BRASS思考でいこう!  

工藤音楽教室講師工藤直子です。上の息子工藤臨は2007年6月の中学3年生からセンチュリーユースオーケストラでトランペットを吹いてきました(2017年就職により退団)。大阪桐蔭高校吹奏楽部を経て、大阪教育大学芸術音楽コースで学んだトランペット奏者。下の息子、工藤仁はピアノを弾いています。

ホール練習・・・そのホールの裏で・・・であった・・・。

今日は、吹部は隣の区のホールを借りて、全体練習だった。
1年生も加えての、取り組んでいる大きな曲として、カンタベリーコラール/ヤン・ヴァンデルロースト、狂詩曲「ノヴェナ」/ジェームズ・スウェアリンジェンの2曲と、コンクール課題曲自由曲。

やっぱ、こういう曲に出会えると・・・音楽って、音楽って(π0π) ウルルルルと思えるのかもしれない。
心を動かされる曲には、力がある。
演奏するみんなを、どこか別の空間に連れて行ったり、物語を描いたり・・・。
その世界を描ききるためには、ミスタッチや音程、拍ずれなどを、どうしても何とかしたい、と強く思わせられ、その事が演奏能力向上につながる。
そして、聞いている側も一緒に、連れて行ける演奏ができるようになっていく。

あーやっぱ、私は演奏する側になりたい~~ww。

なんぞと言うところで、ちょとミラクルなことになってしまった。

昨日このホールの場所を検索していて、・・・偶然に、そこで「アンサンブルを練習する会」というのを見つけた。
おー近所にこんなのがあるんだ・・・と、見ていくうち、一度見学に行きたいな~と思ってて・・・。

とにかくは、ウェブ上で、その旨をメールして・・・。
そして、今日ホール練習を見に来て、受付でその会の金額とか人数とか雰囲気を聞いてみよう・・・と、すると
「ああ、ちょうど今、練習室使われていますよ」

Σ('◇'*)エェッ!?
とっ、突然Σ('◇'*)!?

「やぁ、昨日メールしたアタクシですぅ!」って・・・そら、突然すぎるやろ。とも思ったが、ここは思い立ったが吉日(?)。
「見学させてください!」
で・・・いきなり^^;。

自分のプロフィールには色んな楽器を持っていて、練習する場所が欲しい、と言うような事を書いた・・・。
いちお、一番なんとか初見楽譜でも吹ける楽器はサックスなので、それで参加することにした^^;。

って・・・まさか、吹部の皆さんの演奏を観覧に来て、裏でそんなことをしていたとは、誰も思うまい。
キリンも思うまいwww。

どうなるのか楽しみ♪

しかし・・・・・・・最近吹いてないんだけど・・・練習しなきゃー。
[ 2006/07/30 21:52 ] 吹奏楽 | TB(0) | CM(2)

夏祭り会場で演奏。

今日は、地域の夏祭りの日。
キリンの中学は、地域の小学校3校から集まって、中学で一緒になるのだが、今日は、その中の出身小学校でない場所で、吹奏楽の演奏をすることになっていた。

初めて、ソロパートを吹くらしい・・・が、たった4小節間だ。

間近で演奏は見れたが、最後の音のあたりで
あ・・・という感じが^^;。

曲自体知らないので^^;どう踏み外したか分からないんだけど、ミスった・・・というか、アガッタのが分かった。

はぁ・・・、情けナカ・・・。
まぁ・・・ガムバッテクレ。

他の部分でも・・・やっぱ、ソロ部分となると、どうしても普段どおりの気持ちで演れなかったのか・・・と思える部分もあった。
(このあたり、キリンに確認していないので、どこがどう「いつもどおりではなかったのか」推測に過ぎないが。

私がほんとアガる人間なので、悲しいがよく分かる。
そして、慣れることしかないのだということも。とにかく何度失敗しても、何度もやるのが、克服する方法。
いつかは「人前で弾くのが『いつもの事』になれる日まで・・・。失敗は負けではない。失敗から逃げる事が負けw。

そう、思うしかない!


今日の演奏の中で、「ほーこれは・・・」と、何となくピンときた事があった。
パーカスが上手い。
もちろん、他の中学生の演奏をそんな、数多く見ているわけではないので、レベルとかぜんぜん分からない素人目なんだが・・・。
たぶんY君かな・・・?叩いているときの表情がいい。ちゃんと乗っている。叩くときの手首の返し、脱力ができている(なんて堅い言い方w)わけね。
本番の舞台で、カッコよさはこういう所に感じるわけだ。
本当は、各楽器どれでも、その「脱力」が大事なのかもなぁ。これって「アガリ」の真逆だもん。

つまり、平たく言えば、「おっカッコいいかも」と思ったってワケ。


ピアノの生徒さんのママも、何人か吹奏楽部の演奏を見ていて・・・。演奏中、「あの楽器はナニ?」
と質問をされたので
「あれはユーホニュアム、あっちがチューバで、あれはトロンボーン。フレンチホルンに、バリサキ、バスクラ・・・あ、あれはショートのコルネットだね」
と、説明すると
「何でそんなに詳しいの???」と・・・。
い・・・いや。普通に吹奏楽部員経験があれば知っているし・・・普通にピアノの講師なら、多くは音大出身だから、知ってるものなのでわ・・・。
また、これは吹奏楽で弦が加わればオケになるだの・・・フルオーケストラの構成やら、移調楽器のことだのレクチャーしていたが、確かにアタクシ、いつそんなことを知ったんだろ??

ピアノ以外の専門的教育は一切ない、造形大出身なんでつが・・・。最近、なんか、楽器オタクだの言われるアタクシとキリン。
こーゆーの、オタクなんだろうか???


その後、キリンとジュリの小学校の夏祭りのほうへ自転車で走り・・・。輪投げやヨーヨー釣りなんかを楽しんだ。
[ 2006/07/29 21:06 ] 吹奏楽 | TB(0) | CM(2)

チューニングの仕方

今日は、バイオリンのレッスン日。

いつもはまず、先生にチューニングしてもらうのだが、今日はキリン自身がやってみることに・・・。

ところがこれが、やっぱり難しい。
先生は、A音を鳴らしながら、左手を下から回してきてペグを回すのだが、これが片手で、しかも結構力が要る。

バイオリンのペグは、シンプルに深く差し込むと固定されるので、「ネジ込む」必要がある。

左手だけで、がちっと緩んでこないようにねじ込むのが難しい。
私が合わせる時は、縦に構えてギターのように弦をはじき、ねじ込んでいる。

握力もいる事で、また指の長さも関係してくる。
「男の子だし、絶対簡単になってくるよ」
と言うところで、先生にふいに、キリンの身長の話をしておいた。

キリンは、腕力握力・・・ヨワイ^^;。
もちろん、これは低身長のせいではない。鍛え不足。
でも、背が低く、足も遅く、どうしても運動はニガテのまま、きてしまった。しかも、やっぱり、筋肉量・・・腕の長さにも力の強さは関係していると思う。
小さい体では、指では力が出ない。

また、脳下垂体型小人症の特性として、「末端が短い」と言うのもある。よく、逆の「末端肥大症」の人がプロレスラーで見かけるので、そちらのほうが分かりやすい。
成長ホルモンが出ないと、手足、あごが短く、出過ぎるとそれらが長く巨大化する。

実は154センチの私の指の第一関節より、中1で彼の指は短かったのだ。
と、やはり、いろんな部分で「特定疾患」に入れられるだけの、障害はあると思う・・・。

で、今日「指が短いんで・・・」と言って、先生と手を合わせてみると、「あれ?^^;」

キリン、指が伸びている!先生は小柄なかわいい方なので・・・キリンと変わらない手のサイズ・・・。
「大丈夫大丈夫^^」

私と手を合わせても、だいぶ伸びていた。(ちなみにだが、私は9度音程がギリギリ押せるサイズ)
やはり・・・嬉しい・・・。


その点、トランペットは、肺活量さえ鍛えられれば、体のサイズの影響は少ないほうだろうか?
でも、肺の大きさも体格にとても左右されるんだろうケド^^;。

やはり、恵まれた条件、てのは、どうしてもあるのかもしれないなー。


しかし、こうして各種楽器を触っていくと・・・ほんと、楽器は人を選ぶなぁ・・・と言う事がよく分かる。

ピアノ、ギター、クラリネット、フルート、サックス、トランペット、トロンボーン、ユーホ、チューバ、ホルン、オーボエ、ファゴット、コンバス、バイオリン、チェロ、ヴィオラ、パーカス・・・。
どれにも、それぞれ「コツ」が存在するし、「誰でも出来るワケじゃない」。
相性ってあるのだ。
やっぱ、運よく自分にバチっと合った楽器にめぐり合えた人は、長く高みを目指せるのかもしれない。それは、身体的にも、精神的にも、感情的にも・・・。その条件のどれか一つ欠けても、上手くいかないものなのかもしれないな・・・。


私も先生みたいなチューニング方法であわせる練習をしてみよう。
このところ、ちょっとずつ、ビブラートの練習をしてみて、でも、やっぱり上手くいかない・・・。ぎこちない。
いわゆる、魂の揺れのような揺らしを求めてるんだケド。。。
やっぱり、フォームが悪いのか、すぐにダルくなるし・・・と、左手が変に力入れすぎて、ピクピクするよ~~。

道は長そうだ、が、「ど~~しても、練習しないと気がすまないっっw。
[ 2006/07/28 21:07 ] バイオリン | TB(0) | CM(2)

がんばれ~がんばれ~・・・?

今日は午前中は所用で、午後から衣装作りに参加してきた。
ほんと、ちょこっとダケ・・・。

皆さんお疲れ様でした。


今日は暑かった~。
コンクールまであと少し・・・という事で、連日蒸し風呂の中で、演奏もがんばっている子供たち。

でも今日は、なんとなく・・・から回りっぽかったのかなー?
通りかかりに、飛んできた音は濁って、迷っていた・・・。

どうしたらいいか、分からない音・・・。
まるで「できないよ~」と言っているような^^;;。

ぅうむ・・・。

がんばれ~がんばれ~と、言うのは簡単。でも、なんとなく「これ以上どうがんばればいいのか、もうワカラン!」て所に・・・行っては、行き詰る。


コンクール・・・なぁ。賞が取れるという事は、それまでの努力を認めてもらえたという、一つの証拠。もちろんギリギリまで、より高い評価を得るために、努力する事に意味がある。
でも、努力を放棄したり・・・逃げ出したくなるほど、思い込むことは本末転倒だ。
中学の3年間は短いようで長いようで・・・やっぱり終わりが来るもの。引退すれば解散。高校へ行けば、また次の仲間との出会い。

そして、まだまだその次もある。
結局はそのなかで、自分がどこまで高められるのか?という事が、残っていく。

みんな、今は音楽に打ち込んでいても、プロになる人はほんと、一人二人?多くが、別の仕事で生計を立てる社会人になっていく。
そんな中で、この、3年間の・・・賞を目指した時間は、どれだけの価値を持つのだろう?

そこで・・・賞が取れた、取れなかった、は?どれだけの意味を持つのだろう・・・。
きっと、それぞれ、価値観は違うし、先生方、保護者、子供たち、それぞれの立場でも、違うんだろうな。


私も、音楽を教える立場として、一番思うのは「人生の中で、音楽に救われた部分がとても多い・・・ので、その価値を共感してほしい」なのだ。
そして、ピアノでも、これまでにも、辞めていった人も何人かいるが「習うのを辞めても、練習できる、練習して自分の音楽を楽しむ事は辞めないで」と思う。

だって、私自身が「先生に習うのを辞めてから弾き続け、上達した」のだから。(これは中2まで習っていたのを辞めた後の事^^;)
なぜそうしたか、出来たか、それは好きだから。

嫌いだ、もう出来ない、とか思っていると音楽は逃げていく。自分の本当は好きだった音楽も、思いも濁っていく。

必ず音楽は、自分に帰ってくる。それは賞じゃない。それぞれの「心」に・・・。


あっ、ちなみに、だからといって習う事が悪いとか、先生が悪いとか言う意味じゃないよ(私もいちお、先生だし)。先生になる人はみんな、たくさんの壁(技術的にも、精神的にも)も、挫折も、乗り越えてきた・・・乗り越える方法を、より多く探し見つけた人が、なるもの・・・と思ってるから。

いつでもみんな・・・練習者であり、演奏者であり、先生でもずっと、壁を乗り越える方法を探し続けているのだから。

それぞれの「心」に新たな感動を、求め続けている仲間なのだと思うから。


追い込まれず、思い込まず、原点に戻って^^;音楽を一緒に追いかけよう!

とか何とか、ここで書いたって、彼らに何も実際には言ってあげられないんだけど^^;。そういう立場じゃない・・・という事を思い出しw。ああ、タダの自己満足w。
[ 2006/07/27 01:41 ] 吹奏楽 | TB(0) | CM(3)

ニチジョウ、オモウコト

過ぎ去った事を、いくら思い返しても、それは帰ってはこない。
その時の時間も、その時の状況も、その時の自分を含めた人間の感情も・・・。

運が悪かった、と言えばそうなのだろう。
でも、たまに・・・どうしてこんな、負の感情を背負うのだろう?と思うことがある。

いつかは分かってくれる。理解してくれている人はたくさんいる。
そう思っていても、そうじゃない人もたくさんいる。

強くならなければ。
大きくならなければ。

自分の価値を信じよ。
また、逃げたほうがいいときは、逃げる事も勇気のひとつなのだ。

音楽は・・・自分に帰ってくるのだ。その言葉を、拠り所に。


複雑だと思うからこそ、自分は出来るだけシンプルにいたいと思っている。
嫌なことは嫌、良いことは良い。
ヒドイ言葉は嫌。優しい言葉は好き。
決して被害妄想やら、ネガティブな感情に振り回されない。

本質を落ち着いて見極める目と耳と、知識がほしい。
思い込みや、誰かの負の意思に振り回されることも、自分のためにならない。
[ 2006/07/26 21:40 ] 日常思うこと。 | TB(0) | CM(0)

出発のドタバタ☆

ジュリさんは、今日から林間学校。
朝6時から、出発準備、40分ごろにお友達がお迎えに来てくれて、大きなリュックを自転車に積み、学校へ出かけた。

学校に着く頃。
あれ?
「ねぇ、名札は?」
カバンにぶら下げる名札がついていない・・・。水筒にも付けるように、二つ配られている・・・。
「ああ!!机の上に置いてきた!」「ぬゎにぃ~?」
携帯でキリンに電話し・・・「机の上に名札、置いてある??」
「ちょっとまって・・・ああ、あるよ、でも一つしかないなぁ」
「一つでもいいわ、荷物降ろしたら、取りに帰る!」
学校までは、自転車なら5分、歩けば10分の距離。

で、校門前で、荷物を降ろし、私は自転車で家へ。
汗だくで「キリン!名札渡して!」と玄関で言うと・・・。
「ナクナッタ!」
は?
「机の上で見つけて、電話に出て、どこかへポンと、置いてしまった!」
・・・・・・ポン・・・・・・って。
探したけど、出てこない。

その、短い時間の間に、探しているキリンを横目に・・・うーん「プラバン持ってコイ!!」
とプラモで使う、薄いプラスチック板を・・・はさみで札の形に切り、マジックで名前を書き、紐を通して、荷札を作成。

そして、また、小学校へ。

集合は7時で、それから出発式、20分ごろにバスに乗った。
その頃ようやく「おかーさん!あった!!」って、学校までキリンが持ってきたけど、時すでに遅し。

まぁ、なんとか、雑な荷札だけど付けたし・・・それで行かなきゃしょうがない。

ここのところの長雨もようやく止んで、朝から暑かったのでボタボタ汗をかきながら、ジュリを見送った二人・・・。

しかしなぁ~。取りに帰るわ、と言ったモノを失くすか?フツー・・・。シッカリしてくれよ~兄ちゃん!
つかれたぁ・・・。
[ 2006/07/25 21:47 ] 勉強、学校 | TB(0) | CM(0)

練習練習!

今日はひさびさ、吹部は午前中のみ、午後から、ジュリの友達と、キリンの友達と遊びに来ていた。

友達が来ている時は、宿題(;`O´)oー!と言わず、ゲームを解禁してやっているが、彼らがそうして騒いでいる間に私は案外、ゆっくりとピアノの練習が出来る。

平素、練習時間の取れない原因は、
1.片付け物、洗い物、洗濯
2.生徒が来ている
3.子供らが楽器の練習をしている
4.私がPCをしている

友達が来ているということは、1.2.3.の原因はクリアしているという事。
で、ゆっくり練習できる~。

スケールを24調とカデンツを回して、熱情と、雨の庭をゆっくり通して、その後普通の速さで、というのを繰り返す。この、ゆっくり通している間に、ジュリに聞かれるとウルサイ。
(ピアノは防音室とはいえ、夏締め切ると暑いので日中は扉は開けて弾いているので、家の中では普通に聞こえる)
「ボクはもっと速く弾けるで!」
とは言うが、それは苦手部分とかテキトーにして、の話。
「速くばっかり弾いていては、弾けないところ置き去りやよ」
と指導はするものの、弾けてる気になってるらしい。

客観的に自分の出している音を聞くって、難しいよなぁ。

私は、ソナチネのアルバム番号1や9を、生徒さんの練習用に録音した事がある。前はCD持ってなかったし。
そのとき、いちお、ノーミスで通した後聞いてみると、
「うまいやん!w」
と・・・自画自賛(/・ω・)/。いやぁ、私が弾いてるとは思えない演奏ww。
そのときに思ったんだけど、私の「アガリ」ポイントは、やっぱ、人前、であって、密室の録音ならば、ミスタッチも出ないで弾けるんだな~、てこと。しかも、「録音」という精神状態は、失敗したら最初から録り直し!と思うと、ほんと案外良かったりする。

まぁ、曲の難易度が低いから当たり前なんだけどね^^;。

さて、練習練習・・・。
[ 2006/07/23 21:07 ] ピアノ | TB(0) | CM(0)
アクセスカウンター

★History★
2001-5-4 前HP開設

2005-09-09 Fri ブログ開設
2006-09-09
  ★10000hit祝★
2007-04-15
  ★20000hit祝★
2007-10-24
  ★30000hit祝★
2008-02-27
  ★40000hit祝★
2008-06-23
  ★50000hit祝★
2008-10-22
  ★60000hit祝★
2009-02-12
  ★70000hit祝★
2009-05-15
  ★80000hit祝★
2009-09-13
  ★90000hit祝★
2009-12-11
  ★100000hit(^^*)v祝★
2010-09-21
  ★120000hit(^^*)v祝★
ありがとうございます♪
X'mas count down star
プロフィール

工藤 直子

Author:工藤 直子
お互いの顔の見えるお付き合いができる利点で近頃
mixi(「銀のしっぽ」で検索してください)、
ツイッター
facebook
の方に日常のこと、音楽のことをブツブツと書いております。
マイミク、facebook友達登録はお知り合いかメールでからんだ方限定、ツイッターはどしどしフォローお待ちしております。

音楽教室は、4月年度代わりの、5月スタートのところが多いですが、ウチでは、いつでもスタート受け付けています♪
いつもどうすれば「より短時間でより上手くなる」か、「たくさんの曲が弾けるようになる」か、「楽譜ナシで自分で伴奏が出来るようになる」かなどを考えつつ、レッスンしています。

ただし!質の高い音楽をやるからには「楽譜から曲をきちんと解釈すること」は不可欠。ソルフェージュも力を入れます。

※現在のところ、早期開始の全員、「絶対音感」を身に付けてもらっています。

私自身は、きちんとした「訓練」によって付いたものではないのですが、とにかく「便利な能力」。息子達には付けさせるぞ!といくらかの本を買い、実行した結果「完璧な絶対音感」が身につきました。

その実績を生かして、生徒さんにも実践しています。

もちろん、特別な料金など要りません。あくまでも自然に当たり前に、「絶対音感持ち」になります^^。

ただし、これは「8歳までのお子さんまで」に実践しないと、脳の発達上、難しいです。

これが、音楽は早期教育が必要な所以です。

月4回(年間46回)、一回40分レッスンです。

教室空き時間

ピティナ指導会員♪

PEN会員♪

メールフォームからご連絡くだされば、詳細をお知らせします♪
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
グランドピアノYAMAHA C3X、グランドピアノK.KAWAI GM10、KAWAI 電子ピアノCA95、トランペット6本(スパーダ、ヤマハC管YTR-8445S KMV、ストンピ ピッコロトランペット、ヤマハYTR-4335GS、ニッカンコルネット、スワロー、Jマイケル250、ポケトラ)Tpマウスピースは現在15本。
サックス2本(Jマイケルアルト、テナー)
クラリネット、フルート(いずれもJマイケル)
バイオリン3本(SUZUKI、ハルシュタットV45、バッタモン、弓4本)
チェロ(ハルシュタット)
エレキギター2本、ベース1本、フォークギター(MORIS)、ギタレレ、ウクレレ1本
ブルースハープ3本(C,F、B)
お箏、三線、尺八
リコーダー(ソプラノ3本、アルト2本)
ピアニカ2台、タンバリン、トライアングル、カスタネット、鈴
と、キーボード(YAMAHA)、EMR1(MIDI音源)など、数えたら40ほどの楽器に囲まれております。

とにかく、家族で楽器オタクです。

クラシック、ジャズ、ロック、邦楽(お箏、三味線、民謡、演歌含むw)大好き。

また、大変ガンオタ(ガンダムのみ1年戦争限定)・・・加えて、アニメ全般、どの楽器でもアニメソングを演奏できますデス♪(それが一番楽しかったりして?)

このよーな大変オタッキーな銀猫一家ですが、よろしくお願いいたします。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
過去ログ +

2017年 04月 【3件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【3件】
2016年 11月 【3件】
2016年 10月 【3件】
2016年 09月 【15件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【2件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【2件】
2016年 02月 【3件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【4件】
2015年 03月 【2件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【11件】
2014年 09月 【10件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【2件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【3件】
2013年 12月 【4件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【3件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【6件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【2件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【4件】
2011年 11月 【4件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【15件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【11件】
2010年 08月 【10件】
2010年 07月 【8件】
2010年 06月 【7件】
2010年 05月 【15件】
2010年 04月 【12件】
2010年 03月 【21件】
2010年 02月 【18件】
2010年 01月 【14件】
2009年 12月 【17件】
2009年 11月 【13件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【17件】
2009年 08月 【13件】
2009年 07月 【20件】
2009年 06月 【17件】
2009年 05月 【20件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【17件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【17件】
2008年 12月 【8件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【18件】
2008年 09月 【22件】
2008年 08月 【23件】
2008年 07月 【19件】
2008年 06月 【13件】
2008年 05月 【20件】
2008年 04月 【19件】
2008年 03月 【19件】
2008年 02月 【19件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【22件】
2007年 11月 【19件】
2007年 10月 【23件】
2007年 09月 【21件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【19件】
2007年 06月 【21件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【17件】
2007年 02月 【16件】
2007年 01月 【14件】
2006年 12月 【22件】
2006年 11月 【24件】
2006年 10月 【24件】
2006年 09月 【18件】
2006年 08月 【17件】
2006年 07月 【21件】
2006年 06月 【14件】
2006年 05月 【23件】
2006年 04月 【22件】
2006年 03月 【19件】
2006年 02月 【23件】
2006年 01月 【22件】
2005年 12月 【20件】
2005年 11月 【22件】
2005年 10月 【14件】
2005年 09月 【12件】

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
FC2ブログランキング
覗いてくださってありがとうです。

FC2ブログランキング

このブログを気に入ったらクリックしてね!
リンク
Hyper-BooさんのHP

hyper

国産の古いトランペットを展示・保存・調査研究するマニアのためのデジタル・ミュージアム