合えれば・・・いじめはなくなるのか?

認める、と言うことは、「その『違い』をいじめる対象にしない」から、なくなるのか。

なんかね、中高生、学生の受賞作文の中にも「それは、違うんじゃ?」と思えることがいくつかあったし、つまり、それを評価した「大人」こそが、「いじめ」という現象をそう、捉えているんだな、と思う。

その「違うんじゃないだろうか」の、最たる部分をひとつ、書いておく。
「いじめとは、中学生高校生、子供の世界だけのことじゃない」。

大人の世界の「いじめ」の方が余程深刻なことは、どう思っているんだろう?実際自殺者、年間3万人と言う中に、大人・・・20歳以上と、未成年の、どちらの比率が高い?

自分の中の「劣っている人間と自分が設定した人間に対して、『個性と認める』ことが出来ない大人」が、子供にそれをやれ、と言ったところで、何の説得力もあるわけがない。

実際、本当に理解し合わなければならないのは、子供を育てる「親」であり、「学校の先生」だ。もちろん、そのことに気が付き、取り組んでいる先生方も増えていることで、いい方向に向かいつつある。
でも・・・全部がそうなのでもない。

大人が、「人をいじめる心理」を「理解」し、「本当に認め合える世界」が実現できないから、「いじめはなくならない」とまず、諦めている。そして、無理やり「建前」的に、子供に「いじめはいけない」と説く。

でも、先生自身が理解していないので、「いじめている側」を「逆いじめ」する先生、なんて事態まで生まれる。
そこで・・・「いじめる側」になった「先生、もしくは大人」は言うだろう。

「いじめは、『いじめられる側』にも原因がある」

ここだ。これ・・・どうしても、この事の矛盾を言いたくなる。
私には「いじめられる側に原因があると言うのはおかしい」と言う考えには、首肯できない。
うちの子が、どうしても「いじめられる側」であるからこそ。

なんらかの原因、発端はある。
みんな、迷惑だなと感じることや、この人いやだな、と感じることはある。直して欲しい、と思うことも。
ただ、その方法として「いじめる」ことがおかしいのであって、改善や努力を求めたい、ことは当たり前の流れだ。

だから、「いじめられた側に何の問題も、責任もない」と頭ごなしに決め付けることは、根本的解決には繋がらない。

「相手の個性を認める」のは、片側だけじゃなく、双方向でないといけない。ハンデを持っている側も、なぜ、自分がそのような立場になったのかを、「人のせい」だけにするのではなく、自分自身も出来る限りの努力をしている、と分かってもらえさえすれば、そのハンデは逆に、素晴らしい人間関係を築いていけるきっかけになるかもしれない。

もちろん「ハンディキャップ」にもいろいろある。身体が不自由なこともあれば、うちの子みたいに発達、言動、行動に問題がある場合もある。だから、一概に「障害」とはくくれない。

しかも・・・いじめの中には「差別」という問題ももちろん含まれていて、そこには「人種、国」によるもの、「性差」によるもの、様々ある。

けれど、みんな人間として、生きていく上で「自尊心」、自分は、大切な唯一の人間であり、誰にも蔑ろにされるものではない、という気持ちを持って、生きがいを持って生きている。
それは確かだ。

自分に自尊心があるのと同じように、他人にもそれぞれ自尊心があると、大人自身が認め合えてこそ、社会のいじめも、学校でのいじめも減らしていけるんじゃないの?と思う。

はん、でも、書きながらも・・・まるで、見えない人の汚さに向かって、綺麗事で塗りなさいよ!と言っているようで半分虚しいw。と自分の汚さを塗り固めつつ・・・。
[ 2008/12/14 23:12 ] 吹奏楽 | TB(0) | CM(0)

日常思うこと。

今年の漢字、決まったねぇ。

「変」

わたし的には「崩」だと思ったんだけど・・・。
「変」って、なんか変。
「変化した」の変かなー。「変わってる、妙だ」の変かなー。

去年は、「偽」ってピタッと来た感じがあったけど。
漢字といえば・・・麻生さんの漢字の件はなかなか、大変な事になったなぁ。

学習院出てても、漢字あんなに知らないって・・・何なんだろ。
私は去年に、漢字検定準2級取ったんだけど・・・まぁ、主婦が取ってもあんまり、使えるものでもなく、単に趣味で受けたんだけどさ。

麻生総理は「アキバ系」で有名だけども、私もハッキリ「オタ」だわ。ワイドショーのコメントなんかで「マンガばっかり読んでるから、漢字力が付かない」とか言うのも聞いたけど、そんなのは全く見当違いだと思う。
マンガを読んでいようが、アニメを見ていようが、漢字は覚えられるぞな。

ちなみに、ゲームやってても、国語力が弱いだの、現実との区別が付かないだの・・・んなこたぁない。
問題はたぶん、ヴァーチャルの方ではなく「現実」の方に問題があるから、じゃないのかな。


引きこもってゲームやアニメに浸って、現実社会に適応できない・・・てのは、結局「ヴァーチャル」に逃げ込みたくなるような、現実社会なんだよね。

じゃ、現実がどうなればいいのか?

一番、思うのは「理不尽でなくなること」。自分が努力すればそれに見合う「対価」がもらえること。評価されることで、やりがいや生きがいが生まれること。

これが、現実じゃないがしろにされるから・・・。
でも、それが現実なんだろうけど。現代はとにかく、「努力に見合う対価が得られない」と感じている人が非常に多い気がする。

不況、倒産、解雇・・・ニュースを見ればそんな言葉をしょっちゅう目にする。うちはまだ・・・旦那がちゃんと会社で仕事してくれてるから、切羽詰ってはいないけど。

でも、いつ何時・・・と思うと非常に恐ろしい。

世の中が複雑になりすぎて、むしろ、自分がいったい何をしたくて、どうなりたいのかを見つけられなくなってるから、個人主義と言いながら世の中の波に流されていくのかもなぁ。

個人主義、資本主義、プラス社会主義の理念のイイトコばっかりを折衷して、「資本主義だけど、ある程度平等分配」を実現しているぞ、と・・・いう感覚を持てるような社会にならないものか。
いや、一応、とっくにそれを目指してるんだろうけど・・・格差ばっかり目に付くよなぁ。

ああ、何か現実に、ど~んと目の覚めるような出来事はないものか?不老不死の薬が開発されるとか~錬金術ができるとか~・・・ってああ、だからまたヴァーチャルの世界に逃避!?
[ 2008/12/13 23:56 ] 日常思うこと。 | TB(-) | CM(2)

発表会打ち合わせ。/バーバヤーガ。

今日はいよいよ、3月8日の発表会へ向けての、講師同士の会議。
参加生徒さん120名を二日間、4つの部に振り分けて、それぞれ曲を並べてみて、プログラム順を決めました。

例年、うちの生徒さんたちは4部で、開演時間が16時からだったんだけど、今年は3部13時から。
今年は1年生4人、2年生1人、5年生2人、そして中学生のジュリということで、低学年の子が多くなったしお昼過ぎの部はありがたい・・・。

しかしいよいよ、プログラム順も決まり・・・やっぱり、この時期がもっとも・・・どう仕上がるのか怖いなぁ。
と言いつつ、今日レッスンだったYちゃん(5年生)は、ベト悲愴2楽章、もうほぼ完璧、暗譜もバッチリ。いい演奏をする・・・。あとはーここから、弾いているときの雰囲気作り、倚音(いおん)などを鳴らす時のテンションの上げ方・・・手首や体の使い方などを、自然に湧いて来るようにもっていければ。

まだ、さらっと弾いている感じがあるからなー。
彼女は今年の3月の発表会では4年生ながら、ショパンワルツ64-2を弾き、その時も、かなりそういった部分を話し合った。

それから約9ヶ月のうちに、・・・今日見ていれば、手首の位置もきれいになり、いい音が出ている。素晴らしい(T-T)。
今年加わって初参加の一年生組の、良いお手本になってくれることを期待してるw。

発表会の前に、これも例年、近くのグランドの教室を借りて合同練習をするんだけど、それも楽しみだなぁ。

ジュリの演奏は・・・ドビュッシーの「雨の庭」・・・といえば、まだやっぱ止まらず通せる状態ではない。だが・・・私が苦労して研究して・・・いまだ引っかからず弾けないぜ!という部分をあっさり克服しているのはなんだか悔しいっw。
まぁ、私が、ひつこくひつこく、そこばかり練習しているので(この曲を知っている、取り組んだ事がある方には、ああ、あのページの2段のことだな?と分かってもらえるかなw)、山ほど聞かされてきていたので~和声が沁みこんでいるのだらうw。

ヘタクソな母を持ったおかげだな!なんちゃって。


ちょっと思うところあって・・・ここのところムソルグスキー「展覧会の絵」を弾いている。
ラヴェル編曲の、シカゴフィルの盤をしばらく前から聞いていたが・・・。

これ、夏ごろ手に入れたんだけど、聞いてみてびっくり。実は全曲、私が中学生ごろに聞き込んでいた。というのも・・・4歳上の兄が聞いていたので。
富田勲の・・・シンセ版。
兄はそれと、原曲版を聞き比べていた。

そして、今年聞きなおしてみて、あああああ~と。
バーバヤーガだったのかあ、これ・・・。

めっちゃ印象的な音形・・・。ウィキでムソルグスキーと展覧会の絵のアウトラインを読んでみた。
「バーバヤーガ」とは・・・魔女。なるほどねぇ。

やっぱり・・・今聞くといろんな事が分かったり、・・・子供のころは何も分かってなかったなぁーとつくづく思ったりした。
私は、兄の影響でずいぶん、音楽的な恩恵は受けたものの、両親はまったく音楽知らず、自分に合った先生にも出会うことが出来ず、不遇の音楽半生だったけど、私に関わった子供たちには、「自分がその頃会いたかった先生」になれるよう・・・心がけてマス♪
[ 2008/12/09 23:09 ] ピアノ | TB(-) | CM(0)

キリン、ソロコン参加決定。

バタバタしていますデスw。
キリンの今年のソロコン参加が、確定しました♪

曲は「Pennequin/Morceau De Concert」
サテ。これ、・・・この作曲者名・・・て、一体、なんと読めば????
学校の先生にお聞きして、エントリーの邦題に「Pennequin」は「ペネクィン」で、「Morceau De Concert」は「発表会のための小品」で登録。

ちなみに、「Morceau De Concert」は「モルソー デ コンセール」。「モルソー」は「「小さい」と言う意味らしい。
(あとで、検索して語学発音サイトを見つけて、聞いてみた!なんと「Pennequin」は「ペネカン」と聞こえる・・・実際表記はどうすればいいんだろう??)

この曲との出会いは、今年はじめのH先生の門下生による発表会、2008年1月19日のこと。この演奏会にキリンは、「アーバン/ファンタジーブリランテ」で出たのだが、その曲決めをするときに、H先生からお借りした音源の中に、それがあった。

その中には、今トランペット吹きが、ソロで「賞を狙うぞ!」というようなw曲が多く収録されていた。
発表会では、その中のもの以外にも、見事な演奏の楽曲があり、もんのすごい勉強になった一日だった。

なかでも、京響のK先生が演奏された「トゥリン/2ポートレート」や「オネゲル/イントラーダ」などには圧倒された。

10月に大阪国際コンクール、ファイナルに出る前に、その時の印象的だった曲の楽譜をササヤ書房で買いあさり、その中に「Pennequin/Morceau De Concert」が、たまたまあった。

この作曲家・・・。検索してもいつの人か?や、この曲の背景みたいなものは、でてこなーい!
少なくとも日本語サイトでは。

フランス人・・・フランス音楽であることは、楽譜の指示を見ればわかるけども。今生きている人なのか、古い曲なのか・・・。ものすごい気になる。

と言うのも、読み方もさることながら、この曲・・・とっても情景が見えやすく、・・・もう最初っから「お馬に乗った金髪の王様」が「槍」を持って登場したりw。
特にピアノの音。もちろん伴奏を練習してるのだが、まさに馬。そしてバトル。
戦いのファンファーレ。
途中、お姫様との恋愛があったり、村に行ったり、そしてまたバトル。剣や槍、弓矢の戦い。そして凱旋。

ほんと、何かの劇か映画を見ている気分。

形としては、古そうな気もするし、現代だからこういう伝説の王様みたいなのもOKみたいなw。
とにかく、聞く側にはとても入り込みやすい曲。

だがっ。何とか伴奏は弾けるものの・・・私はねぇー舞台ではあがって、ボロボロになるからぁw。舞台にはもう出ませんw。情けないけど。
で、今回は学校から、と言うこともあり、伴奏の方を頼んでいただきました。

しかし、これが結構また難しい。クラシックなんだけど・・・かなり技巧を要求される。雰囲気的には・・・やっぱり古典派の響きかな。

いわゆる「フランス近代」のではないにせよ・・・。フランスと言うよりは、イギリスか、ドイツぽいなー。

と、このところすっかりこの曲にはまっているのですw。

本人の練習は・・・まぁ、なんとか頑張ってくれたまえ!としか言いようがないしねー。


ひとつ、残念な話。
3月の発表会に「軍ポロ」をだそうと、練習に励んでいた6年生の男の子。
中学受験するということで、不参加になった~。

まぁ、無理からぬ選択。私がお母さんでも、そうしただろうなー。うちは兄ちゃんが私学進学校だし、もう、その価値はよっくわかってるもんなぁ。
また、彼を小学校低学年から知っているけど、小さいころから中々面白い子で、賢かった。お母さんはベネッセの英語教師をされているし。

ただ、ほんと、中学受験は高校受験以上に、「年齢以上のことを要求される」ものでもあるし、受かればとにかく、将来を約束されたもの、というカンジもあるし・・・簡単なものじゃない。
けど、チャレンジ出来るならしたほうが絶対いい。結果はどうなっても。

とにかく精一杯がんばって欲しい。


で、うちのジュリもキリンも、この時期、期末テストだったわけだが・・・キリンはまぁ、数学はちょこっとマシ。ジュリは・・・さすがに20点台はなかったものの、文系教科がとにかくボロボロ。

今回、地理だけが70点以上・・・しかも書く場所を間違えていなければ80点あった状態。ここのところ、なぜか地図帳にはまり、禁止した漫画の変わりにしょっちゅう見ていた。

変わり者の彼・・・なんか、物事の捉え方が、きっと私とは違うんだろうな?と思いつつも、そうしてハマッタものは、ちゃんと記憶し、問題に解答している。

文系教科も・・・そんな風にはまってくれれば、少しは変わっていくような気もするのに。彼の地名やら地形の記憶、また、産業、経済の状況を覚えていくことなんかと、漢字やら英単語を記憶するのと・・・一体どういう差で、苦手になっちゃうんだろ。

やっぱりナゾだわぁ。
でも、その記憶方式のナゾを解き明かせれば・・・少なくとも「暗記モノ」に関しては、何とかなるのかもしれない?と思うんだけどなぁ。

なんとなく思うのは、何かを覚えていくときの、「関連付け」みたいなのが、違うんじゃないだろうか?と思ったりする。
今後も「息子研究」を続け、いい方向にもっていければなーと思うw。
[ 2008/12/07 23:40 ] トランペット | TB(-) | CM(2)
アクセスカウンター

★History★
2001-5-4 前HP開設

2005-09-09 Fri ブログ開設
2006-09-09
  ★10000hit祝★
2007-04-15
  ★20000hit祝★
2007-10-24
  ★30000hit祝★
2008-02-27
  ★40000hit祝★
2008-06-23
  ★50000hit祝★
2008-10-22
  ★60000hit祝★
2009-02-12
  ★70000hit祝★
2009-05-15
  ★80000hit祝★
2009-09-13
  ★90000hit祝★
2009-12-11
  ★100000hit(^^*)v祝★
2010-09-21
  ★120000hit(^^*)v祝★
ありがとうございます♪
X'mas count down star
プロフィール

工藤 直子

Author:工藤 直子
お互いの顔の見えるお付き合いができる利点で近頃
mixi(「銀のしっぽ」で検索してください)、
ツイッター
facebook
の方に日常のこと、音楽のことをブツブツと書いております。
マイミク、facebook友達登録はお知り合いかメールでからんだ方限定、ツイッターはどしどしフォローお待ちしております。

音楽教室は、4月年度代わりの、5月スタートのところが多いですが、ウチでは、いつでもスタート受け付けています♪
いつもどうすれば「より短時間でより上手くなる」か、「たくさんの曲が弾けるようになる」か、「楽譜ナシで自分で伴奏が出来るようになる」かなどを考えつつ、レッスンしています。

ただし!質の高い音楽をやるからには「楽譜から曲をきちんと解釈すること」は不可欠。ソルフェージュも力を入れます。

※現在のところ、早期開始の全員、「絶対音感」を身に付けてもらっています。

私自身は、きちんとした「訓練」によって付いたものではないのですが、とにかく「便利な能力」。息子達には付けさせるぞ!といくらかの本を買い、実行した結果「完璧な絶対音感」が身につきました。

その実績を生かして、生徒さんにも実践しています。

もちろん、特別な料金など要りません。あくまでも自然に当たり前に、「絶対音感持ち」になります^^。

ただし、これは「8歳までのお子さんまで」に実践しないと、脳の発達上、難しいです。

これが、音楽は早期教育が必要な所以です。

月4回(年間46回)、一回40分レッスンです。

教室空き時間

ピティナ指導会員♪

PEN会員♪

メールフォームからご連絡くだされば、詳細をお知らせします♪
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
グランドピアノYAMAHA C3X、グランドピアノK.KAWAI GM10、KAWAI 電子ピアノCA95、トランペット6本(スパーダ、ヤマハC管YTR-8445S KMV、ストンピ ピッコロトランペット、ヤマハYTR-4335GS、ニッカンコルネット、スワロー、Jマイケル250、ポケトラ)Tpマウスピースは現在15本。
サックス2本(Jマイケルアルト、テナー)
クラリネット、フルート(いずれもJマイケル)
バイオリン3本(SUZUKI、ハルシュタットV45、バッタモン、弓4本)
チェロ(ハルシュタット)
エレキギター2本、ベース1本、フォークギター(MORIS)、ギタレレ、ウクレレ1本
ブルースハープ3本(C,F、B)
お箏、三線、尺八
リコーダー(ソプラノ3本、アルト2本)
ピアニカ2台、タンバリン、トライアングル、カスタネット、鈴
と、キーボード(YAMAHA)、EMR1(MIDI音源)など、数えたら40ほどの楽器に囲まれております。

とにかく、家族で楽器オタクです。

クラシック、ジャズ、ロック、邦楽(お箏、三味線、民謡、演歌含むw)大好き。

また、大変ガンオタ(ガンダムのみ1年戦争限定)・・・加えて、アニメ全般、どの楽器でもアニメソングを演奏できますデス♪(それが一番楽しかったりして?)

このよーな大変オタッキーな銀猫一家ですが、よろしくお願いいたします。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
過去ログ +

2017年 08月 【2件】
2017年 07月 【2件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【3件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【3件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【15件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【2件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【2件】
2016年 02月 【3件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 03月 【2件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【11件】
2014年 09月 【10件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【4件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【6件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【2件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【4件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【15件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【10件】
2010年 07月 【8件】
2010年 06月 【7件】
2010年 05月 【15件】
2010年 04月 【12件】
2010年 03月 【21件】
2010年 02月 【18件】
2010年 01月 【14件】
2009年 12月 【17件】
2009年 11月 【13件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【13件】
2009年 07月 【20件】
2009年 06月 【17件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【17件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【17件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【18件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【23件】
2008年 07月 【19件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【19件】
2008年 03月 【19件】
2008年 02月 【19件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【22件】
2007年 11月 【19件】
2007年 10月 【23件】
2007年 09月 【21件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【19件】
2007年 06月 【21件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【17件】
2007年 02月 【16件】
2007年 01月 【14件】
2006年 12月 【22件】
2006年 11月 【24件】
2006年 10月 【24件】
2006年 09月 【18件】
2006年 08月 【17件】
2006年 07月 【21件】
2006年 06月 【14件】
2006年 05月 【23件】
2006年 04月 【22件】
2006年 03月 【19件】
2006年 02月 【23件】
2006年 01月 【22件】
2005年 12月 【20件】
2005年 11月 【22件】
2005年 10月 【14件】
2005年 09月 【12件】

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2ブログランキング
覗いてくださってありがとうです。

FC2ブログランキング

このブログを気に入ったらクリックしてね!
リンク
Hyper-BooさんのHP

hyper

国産の古いトランペットを展示・保存・調査研究するマニアのためのデジタル・ミュージアム